なんか、機種変更の時に住所録が飛ぶ話をよく聞くので…

こういうアプリがあります。

こいつで、住所録のバックアップを作って、パソコンにメールで送っておきます。
VCFファイルにして送っておくと、あとからそれを読み込むだけで終了するので便利です。

それから、OSアップグレードなり、機種交換なりすれば、一安心ですよ。

iPhone、iPad版のGarageBand(ガレージバンド)が凄すぎる件!

最近、一生懸命音楽を作る時間が増えて、嬉しい限りなんだが、制作ツールとして、普段はMacをつかってる。
ソフトは数年前に買った、CUBASE4。
今と成っては古いソフトだし、どっちかと言えば、ビギナー向けな感もあるソフトなんですが、実用上は十分なんで、それをそのまま使って制作作業やってます。

他には、Logic Pro とか、Mac標準のGarageBandなんかも時々動員するんですがね…。

で、何気にiPhoneアプリ版のGB(ガレージバンド)があるってんで、見てみた。
ふ〜ん、いわゆるマルチトラック録音に対応した簡易レコーディングアプリね。
450円なら安いんじゃないかな?
と思って、思わず購入!

こういう所が、無駄遣いだととある友人に指摘されたが、まぁそうかもしれん。(笑)
でも、音楽関連には出し惜しみしたく無い。

で、ダウンロードして起動してみた。

ぉお!なんか良いぞ!

過去に多様なアプリが無かった訳じゃないが、どれも多機能すぎて使い勝手が悪いか、どうしようもなくおもちゃっぽくて使えないかのどっちかだった。
あとは、数千円もするようなiPhoneやiPadで使うには、ちょっと高すぎ!と思うような価格帯の物しか無かった。
何より、その殆どはデーターの転用が難しかった。
wavやmp3で書き出してって作業が殆ど無理。
どうしてもってなると、iPhoneのシリコンドライブから特殊なツールを使って直接データーを引っこ抜くしか無かったんですよ。

ところが、コイツはApple純正アプリで450円!
もちろん、データーの転用が可能!

まぁ、純正アプリが良いかどうかは意見が分かれる所だが、オレは純正品は可もなく不可もなく、それが標準だと思っている。
質が悪けりゃ、質が良い他社製品を使えば良い、質が良ければ、他社製品がクズだと思うだけ。
つまりは、判断基準として存在してる。

で、話が戻るが、コイツは純正アプリにしては出来過ぎ!(笑)

基本的な楽器の打ち込みと、生録音が出来る!
まぁ当たり前っちゃ当たり前なんだが、ステップ録音が出来ないのは難点だが、オートリズムもパターンを選べるし、若干ならば自作も可能。
キーボードはメロディー用に鍵盤イメージと、コードバッキング用にアルペジエーターも入ってる。
ギターも数パターンのレコーディング法が選べる。
で、歌声なんかを生録も出来る。

結構優れもの。

まだ、具体的に曲は作ってないが、これからこれで随分とアイディアを逃さないで録り貯め出来る感じがする。

で、何より感動したのは、ハモンド+レズリーがシミュレートされてる事!(笑)

オレ的にはこれだけで、450円払った甲斐があるってもんです。
音も中々良い音で、ちょっとニンマリしちゃいます。

で、当然オルガンだけじゃなくて、ピアノやシンセ等が色々選べます。
それぞれの絵がね、「あーこれは!w」と思わせるような奴ばかりで、見た目通りの音がしてくれるのがまた嬉しい!(笑)

これがキーボード選択画面。w

IMG_0055.jpg

見ただけでワクワクするような絵が素敵です。(笑)
んで、これが問題のエセハモンド。(笑)
※ちなみに画面はiPadバージョン。
※iPhoneもアプリ自体は共通なんですが、画面はそれなりに簡略化されます。

IMG_0052.jpg

むちゃくちゃ素敵です!(笑)

レズリーのスピードも2種類選べるし、なによりもドローバーがちゃんと生きてるのに感動!

