【震災フェス】

【平成30年北海道胆振東部地震】
って名前がついたらしいね。

9月6日3時7分59.3秒に、胆振地方中東部を震源として地震発生。
地震の規模はMj 6.7、震源の深さは37km。
最大震度は、震度階級で最も高い震度7で、北海道では初めて観測された。
厚真町及びその周辺では甚大な被害が起こり、死者も多数出ました。

札幌はと言うと、東区の一部で震度6を計測。
東区の一部と南区では液状化に依る家屋の傾きや道路の陥没が見られたそうです。
一応過去最大なんですが、家屋の倒壊なども殆ど無く、停電に依る混乱があっただけで、一部を除きほぼ無傷に近い状態です。
オレが住む東区は、一部道路の陥没が有り、通行止めになっている以外は特に被害はないようです。

地震直後、近所の公園に呆然と立ち尽くす人の群れ。
何するわけでもなくただ呆然と立っている様は、米国の有名テレビドラマ「ウォーキング・デッド」のロケ現場じゃないか?と思うほど異様な光景でした。

朝方その公園の人たちが開いてるコンビニへ向かいます。
取り敢えずの腹ごしらえだったと思います。
ここから「震災フェス」が始まります。

Continue reading “【震災フェス】”

【バンド演りたいなぁ〜。。。】

Phantom of sorrow が活動休止状態になって、かれこれ半年が経過した。

ボーカリスト募集を行っていて、何人か応募して来たが、正直今のPhantom of sorrow を歌ってもらうには少々力不足を否めないので、丁重にお断りすることになった。
まぁ、当初は焦らずゆっくり探そうと思っていたが、さすがに半年も何もしていないと、本当に具合が悪くなる。
自分は何のために生きてんのか?ってところまで思いつめる。

ガキの頃、漠然と将来を考えた時、何も思いつかなかった。
何のために生まれてきたのか、その理由を知らないからだ。
物事にはすべて理由がある。
でも、オレが生まれてきた事にはどんな理由があるの判らない。
アイデンティティとか存在意義とか、そういった類のことだ。

両親の気まぐれなら、オレの存在意義は両親にとっては有るのかも知れないが、オレ自身にはなんの意義もない。
そんな時にロックに出会って、これが自分の生きる道だと思った。
その時から、すべてをそこに合わせて今に至る。

中学を出て美術学校か音楽学校に通いたいというオレの希望はあっさり却下され、人並みに高校へ行けと諭される。
仕方がないので、大した行きたくもない高校を3年間我慢して、卒業と同時に都会で音楽やろうと思って関東に就職を決めて、上京。
しかし、仕事がブラックすぎて思うように動けず、挫折。
身体も壊して地元へ戻るが、人生の目標を失った状態から復活するまでは数年掛かった。
何度も死にたく成ったけど、まだ先は長いと思い留まって今に至る。

結局、家族も居ないし、子供も居ないし、只ひたすらにバンド演るため、ギター弾くために生きてきた。
仕事よりも、家族よりも、何よりも最優先で行ってきた。
まぁ、他のメンバーはどうか知らんが、オレにとってバンド活動は人生そのものだ。
それがココへ来て半年も動けなくなるとは、本当にストレスが貯まりまくる。
こんなに動けないなら、もう全部やめて死んでしまおうか?と本気で考えるくらいヤバイ。

音楽活動という意味では、あれこれと手を出して、常に身の回りに音楽が流れていて、自分でも演奏する状態を可能な限り作ってきたけど、もうそろそろ限界が近づいてるなぁ…。
やっぱ、パーマネントなバンド活動が出来ないと精神が壊れる。
そう思うと、もう地元に居ても仕方がないなとか思うように成る。
全部やめて、東京とか大阪とかに移住して、音楽に人生投げ出してる奴と知り合って、そう言う人と活動しなきゃもう駄目なのかな?って思う。
東京に居なきゃ、海外でも良いさ。
良し悪しじゃなくて、人生投げ出してるってのが大事。
世間的な小さな幸せに満足してる連中とはやっぱ話が合わないなと感じる今日このごろ。

