【S30型フェアレディーZのプラモデル。w】

さて、最近またプラモ熱が上がってきて、半年ぶりに作業再開な訳ですが…。w
勢い余ってS30型のプラモを何台か購入してしまって…。(照

過去、このS30フェアレディーZの1/24スケールのプラモデルって、オレの記憶では、山田模型、古河模型、オオタキ、日東、LS、日本模型(ニチモ)、マルイ、グンゼ産業、等沢山のメーカーから出てて、各社Zのかっこ良さを表現していたと思います。

ただ、当時のプラモデルは「子供のおもちゃ」でしたから、子供を引きつけるために、単に実車の縮小コピーではなくて、それぞれに工夫をこらしていたような気がします。
オオタキ、ニチモ、マルイ、グンゼは初めからオーバーフェンダー等を装備したレーシングタイプでした。
日東とLSは珍しい2+2モデルでしたね。
これは、モーターで走らせるのと、内装を両立させようとしたら、もう2シーターじゃ狭くて2+2にしたんだろう成って感じが伝わる涙モノのキットでした。
実車のレーシングカーのコピーだったり、オリジナルデザインだったりしてて、その形状も様々で、実車をモチーフにしたオリジナルカー見たいな雰囲気すら有りました。

オレは、ノーマルタイプが欲しくて探しましたね〜。
当時、サーキットの狼全盛期で、世の中はスーパーカーブーム。

スーパーカーのプラモデルは沢山あるんですが、国産車と成るとほぼ壊滅状態。
かろうじて、Zやサバンナ、セリカ等のレーシングタイプが出てただけで、国産車のノーマルタイプって、殆ど出てなかった記憶があります。
なので、当時既に一昔前だった、山田模型や古河模型の432Zを探しましたね〜、もう無かったですけど。w

だから、オオタキの240ZGレーシングに、LSのノーズやフェンダー移植して無理やりノーマル仕様の2シーターとか作ってましたね。w

その少し後に1/20スケールが流行るんですよ。
まぁ、1/24スケールにモーター入れて走らせてた子供が少し成長して、大人ぶってディスプレーモデルを欲しがるように成ったからと思うんですが、そうやって考えると、オレはそう言う文化を作ってきた最後の世代なのかな?って思うこともあります。w

成る程ちょっと大人向けで、ドア・ボンネット開閉のギミックや、エンジンルームの再現等、ディスプレーに対応した内容になっていて、組み立てもちょっと難しかった。
ナガノ、オオタキ、フジミなんかが有りましたね。

で、最近プラモ熱が高まった挙句に、思わずやっちまった感満載のS30Zのプラモ。
現行品ばかりですが、折角複数揃ったので見比べてみました。

あ、このスジの人は、オレなんかよいもマニアで詳しい人沢山いると思うんで、まぁ情報が違ってても、生暖かい目で見てやって下さい。w

【横から見る】

取り敢えず、横から見てみます。
屋根の形状とか、フェンダーの形状とか、ホイールアーチとか、気になる部分が沢山あるんですが… Continue reading “【S30型フェアレディーZのプラモデル。w】”

【北海道は、そろそろ夏タイヤの季節なんだが…】

オレは毎年秋口に、中古の冬タイヤ(スタッドレス)を買って、翌年の秋まで履きつぶす感じでタイヤ買ってたんだよね。
まぁ、大体4本セットで15000〜20000円位。
買った店に頼めば、概ね組み換え料金もサービスしてくれるんで、まぁ年間20000円がタイヤ代だったのだ。w
これを、普通のタイヤに置き換えてみると、まぁ概ね3シーズン使えると仮定して、夏冬で8本のタイヤが必要になる。
で、1セット概ね4〜5万位するのだ。
2セットで約10万として、3年使って、1年あたり約25000円計算。
ん〜まぁ、新品から使えるってメリット有るけど、中古履きつぶしの方が結果安いんだよね。
3年で45000円位だから。w

で、今回、例により去年の秋口に中古の冬タイヤを買ってこの冬それで過ごしたんだが、この中古タイヤ、結構新し目で山も結構残ってて、もう1シーズン履けそうな感じだったので、履きつぶすのがもったいなくて、夏タイヤを買うことにしたんですよ。w
勿論中古で。
でも、組み換えとか面倒なので、ホイール付きで探してたんです。
しかし…。
Continue reading “【北海道は、そろそろ夏タイヤの季節なんだが…】”

【MacのOSをアップデートすると、Audio IFが使えなくなった…。】

自宅のMacをアップデートしていくと、部屋で使ってるAudio IF(オーディオインターフェース)の Roland UA-101 が使えなくなることが発覚。
止む無く、OS X 10.9.5 で稼働させているのだが…。
iPhoneを、iPhoneXにしてしまったので、iTunesのバージョンを上げないとならなくなった。

RolandのUA-101はかれこれ10年以上使っているので、まぁ時代遅れでも仕方がないが、別に使えない訳でもなく、むしろコスパは相変わらず良いのだが…。

方向性としては、家MacをMacOS10.13.xとかにして、iPhoneXを使えるようにした上で、インターフェースを新たに購入。
ってのが、時代に寄り添うという意味では妥当なのだろう。

とりあえず、Audio IFを買い換える方向性でサラッと調べてみた。
10年前、RoladのUA-101を買った時の値段が、58000円だった。
当時の最新機種で、ハーフラックサイズに10in 10outで、USB2に対応してた、コンパクト高性能なモデルだった。
それにDAWソフトを一緒に買って、10万円で、WindowsのノートPCで動かしてた。
WindowsのノートPCがまだ10万円超えの時代だから、システム一式で20万円だった。
他に、マイクだのケーブルだのと小物は必要で、それらを全部入れると30万超えてた。
で、ローカルアイドルの楽曲制作や、スクールの生徒のプリプロとか、Phantom of sorrow のデモを作ってたわけだ。

で、現代はなんとこんなに安い。w

Focusrite Scarlett 18i8 G2 18in 8out 24bit 192kHz

Continue reading “【MacのOSをアップデートすると、Audio IFが使えなくなった…。】”