よく見ると、パーカッションやコーラス、ディストーションまで装備してます!(笑)
で、アルペジエーターも付いてるんで、本物のB3よりも便利!(爆)

さらによく見るとキャビネットの後ろで、何やらグルグル回ってるではないですか!(笑)
そこまでやるか!?的な遊び心が素敵です。
もう、450円でこのエセハモンドが使えるだけでオレにはかなりの価値があるアプリになりました。(笑)

で、スケール表示モードを使うと、特定スケール以外の鍵盤が表示されなくなり、キーボード初心者でも鍵盤を押し間違える事が圧倒的に減ります。

ちなみに実際にその機能を使ってみた。(笑)



ドラムなんかも選べましてね。

セットの色でサウンドを分けてるようです。
当然、ロックドラムを選ぶんですが、色はブルーメタリック!
なんでブルーメタリックなのか解りませんが、取りあえずロックキットはこれですね。(笑)

IMG_0054.jpg

これは太鼓の打面を叩けば音が出ます。
叩く位置を変えると、音色が変わります。
例えば、ハイハットは、叩く位置で、オープン〜セミクローズ〜クローズが選べるんですよ。
ちょっと練習したら、簡単なリズムは、片手で打てます。(笑)

音もね、ひと昔前の単体のドラムマシンよりも臨場感あるいい音です。

更にこのアプリのデーターはそのままMacに送って、MacのGarageBandで編集出来るんですね。
つーことは、これでアイディアを残しておいて、Macに持って行ってMacのGBで編集、必要なら書き出して、更に高度なソフトウェアで制作って事も可能なんですね。

こういう、先に繋がる設計って大事ですよ。
iPhoneやiPadの中で完結してしまうなら、それはゲームの域を出ない訳で、ちゃんとデーターを転用活用出来てこそ、ツールと言える訳でね。
このアプリはそう言う意味で、ミュージシャンのツールとして存在出来そうですよ。

こういう、アプリや録音環境が簡単に安価に整う時代ってすごいなぁ〜と。
アマチュアが簡単に音楽出来て、それを録音して残せるなんて、凄いなと思う反面、自分が大好きな世界だけに、音楽的知識何か無くても、楽器が演奏出来なくても、クオリティーの低い作品でも、みんなまとめてニワカ音楽家になれちゃう安易さがイヤだなとも思う訳です。

でも、こういうアプリを使って、クオリティーの高い作品を残すのは他ならぬアマチュアであって、職業音楽家はこんなアプリじゃ全く仕事にならないんで、やはり高価な機材やシステムで効率よく仕事してる訳です。

でも、こう言うのから入門出来るなら、豊かな時代だなと素直に認めるしか無いですね。(笑)

とにかく、オレとしてはメモに使うには最適だなと思って愛でています。(笑)

 

iPhone3Gをshsh無しでダウングレード。

前回、iOS4.1 で決着したiPhone3G。

操作感が重すぎなので、4.2.1へアップグレードしたいと思ってたんだが、それよりも、3.x.x とかにダウングレードした方がもっと軽くなるはず!と思いたった!

取りあえず調べる所から。
どうやら、ダウングレードにはshsh は必項らしい。
でも、諦めないで何度もググる。

すると、shsh無しでダウングレード出来るバージョンがあった。

iOS3.1.3

これなら、ipswだけでダウングレードできるらしい。

ん〜取りあえずやってみる。

必要もの。

Recboot
iPhone1,2_3.1.3_7E18_Restore.ipsw

この二つ。

ただ、現在 Recboot の配布サイトは落ちてて、ダウンロード出来ない状態です。
なのでココに上げておきます。(但しインテルMac版です)

◆手順◆

1)iPhoneをMacに繋ぐ。
2)DFUモードにする。
3)iTunes でipswを使って復元。
4)Recboot で、リカバリーモードを解除。
5)アクティベート

