【王様行脚】

3日間の王様行脚が終わって、札幌へ帰ってまいりました。
ゴミ溜めの様な狭苦しい我が家ですが、3日ぶりに帰ってくると若干懐かしさを感じますな。w

本日王様は1人で倶知安へ行ってるはずです。
倶知安は初遠征みたいですのでどうなることやら…。w

この3日間王様と行動を共にして王様の人柄にも感動し、改めて凄い人だなぁ〜と思っております。
まぁ、メジャーデビューした人なので、常人では無いことは確かですが、オレはそう言う常人じゃない人が周りに沢山居るんで、若干麻痺しつつ有るんですが、それでも王様は素晴らしい人だなぁ〜って思っちゃうんですよね。

王様の何処がツボなのか?

オレは、正統派のロックが大好きな中年のオジサンです。
1970年代に猛威を奮ったLED ZEPPELINやDEEP PURPLE 等に代表されるイギリスのハードロックが大好きで、またKISSやAEROSMITH に代表されるようなアメリカンハードロックも好きだという、まぁ日本人らしい感性の持ち主だと自負しております。w

王様も世代が近いせいか、選曲のセンスがかなり良い。
60年代〜70年代、時には80年代の洋楽ロックを日本語直訳し全国を旅し続けているわけです。

ツボ1 – お笑いテイスト

オレは、正統派ロックが好きなのとは別に、「コミックバンド」が好きなんですね。
古くは「クレイジーキャッツ」や「ドリフターズ」。
比較的新しいところでは「ビジーフォー」とか。
あと、モノマネが好きなんですね。
90年代〜2000年代に流行った、モノマネ四天王とかね、あの辺のちょっとインテリなお笑いが好きなんですよ。

王様はそこにビシっとハマってましてね。
洋楽ロックを日本語直訳するとか、タダやってたんじゃマヌケな企画を、あの衣装でやってしまうことで、お笑いに昇華させているし、何よりそのネタは殆ど前例が無い。
洋楽ヒット曲に、全く別な日本語歌詞を付けて、日本人歌手に歌わせるなんてのは、古くから有るわけで、それだけだと珍しくないんですが、殆どは真面目に「音楽の良さ」を訴えるもので、原曲が何なのか?なんて誰も知らないに等しい。
尾藤イサオの「悲しき願い」とかね、原曲がアニマルズの「Don’t let me be Misunderstood」だってことを知らない人のほうが多いんじゃないかな?

王様は原曲やそれを演奏するバンドの紹介も面白おかしく行ってから演奏します。
「何処で笑うか?」ってのもちゃんと教えてくれるんですね。

ツボ2 – ギターの再現度が半端無い

この演奏に関する部分は、コミックバンドにも言えるんですが、かなり洗練されて高度な演奏能力が無いと、コミックとして成立しないんですよね。
演奏が完璧だからこそ、ネタが笑えるんですよ。

王様は、現役のロックギタリストでも唸り声がでるようなプレイを毎晩行っているわけです。
夫々のネタ曲は、王様が歌いながら演奏するために、原曲よりもキーが低い場合もありますが、それでも原曲の雰囲気を損ねないレベルの演奏をやってくれます。
しかも、MDプレーヤーに録音されたカラオケをバックに、ギター1本だけで再現してしまいます。

気になる使用機材ですが、60年代製と思われるビンテージのストラトキャスター(ローズネック)に、サンズアンプとノイズアークのオーバードライブのみ。
アンプはそれぞれの会場においてあるアンプをそのまま使います。
好みはRolandらしいですが、Fender、Marshall、VOX、なんでも使います。
何処の会場でも、毎回ちゃんとあのサウンドになるんですね。
これだけでも凄いことなんですよ。
エレキギターのサウンドってギターだけじゃなくて、アンプに左右される面も沢山有るんですが、それを毎回同じ音にセットアップしてしまう耳と技術は素晴らしいと思うんですよね。

これは3日間別な会場で演奏する王様を見てて一番衝撃だったことです。

ツボ3 – トークがヤバイ

もう半ば「飲み屋のおっちゃん」テイストのトークですが、これがまた中高年にはたまらないネタの一つでもあります。
本気か冗談かわからないような、政治ネタや芸能ネタ。
王様の私生活が垣間見れる家族ネタ。
海外アーティストとのエピソード(主に自慢話。w)。

こういう系列の芸能人って、もう名人芸の領域ですから、ワンパターンに成りがちなんですが、王様の場合、セットリストは勿論、トーク(MC)の内容まで、地域や会場に合わせて、微妙にアレンジしてくるんですよね。
この辺の気遣いもサスガだなぁ〜と思うぶぶんでありましてね。

地道なドサ回りを続けながら培った色んなテクニックが毎回駆使されて、あの楽しいステージが繰り広げられるわけです。

ツボ4 – 年間ライブ本数がヤバイ

これは、ツボでは無いかもしれませんが、2017年実績で、230本以上のライブを行ったそうです。
ザックリ、3日に1回はライブやってることになります。
王様はいつお城へ帰っているのでしょうか?w