そう言うと、まるで1960年代の不良少年みたいに聞こえるかも知れないが、これが正直な気持ちだなぁ…。

【最悪だな。UQモバイル】

先ずは、これまでの経緯をざっと説明しよう。

2月某日にUQモバイルの格安SIMを「銀行振替」で申し込んだ。
店頭で申し込んでるので、店頭の担当者と直接やりとして無事契約されてその場でSIMを受け取った。
その時に、「初月の日割り分は翌月末分(つまり3月分請求分)として、引き落としが間に合わ無い可能性があるので、払込用紙を発行しますので、それで払い込んで下さい。翌月(つまり4月請求分)からは、口座振替になります。」と説明を受けてる。

そのまま時が過ぎ、4月の請求が確定したとメールで通知が来る。
金額を確認すると、4月請求分が、1060円。(980円のSIMを契約してるのだが、ユニバーサルサービス料が2円と消費税が別途掛かるのだ。)
まぁ、そうかと思いながら引き落とされるのを待って居たのだが、引き落とされなかった。

翌月5月の請求分が確定したとの通知が来た。
金額を確認すると、5月分請求額は、1276円になってた。
先月よりも200円増えてる。
ここで気がついて、UQモバイルへ問い合わせた。
すると…

口座振替の手続きが済んでおりません。

と成っていた訳だ。
前後して、引き落とし不能の通知メールも届いた。
ついでに言うと、口座振替が出来ないのでコンビニ払込用紙を送付しますので、その発行手数料が200円掛かりますとの事だった。

オレは何故口座振替が出来ないのか聞いてみると、手続きが何らかの理由で中断しているとのこと。
なので、振り込んでくれとの話になった。

ちょっと待て!

口座振替の手続きが済んでないのはオレの所為なのか?違うだろ?
UQモバイル側の手続き上のミスなんじゃねーのか?と思ったので、確認してもらった。

すると、どうやら店頭の担当者のミスらしい。

つまり「UQモバイル側のミスです」と明確に認めたわけだ。
まぁ、じゃその「UQモバイルのミス」の為に、オレは200円余計に支払うことに成るんか?という話になると、電話口の担当者はいきなり声が小さくなり、蚊の鳴くような声で「そういうことになります。」と答えるわけだ。

そんな馬鹿な話が有るか!という事で、1週間時間をやるから、善処しろという話に成ったわけだ。

で、1週間後に電話が来た。

結論から言うと、「既に確定した請求は取り下げませんので、払って下さい。払わなれば所定のルールにより回線停止、そのまま放置するならば、強制解約にします。」との事だった。

つまり、UQは自分のミスのケツ拭きも、客にやらせるぞと明言したわけだ。

UQ側のミスで発生したコンビニ振込みという事態。
そのための請求書発行に200円掛かるという話。
しかも、その200円は客が払うという話。
オレは全くもって納得できない。

なので、支払わない方向で考えることにして、その旨を電話で伝えると、「その場合は翌月の19日に利用停止になります。」というのだ。

何故だ?

全く謂れのない話で200円余計に支払えと言われたので、それは払いたくないと言うと、利用停止だと脅される訳だ。
どこまで殿様商売なのだろうか?

とにかく納得出来ないので、納得できる形での対応を求めた。

このままじゃ、埒が明かないので、いくつか確認してみた。

1)今月の請求を無視したらどうなるのか?
来月に3ヶ月分の合算請求書が届く。(勿論発行手数料込み)

2)その来月の合算請求も無視したらどうなるのか?
来月26日までに入金しないとじゅんじ強制解約に成る。

3)合算請求書には延滞利息が付くのか?
つかない。

4)来月に届くだろう合算請求書は何日に届くのか?
14日に発送する。

5)振込してから入金確認まで要する日数は?
概ね3〜4日掛かる。

6)コンビニへ支払う振込手数料は補填されるのか?
されない。そもそもコンビニでは手数料が掛からない筈。

電話で2時間以上話をし、ナントカ引き出した話がこれだけ。

ココまで話して、オレは一つ提案をした。
今月は支払わないので、来月の合算請求で支払えば、コンビニの振込手数料が1回分で済むじゃないか?と思ったのだ。
しかし、コンビニ手数料は掛からない筈だというのだ。
「本当か?もし掛かったらどうする?」と聞くと答えない。

この答え無いって態度もムカつく。
お客様センターとか言いながら客の質問に答えないって態度はどうなんだ?