これで、入獄ダウングレードが完了する。

今回は、前回脱獄した状態から、直接ダウングレードしてみた。
若干の不安もあったが、まぁ結果的には成功。

但し、前回アップグレードしたBBはそのまま元には戻らないので、どっちみち正規の保証は受けられません。

では解説。

1)iPhoneをMacに繋ぐ。
そのまんまです。
付属のUSBケーブルで繋いで下さい。
で、iTunes を立ち上げておきます。

2)DFUモードにする。
これは、Macに繋いだまま行うと解りやすい。
まずは、ホームボタンと、スリープボタンを同時押しして、スライドバーで電源を切ります。
そして、スリープボタンを押して、画面にAppleマークが出たら、直ぐにスリープボタンを押したまま、ホームボタンを押して10秒待ちます。
画面が真っ黒に成りますが、ビビらないで、10秒待って下さい。
で、ホームボタンを押したまま、スリープボタンを離します。
すると、iTunes が、リカバリーモードのiPhoneを見つけましたとか言い出せば、成功。
ダメなら、1)からやり直しです。

3)iTunes でipswを使って復元。
キーボードの[art/option]ボタンを押しながら、iTunes の[復元]ボタンをクリックします。
ダイアログが立ち上がって、ipswを指定出来るようになるので、先にDLした3.1.3のipswを指定します。
そのまま、放置で10分ほどで復元が完了しますが、最後にエラー1015を出して止まります。
エラーが起きてもそのまま放置で、次へ進みます。

4)Recboot で、リカバリーモードを解除。
Recbootを起動させます。
[Exit Recovery]を押して、リカバリーモードから復帰させます。

5)アクティベート
iTunesのエラーダイアログをOKを押して閉じます。
すると、アクティベートが始まるので、ここで以前のバックアップじゃなくて、新規で登録します。

これで、完了。

313.jpg

なんとも、あっさりしたもんです。

さて、これで再度脱獄して、SIMフリー化できれば、今度は軽い動作のプリモバ3Gが出来上がるぞ!(笑)

で、失敗記録も残しておこう。

実は今回の記事を書くにあたって、一度iPhoneを壊しかけてるのだ。
このリスクは人によっては致命的なので、一応書いておこうと思う。

何をしたのかというと、iOS4.2.1 でベースバンドアップ脱獄。
Ultrasn0w でSIMフリー化して一度は完了して、問題なく使えてた。
ここまでは記事の通り。

しかし、今回の記事を書く為に、スナップショットが欲しくなって、最初からやり直そうと思ったのが全ての間違いの原因だった。

幸い、iOS4.1時代のSHSHを保存してあったんで、それを使ってダウングレード復元を行おうと思い立った。
そうすれば、ベースバンドも同時に下がるだろうと思ったのだ。
実際、それでベースバンドごとダウングレードしたって記事は散見されるので、まぁ大丈夫だろうと思ったのだ。

TinyUmbrellaを起動。
サーバー偽造(つまりリダイレクト)して、復元開始。
iOS4.1のipswを使って復元開始したが、最終段階でエラー終了。
エラー番号はパニクってて控えるの忘れた!(泣)

ともかく、強制終了させて再起動かけてみたら、リカバリーモードから帰って来ない。

つまり使えなくなった訳だ。

とりあえずネット散策、情報を集める。

しかし結果は淋しい情報ばかりで、解決の糸口はつかめない。

問題は、変更されたベースバンドにある事は間違いない。
実験的に脱獄した、iPhone4は、ベースバンドを弄らなかった。
iOS5 の状態で脱獄し、復元で入獄した。

とりあえず、元のバージョンので復元を試みる。

iOS4.2.1のipswを使った復元。
SHSHはあるので、TinyUmbrellaでサーバー偽造。
結果は、失敗。
リカバリーモードから帰って来ない。

次は、iOS4.2.1で再脱獄。
iOS4.2.1のipsw & redsn0w+ベースバンドアップグレード で再脱獄。
順調に進むが、再起動後はやはり、リカバリーモードへ突入。
結果、失敗。

そこで考えた。
4.1で復元を試みて、途中まで行った訳だから、中身は既に4.1に書き変わってる可能性が高い。
ならば、4.1で、脱獄してみよう!

そしてiOS4.1で脱獄!
iOS4.1のipsw & redsn0w+ベースバンドアップグレード で脱獄。
順調に進むが、再起動後はやはり、リカバリーモードへ。
結果、失敗。

失敗?

まぁ、仕方が無いので、強制的にリカバリーモードから復帰させたら、さっきと違う。
さっきは、リカバリーモードに戻ってしまうのだが、今度はエマージェンシーモードに成ってる。

つまり、緊急電話がかけられる!