王様のステージは、前半後半の分けてトータルで2時間程度のすてーじが多いのですが、途中休憩を入れた所で、2時間のステージってどれだけ大変か…。
それを、毎日長距離移動しながら、何日も演るわけです。
今回も北海道5日間連続ライブ。
旭川から倶知安まで、道民以外の人は距離感がピンと来ないかもしれませんが、地図見て下さい。

旭川から倶知安まで、ザックリで250Kmはあります。
最初の公演地は札幌市内。
翌日、江別市野幌。
翌日、苫小牧。
翌日、旭川。
最終日、倶知安。
移動距離総数500Km超えるんですよね。

今回は、オレが車を出して、馬車担当家来をやりましたが、江別〜旭川までの3日間だけです。
それでも、車の走行距離はメーター読みで300Km超えました。
基本はこれをJRなど使って1人で回るわけです。(時折家来が送迎する事もありますが…)
その疲労感たるもの…。
当然、ライブの後はその場で打ち上げ。
物販を行い、ファンサービスでサインしたり記念撮影したりと夜遅くまで仕事してホテルに帰って、翌日はチェックアウトとともに移動!を繰り返すわけですよ。

オレも、若い頃に全国行脚やったことありますが、3日連続でライブやると、4日目には必ずミスするんですよ。
疲れがたまってしまって、凡ミスを頻発するように成る。
しかし、王様はそんなこともなく、今回なんか実は右手の人差指を怪我してましてね。
そんなことを微塵も感じさせないプレイをしてますが、ライブの後は、指が痛いと嘆いて居られました。w

王様今年の夏も北海道に来るそうです。

個人的に、今一番身近に見られるコミック系音楽人は王様です。
音楽ファンは勿論、お笑いやモノマネ等が好きな人も楽しめます。
個人的には、ジミーペイジの真似をしてるときの王様の顔がツボです。w

どうですか?
王様に見えてきませんか?w
夏が楽しみだ。(^^)

 

【BABYMETALのギタリスト 藤岡幹大氏 逝去】

寝耳に水な情報が入ってきましたが…。

「早すぎる!」と嘆く人も多い中、オレも「勿体無いなぁ〜」とか思いつつも、「でも天才だからなぁ〜」と言う思いもある。
記事によると、12月30日に天体観測中に高所から落下する事故に見舞われ、病院に搬送されるも1月5日夜に容態急変の為死亡とある。

まぁ天才音楽家って早死にする。
理由は色々あれど、総じて早死である。
モーツァルト然り、ジミ・ヘンドリクス然り。
まぁ、神様はできるだけ公平に考えてんだろう。
他人よりもずば抜けた才能は、その才能が長けてる分、長生きさせない方針なんだろう。その代わり、凡才は寿命たっぷり生かしてやる見たいな…。

もう少し現実的な理由を考えてみた。

Continue reading “【BABYMETALのギタリスト 藤岡幹大氏 逝去】”

【なんだこれ?】www


もう、いかにもなルックスとネーミング。w
どこを目指してるのかが、見ただけで判るって言うのがウケる!w
気になるけど、この手のシミュレート系ペダルって、どう使えば良いのでしょうね?
プリアンプ的な動作を期待して、パワーアンプに直接突っ込むのか?もしくは、普通に歪み系ペダルとしてつかうのか?
歪み系ペダルとしてしまうと、「JTM」である必要性を感じないんですよね。
それって、結局出力してるアンプのプリアンプの音になるわけだから、「JTM」で有ることがドコまで生かされてるのか疑問だったりもします。

逆にパワーアンプに直接突っ込むなら、JTM風味のプリアンプとして使えるのでしょうから、それなりに意味はあると思うんです。
けど、そう言う設計になっているのかどうか?

Continue reading “【なんだこれ?】www”

【新春 新規機材紹介(その1)】

Fender Japan SVH + G408CE

去年の暮れから新春にかけて購入した新しい機材の紹介です。

第一弾は、「Fender Japan Studio Valve Head + G408CE」ですな。w
去年、向山テツさんとのセッションライブで、FenderのSuper Reverb と言う銘機を使わせていただきまして、それは10インチのジャンセンが4発入ったコンボだったんです。
初期のジミヘンもレコーディングやライブで使っていたアンプでも有るので、興味津々で使わせてもらったんですが、その小型スピーカー4発の音がちょっと気持ちよくなっちゃいまして、「お手軽な小径スピーカー4発のキャビネットが無いか?」と思って探してたら、こいつが出てきたんですね。

製造自体は韓国で、言うほど良い音もしない。w
まぁそれなりなんでしょうけど、スタイルとしては自分が求めてたスタイルにドンピシャ。
とりあえず8インチのセレッションが4発収まってるってのが、中々オレ的にポイント高い。
この状態で、ヘッドの電源が入らないとのことで、セットで1万円切ってたので、買いました。
そもそも、キャビネットが欲しかったんで、ヘッドなんかどうでも良かったのです。

Continue reading “【新春 新規機材紹介(その1)】”