しつこく聞いてみると、「仮にコンビニから請求されたとしても、UQモバイルとしてはその補填は出来ない。」と答えた。
なんで声を荒らげないと、一回でちゃんと答えないんだろうか?
客なんて、担当の言った言葉を信じるものだ。
その担当者が適当な返事しかしなかったら、どうなる?
その程度のことも理解できないボンクラだった。

するとそのボンクラは、「6月の合算請求で、5月と6月の振込用紙発行手数料、合計400円を差し引きできます。」と言い出した。
オレは、それならまぁそれで問題ないと思った。

しかし、それだと利用停止は避けられないことになる。

つまりこうだ。
6月14日に3ヶ月分の合算請求書が発行される。
郵送されるので、手元に届くには1〜2日掛かり、早くても16日受け取ることに成る。
16日に受け取って直ぐに支払っても、19日の利用停止開始日に間に合わない。
何故なら、6月16日は土曜日であり、金融機関の翌営業日が18日月曜日になり、入金の通知が届くのが、19日〜21日位に成るというのだ。
それだと、19日の利用停止日に間に合わないから、一短利用停止状態になり、振込の連絡を受けることで、利用再開になるという話だ。

しかし、UQモバイルの手続きのミスで、客であるオレが全面的に被害を被る形になるというのは、一帯なんなんだ?

オレ的には、不満は全く解消されないのだが、UQ側が「絶対に折れない」と言い張ってるので、オレが譲るしか無いわけだ。考えれば考えるほど、マジ暴れたく成ってきた。
まぁ、UQはデーター通信でしか使ってないので、数日止まってても生活に影響はほぼ無いので、余計な金を払わなくて良いならばそれに越したことはないのだ。

ところがこのボンクラはコレじゃ済まなかった。

まぁ、3ヶ月合算請求で調整するという話で勧めていたら、途中から何やら受け答えがおかしなことに成って、しどろもどろになりだした。
どうしたのかと思ったら、「実は3ヶ月合算での調整は出来ないかもしれない。」と言い出した訳だ。

この野郎完全にナメてるなと思った。

ここでオレはブチ切れた。

オレ:「テメーいい加減にしろや?あー?口からデマカセ言ってんのか貴様?あー?嘘ついて誤魔化す気か?コラ?」
担当:「いやあの…本当に出来るかどうか分からないので、確実なお話にするためには確認が必要で…」
オレ:「今この段階で、そんなテキトーなこと言ってやる気あんのかオマエ?」
担当:「いや、その…」
オレ:「ハッキリしろや!コラ!テメー客に何時間電話させる気よ?あー?東京本社乗り込むぞコラァ!」
担当:「申し訳ございません…」

バカなのか?この担当者。
なんで、この期に及んでそんな不確実な提案をするのか意味不明だ。
ハナからオレはクレームの電話をしていて、UQ側のいい加減な事務処理やその対応について怒りを爆発させてる所に、更に追い打ちをかけるような、火に油を注ぐような、口からデマカセの提案する気になるなと…。

こいつは、本物のバカなんじゃねーか?と…。
これで、自称お客様センターの責任者ですって事だが、UQはこんなボンクラを責任者にしなきゃならないほど、人材不足なのか?
全くもって、イライラを増長させることしか出来ないバカ野朗だった。

で、現段階での対応は…

今確認できたこと。
・5月分の請求書(4月分と5月分の合算請求書)で5月26日までに支払われるならば、6月の請求で5月分の振込用紙発行手数料200円を差し引きする。

・5月の請求書で支払わず、6月の請求書(4,5、6月の合算請求書)で支払った場合は、6月分の振込用紙発行手数料のみ差し引きして、5月分の手数料は、7月に差し引きして精算する。

・今後、交差振替の手続きが完了するまで、振込用紙の発行手数料は無料にする。

この3点を確認して、取り敢えず電話を置いた。

これに付いては、かなりオレは譲歩したと思う。

何故なら、本来ならば「今直ぐ今月の請求書を作り直せ!」という話なのだ。
相手が企業なら絶対に作り直してるだろう。
しかし、携帯会社はそこが思いっきり殿様商売で「コッチの言い分を聞かなきゃ電話止めるぞ!」と脅すわけだ。
なので、多くの人が、暴虐無人な会社の言い分に渋々屈服しているのだろうことは想像に易い。