これは、進展だ!

とりあえず、TinyUmbrella の[fixrecovery]を押した。

再起動がかかる。

リンゴマークが出る。

数分後…。

復帰した!

やった!嬉しい!

早速OSのバージョンと、ベースバンドを確認してみた。

iOS4.1、ベースバンド06.15.00

なるほど。
ベースバンドはそのままで、OSだけダウングレードした状態で、脱獄した訳だ。

しかし、4.1は重いのだ。動作が鈍い。
この状態から、4.2.1にアップグレード出来ないか?

今はその方法を考えている。(笑)

iPhone3Gを脱獄してみた。(4)

んで、いよいよ、脱獄画面です。

a7b2ddae.png なんの変哲もない感じですが…

左下の方に、茶色のアイコンあるのわかりますかね?
どっかの家紋みたいなアイコン。

これが、Cydia のアイコンなんですよ。
ここから、多くの脱獄アプリをダウンロードする事に成ります。

で、今回の目的は、SIMフリー化するってのが目的なので、このCydia からソレ用のアプリをダウンロードすることになります。

3)いよいよSIMフリー化!

まず、Cydia を起動。

35f25680.pngなんか、色々言われるかもしれません。
つーか、勝手にアップデート初めて、数分操作不能に成るかもしれませんが、落ち着いて待ちます。

すると、この画面になるんで、焦らずに、右下の虫眼鏡アイコンをタップ。

で、検索ボックスに、Ultrasn0w と入れて検索。

すると、検索一覧に出て来るので、それをタップ。

6460a017.pngここでは、緑のチェックが入ってますが、実際には入りません。

緑のチェックは、インストール済みを表してるので、オレのiPhoneには導入済みだよってことね。

で、これタップすると画面が代わり、右上に [Install] ボタンがあるんでそれをタップ。
また画面が変わって、右上のボタンが [Confirm] に変わるので、それをタップ。
すると、インストールが始まります。

16b667b2.pngこれが、Cydia からインストールする時の画面です。
昔のPCみたいに文字がズラズラズラ〜っと…。
Cidya からアプリをインストするたびにこの画面に出くわす事になります。

最近のGUIに慣れてると、このCUI画面ってビビりますが、気にしないで待ちます。

しばらくすると、下の方に黒いボタンが出現します。
アプリによって、台詞が違いますが、ボタンが出たらとりあえず終了なんで、ボタン押してインストールを終了させます。

これだけです。

えらい簡単!

SIMフリーの3G端末の出来上がり。

もう一度書いておきますが、、、

この作業は、iPhoneのベースバンドを無理矢理上げて、SIMフリー化します。
ベースバンドを上げてしまうと、もう二度とAppleには帰れなくなります。
永久に脱獄状態を保つしかなくなるので、壊れたらそれで終了。
Appleのサポートや修理は一切受けられません。

使うSIMは、SBM(ソフトバンクモバイル)のプリモバのSIM以外は使わないで下さい。
それ以外のSIM(SBMの他機種のSIMも含む)を利用する場合は、APNの設定を行わないと、高額請求が来て、パケ死確定します。
今回は、APN設定を省略してますので、データー通信契約の無いプリモバSIMを利用しています。

ちなみに、APN設定は、iPhone内部のシステムファイルを書き換えて、専用アプリをインストして、APNを直接書き換える方法か、カスタムプロファイルを制作してインストールする方法があります。

どちらもちょっとでも間違うと、通信機能が破壊されたり、最悪はiPhoneが全く動作しなくなる可能性があるので、省略しています。

代わりに、ちょっと脱獄気分を誰かに自慢したい人向けのアプリを紹介しておきます。

28d5589a.png

まず、結果から。(笑)

何が違うのか?