【似てる曲特集(その1)】

世の中には、偶然似てしまった曲や、故意に似せた曲(カバーとかリスペクトとかオマージュとか)が結構たくさんあると思うんですが、オレが独断で判断して、「これってもしや?」みたいに思う曲を幾つか上げてみようと思う。(^^)

その第一弾はこれ。

悲しき天使/メリー・ホプキン

雪が降る/アダモ

異邦人/久保田早紀

まぁ、独断と偏見なので、「ぜんぜん違うじゃん!」って思った人は、別なページ見てください。w
「ぉ!?意外と似てるぞ!?」と思った人は以下のKIYA-HEN的見解を…。

Continue reading “【似てる曲特集(その1)】”

【フランス・ギャルさん死去 「夢見るシャンソン人形」】

また一人、オレに多大な影響を与えた音楽人が逝っちゃいました。

この「夢見るシャンソン人形」めちゃめちゃ大好きな曲なんだよなぁ…。
すべてが未来に向かってたと確実に言える60年台後半〜70年台前半にかけて大ヒットした曲で、この時代の洋楽ってマイナー調でも未来へ向かう力を感じる楽曲が多いんですよね。
60年台後半の洋楽ポップス界は、まるで宝石箱をひっくり返したかの様なキラキラ感に溢れてるんですよね。
今の時代には全く感じられないけど、人間てあまり利口になりすぎるとダメなんでしょうね。
感性が鈍ってしまって屁理屈で者を考えようとする傾向が強くなる。
ある程度鈍いほうが、色々楽しめるんだろうな…。

ご冥福を…。

https://www.asahi.com/articles/ASL177795L17UHBI01B.html?iref=com_alist_8_08

【やっぱりかっこいい…】

やっと2016年発売の新譜購入した。
やっぱ、カッコイイっすわ。
中学生の頃からもう何百回も聞いてるけど、今でも普通にカッコイイ。
感動すらする。
マニアックではあるけど、判る人なら判るよね。
KANSAS の良さ。
アメリカン・プログレ・ハードロックって言われてたけど、今聞くと普通に王道な感じがする。
で、この時の全米ツアーのライブアルバムも去年出てるんだけど、こっちはまた来月にでも買う事にするけど、70年代の代表曲とかも普通に演奏してるらしい。
気になる人はAmazon辺りで視聴して見ると良いかも。

リンク先の記事とはあまり関係ないのだが…w

まず、この記事。w
記事の内容と、それに対するコメント群があるが、まぁ、コメントの勝ちだなと。w
成人確認のボタン、いつからかコンビニのレジ画面に出るように成って久しい。
オレは、酒もタバコも買わないので、殆ど押すことはないが、支払い伝票をコンビニで処理する時に、金額の確認ボタンを押してくれと言われる。
恐らく、コンビニで支払う場合コンビニの手数料がその支払い伝票の額面に上乗せされているので、その分を含めて承認したよって証拠を残してるんだろう。

オレも違和感が無いわけじゃないが、「これも時代の流れなんだろう。」と思っているし、「こんなことをしなきゃならん店員も不憫だな。」と思いつつ、こういう無機質な世の中を作っているのは誰なんだろうか?と思うことは確かにある。

コメントの中で、「もともとはコンビニのバイトなんて高校生がやるようなもんだったんだよな コミュニケーション能力なんか要求するのが間違い」とか言う狂ったコメントも有ったが、「まるで高校生にはコミュ障しか居ないみたいな発言ってどうなの??」とか思いつつ、まぁ其のへんは適当に流して…。w

オレ個人的にグッと来たコメントはこれ。w

Continue reading “リンク先の記事とはあまり関係ないのだが…w”

【10年前の記事を読んでみた。】

正月も三ヶ日が過ぎ、平常営業に戻ってる方も多いと思いますが、オレはまだしばらく正月です。w

2009年の元旦の自分の投稿を発見した。

2008年を振り返ってるのだが、ちょうど10年前ってことに成る。
つーか、10年前からBLOGを綴って、その10年前のLOGがまだ残ってるって事がちょっと驚きではあるが…。w

で、読んでみると、なんとそのままココに書きたい程、去年と同じだったりする。w
勿論、具体的にはぜんぜん違うんだが、2008年の漢字は「変」だったそうで。
去年は何だったのかな?
まぁ、よく分からないが何かと2008年と被ってるんだよな。

これって、例の10年周期にやってくるオレの環境変化時期に合致しちゃうんだよ。
つまり、今年は活動するフィールドや環境が変わったり、付き合う人間が替わったりするんだろうな。

でもちょっとずつ進化はしてる。

10年前は、本当に自分独りだった。
それまで演ってたバンドは解散し、新しいバンド(Phantom of sorrow)を立ち上げたばかりだったので、まだ何もしてなかったし、メンバーも決まってなかった。
今は、フリーセッション企画を通して、色んな人と繋がっているし、ネットTVも続行中だし、ギター生徒さんも増えてるんで、まぁ10年前よりは幾分やることが増えてるんだが、変わらないのは、相変わらず貧乏だってことだけだな。w