取り合えず、今の段階での感想。

UQモバイルは自社のミスでもシステムが対応できなければ、客に尻拭いを(出費)強要する会社だということが判明した。

今回、UQ側のミスで口座振替手続きが終わっていなかったが為に、振込用紙発行手数料成るものが請求された。
そもそも、こんな物請求される筋合いではないのがだ、請求されて支払わなければ、ペナルティーまで用意されている。
しかし、会社は自らのペナルティーには無頓着で「システム上対応できません。」の一点張りなのだ。

これが、街のスーパーだったらどうだろうか?

レジのオバちゃんがミスって金額を多くレシート発行してしまったので、その分支払えと言ってるようなものだ。
世の中それは通用しないだろうが。

相手が個人だと思ってナメてるとしか思えない。

正直、この話をどこぞの弁護士に相談したわ。
これで、金取れるなら、民事起こしたい位だ。

物好きな弁護士居ないかな〜?w

【UQモバイル・続編2】

報告の電話が来た。

担当:「協議の結果ご期待には添えませんが、取り敢えず今回は既に請求が確定しておりますので、発行された請求書でお支払い頂き、来月以降差し引きで調整する形になります。」

まぁつまり…、

UQ:『販売店のミスで余計なお金が掛かるけど、もう請求が確定しちゃってるから200円余計に払ってね。あとで返すから。』

と言ってる訳だ。
これって、スーパーのレジで、店員が打ち間違えて200円多いレシートを発行したとて…、

スーパー:『店員のミスで余計なお金が掛かるけど、もうレシート出ちゃったから200円余計に払ってね。あとで返すから。』

と言ってるのと同じ状況なのだ。

この「異常」なロジックが、携帯会社と言う枠組みで語られると、急に「異常」とは感じなく成るらしい。なので電話口の担当者は平気で、「既に請求が確定しており、お支払頂かなければなりません。」の1点張り。w Continue reading “【UQモバイル・続編2】”

【UQモバイル・続編1】  

で、更に電話が来た。

先ず、なんで口座引落になってないか?
契約した店舗が手続きを忘れてたらしい。w
まぁ電話口では「忘れた」とは口が裂けても言わないだろうが、状況説明からして忘れていた以外の何者でも無いことが十分伝わる。
クソだな。www

なので、店舗が手続きを進めたら、口座振替できるようになるらしい。

で、肝心の請求書発行手数料の200円の処理をどうするのか?って話だ…。

結局「一旦支払ってもらって、来月過剰分を差し引きするって事でどうだ?」(実際はもっと丁寧に言われたが)と言われた。

まぁ、当たり前だがオレは納得行かない。

200円の話だからまぁ良いかと思う気持ち半分、企業としてそれはどうなのよ?って気持ち半分。
普通、企業同士の話なら、1円足りなくたって話は決まらないよ?
今月200円余計に支払って、来月差し引くことになったとして、オレは200円分の時間の利益を失うわけだ。

電話口の担当者はそういうことが分かってない。
だから簡単に、200円払えって言うわけだよ。
でもそれが相手に対してどれほど失礼か分かってない。
システム的に料金が確定したので、もう変更出来ないとか、オマイらの社内システムの都合なんぞ、客のオレが知ったことじゃない。

コレは「契約」だぞ?
初めから決めた事をキッチリやってりゃ何も問題なかったんだから。 Continue reading “【UQモバイル・続編1】  ”

【UQモバイル】

5月の請求分が確定したとメールが届いた。

Softbank のiPadmini4の支払いが終わって、iPadProに変えたんだが、その余ったminiを使えるようにするため、SIMFREEにしてUQモバイルのSIMをいれた。
データー通信のみ3Gで980円と言う、今流行りの格安SIMだ。

で、その請求が届いた。

見ると、予想よりも200円多い。

定額の契約なのになんで200円多いのだろう?と思って、調べてみると、なんと4月の請求分が引き落としになってなかった。
残高は十分有ったはずなのに、高々1000円の引き落としがされてなかった。