そーです。
アイコンの並んでる数が違うんです。
普通は、4個のアイコンが並ぶんですが、コイツは5個のアイコンが並んでます。

たったコレだけなんですが、正規のアプリでは出来ない事なので、これだけで脱獄した気分を味わえます。
他のアプリは、大した事無いってか、相当知識無いと意味が分かんないアプリばかりなんで。(笑)
興味のある人は、自分で調べて下さい。

これらは、Cydia から Five で検索して出てくるアプリの中から、

36938260.png42123668.pngFive Icon Dock
Five Icon Folder
Five-Column SpringBoard

をインストールすると出来ます。

で、最後に、SBSettings をインストールしておけば完璧でしょう。

これで、プリモバをつかったセカンドiPhoneの完成です。

メインで使ってるであろう4Sと共に、お遊び気分を味わいましょう。。

以上でした。。。

m(_ _)m

 

iPhone3Gを脱獄してみた。(3)

さて、いよいよ佳境に入って参りました。(笑)

3)脱獄手順。

最初に言っておきますと、ダウンロードしたアプリのバージョンが1桁でも違うと予定通りの動作をしません。
画面も微妙に変わるので、説明とは違うチェックがあったり、変なボタンがあったりして混乱を招きます。
この手の操作に慣れてない方は、バージョン違いのアプリでは作業しないで下さい。

STEP:1
先ず、手持ちのiPhone3GのiOSバージョンが適合していない方は、iTunes でアップデートします。
3Gとしては、この4.2.1が最終版なので心おきなくアップデートして下さい。
一部のブログ等では、アップデートすると脱獄出来ないとか、脱獄後に不具合が起きるとか書かれてますが情報が古いらしく、現在の脱獄アプリはこの最終バージョンに対応してます。
で、あらかじめiPhoneの電源を切った状態で、MacにUSBで繋いでおきます。

STEP:2
先にダウンロードした、redsn0w を起動します。
このような画面が出現するでしょう。
redsnow_fig2.jpgで、[Browse]ボタンを押して、先にダウンロードした、ipsw ファイルを指定し、[Next]ボタンを押します。

STEP:3
すると何やらダイアログが出て、作業が始まります。
redsnow_fig3.jpg

STEP:4
で、落ち着くとこのような画面になりまして、幾つかチェックを付ける必要があります。

redsnow_fig5.jpg●上から1番目「Install Cydia」
これは絶対にチェックを入れて下さい。
てか最初から入ってる筈です。
これをチェックしないと脱獄の意味がありませんし、SIMフリーのアプリもダウンロード出来ません。

●上から3番目「Install iPad baseband」
これが大切です。
このチェックを入れると、先に説明したBBが、SIMフリーアプリに対応する様になります。
しかし、これは一度変更すると元には戻せませんので、後に元に戻す必要のある人は、ここでSIMフリー化は諦めて下さい。
脱獄だけならこのチェックを外せば出来ます。

●下から3番目「Enable battery percentage」
これは、バッテリー残量表示をするかどうかだけです。
脱獄&SIMフリー化はバッテリーを喰うようになるので、このチェックは入れておいた方がいいです。

で、準備ができたら[Next]を押します。

STEP:5
また英語の画面が出ますが…。

redsnow_fig6.jpg要約すると、「iPhoneをMacに繋いで、一旦電源を切りなさい。」と成ってます。
なので、iPhoneがMacに繋がってるのを確認して電源を落として、[Next]ボタンを押しますが、その前に…。

次のステップではiPhoneを「DFUモード」って状態にするんですが、これは電源ボタンと、ホームボタンの操作が必要ですので、iPhoneを片手にもって、[Next]ボタンを押して下さい。
[Next]ボタンを押すた直後からイキナリタイミングを合わせて操作が必要になりますので、何気に[Next]を押すと、イキナリ始まってびっくりして失敗します。(笑)

STEP:6
ここで、ちょっとした苦労があります。
iPhoneを「DFUモード」って状態にしなきゃならんのですよ。
これが、以外と失敗する。(笑)

やり方は、redsn0w の画面の中に出てきますが、取りあえず全部英語。
読むのが面倒でしょうから、上から説明すると…

redsnow_fig7.jpg1:パワーボタンを3秒押せ。
2:そのまま、ホームボタンを10秒押せ。
3:最後にホームボタンを押したまま、パワーボタンだけ放して15秒待て。

と書いてます。(笑)

親切に、カウントダウンまでしてくれるので、カウントダウンに従って操作すればまぁ殆ど成功します。
で、手順通りに操作すると、iPhoneの画面が真っ黒になるんで、一瞬ビビリますが、そのまま待ちます。