つまり、4月の請求分が引き落とせなかったので、5月分と合わせて振込用紙を送るので、200円はその手数料だと言うわけだ。

なぜ引き落とし出来なかったのか?残高は十分あったはずだ。
1000円程度の引き落としに、残高不足はあり得ない。

で、カスタマーサービスに電話して確認すると、引き落としができない理由は、UQモバイルの社内的事情(なんか細かい説明してたが専門用語多くて意味不明だった。w)であり、オレの落ち度や責任じゃないことは確認できた。

にも関わらず、そのケツ拭きの代金をオレに払わせようとするUQモバイルのやり方はおかしくないか?

オレ:「契約から2ヶ月、最初の請求から3回目になるのに、なんで引き落としの手続き終わってないんだ?他のところは2ヶ月もかからんぞ?」

と言うと、 Continue reading “【UQモバイル】”

【30年前の仕事】

Facebookの知人のTLで、こんなの見つけた。

—-引用—-
Retweeted ブラック企業アナリスト 新田 龍 (@nittaryo):

おっさん「昔はもっと働いてた!」
↓その頃の仕事って?

・書類はすべて紙に手書き。保存も紙なので捜索に超時間かかる
・計算は電卓かそろばん。プレゼン資料は模造紙かOHP
・見積は郵送かFAXして、到着後固定電話でやりとり

⇒今なら秒で終わる仕事に余計な時間かけてただけ。真に受けなくてよし
—-引用—- Continue reading “【30年前の仕事】”

【日産フェアレディーZ】

最近、またプラモ熱が高まってきて、去年から製作中のまま放置されてたS130型フェアレディーZの制作に復帰した。

そもそもこの日産フェアレディーZ熱は1971年に、親戚のオジサンが乗ってきたS30型に端を発するのである。
街にはまだ積み木を積み上げたような箱型の車が沢山走っており、其の中にこの流線型のボディーを持ったフェアレディーZはまるで外車の様な佇まいで、ひときわ目立っていた。
1968年に生産が開始されたS30型は1978年までの10年間マイナーチェンジを何度か繰り返しながら生産されていた。

オレは子供だったので運転免許すら取得できず、Zどころか車なんて夢のまた夢だった。

そして15年後、念願のフェアレディーZを手に入れる。

Continue reading “【日産フェアレディーZ】”

【最近のヤフオクってさ…(その2】

海外の激安ショップで購入した(購入する)物を、倍以上の価格でヤフオクに出してる、悪徳野郎が増えてまして…。
オレは、よくヤフオクでギターを見てるんですけども、時々そう言うなんか怪しい出品とか、なんじゃこりゃ的なものを発見してしまいます。

今回は、中国の大手ショッピングサイトAliexpress(楽天の中国版みたいな感じ)で販売されているギターを、Aliexpressの出店商社番号が載ったままの写真を使って、ヤフオクへ出品しているやつを見つけちゃいました。

コレ「海外発送」と有るから、誰かが落札して送り先住所が判ったら、中国に注文して直接送らせようって魂胆なんだろうな。
そうすると、自分はパソコンの前に座ってるだけで儲かるからな。w
でも、業者登録してない奴が、在庫が無い物を出品するのはヤフオクのガイドライン違反の筈なんだがなぁ〜?
見つけて申告しても、ヤフオクも最近は放置だからな…。

んで、その画像がコレ。
Continue reading “【最近のヤフオクってさ…(その2】”

【スクールイベント2Days一人反省会】

終わったんですが、まぁ2日目はオレ出番無いので…。w
初日は、生徒さんのバックバンドのギタリストって事で、計7曲ほど演奏しました。
結果から言うと、ボロボロでした。(号泣

一応「講師バンド」なので体裁は保たなくては…と言うプレッシャーはいつもある訳でしてね。
今回も、其のとおりなんですが、まず曲をもらった時点で心折れました。w
所謂、ボカロ曲とか言われてるものと、アニソンと言われてる物が特に…キツイ。

【渡される音源が結構キビシイ音源だったりするんですよ。】

Continue reading “【スクールイベント2Days一人反省会】”