すると、何やら色々インストールが始まって、iPhoneの画面に、細かい文字がダラダラダラ〜と出てきて、もの凄い不安に襲われますが、それでも歯を食いしばって我慢して下さい。(笑)

STEP:7

しばらくすると、Macのredsn0w が 「Done!」とか言って終了するので、[Finish]を押します。
iPhoneの方はまだ何やら作業が続きます。

パイナップルが歩く絵がでまして、設定をしています。
この間、数分。

iPhoneが自動で再起動して、いつものリンゴマーク…。
さていよいよ脱獄した3Gの画面を見る事に成ります。

(つづく)

 

iPhone3Gを脱獄してみた。(2)

◆◆◆◆◆ 作業 ◆◆◆◆◆

さて、ここから以下は全て自己責任でお願いします。
作業環境はオレの環境(Mac mini & OSX10.7.2)の環境以外では取れてませんので、読者の方の環境で成功するかどうかは保証の限りではありません。

1)手持ちのiPhoneの確認。
取りあえず自分のiPhoneが作業可能かどうかを見極める必要があるので、必要な情報を確保しておきます。

[確認方法]

画面から、[設定]→[一般]→[情報]とタップ(クリック)してゆくと、以下の様な画面に出くわす。
ズルズルと下までスクロールすると、必要な情報が見れます。

その中の「バージョン」と「モデムファームウェア(BB)」の2つは最低必要です。
出来れば、画面のハードコピーを撮っておいて下さい。
その方が早い。(笑)

ちなみに、オレのiPhone3G の画面。(既に脱獄済み)
3g_.jpg
OSのバージョン 4.2.1(8C148)

恐らく殆どの人は、このOSバージョンにアップデートされてると思います。
しかし、モデムファームウェアの番号が、この写真と違うと思います。
恐らく皆さんのiPhone3Gは、05.14.02 か 05.15.04 に成ってると思います。

オレのは、すでに 06.15.00 に成っています。
これは、SIMフリー化アプリが、標準のモデムファームウェア(以下 ベースバンド/BB と呼びます。)だと、動作しないので、BBを書き換える必要があり、その結果 BBは、 06.15.00 に成った訳です。

これ以外のバージョンのiOSでは、古くても新しくても、今回の方法では一部の例外を除いて脱獄出来ません。

古いバージョンの場合は、iTune でアップデートするか、他所で古い記事を探してそちらを参考にして下さい。

2)必要なソフトの確認。
SIMフリー化のアプリは、脱獄しなきゃ手に入りません。
脱獄無しでSIMフリー化するには、専用アダプターを使うか、業者に情報の書き換えを依頼するしか今の所方法は無いようです。
と言うか、あっても素人が手を出すのは得策じゃないでしょう。

で、必要なアプリは、取りあえず脱獄用のアプリだけです。
これは何種類かありまして、機種やバージョンによって使えるアプリも変わってきます。

今回使用したアプリ。

3G用(3GSは持ってないので未確認ですが、動作するみたいです。)
 redsn0w_0.9.6_b5(脱獄用&BB書き換えMac用)
先述のBB書き換えは、脱獄と同時にやってしまおうって事です。

そして更にipswと言われる、iPhone用に設定ファイルが必要です。
 iPhone1,2_4.2.1_8C148_Restore.ipsw(iPhone3G用) 
 iPhone2,1_4.2.1_8C148a_Restore.ipsw(iPhone3GS用)

どちらか、ご自分の機種に合う方1つをダウンロードします。

先ずは、上記2ファイルをダウンロードし、分かりやすい場所に保存して下さい。

(つづく)

 

iPhone3Gを脱獄してみた。(1)

なぜ今頃、iPhone3G の記事なのか?

確かに散々アチコチで記事に成ってるんですがね、今となってはどれも用を足さない。

iPhone4S が無事発売に成って 3G/3GS/4 と言う旧機種が大量に出回る事が予想され、それに相まって今まで傍観してた入獄ユーザーがお試しで脱獄したくても、情報が古くて中々活用出来ない。
そう言った理由で、オレ自身も最終バージョンの3Gを脱獄させるのに、散々苦労しました。

なので、それらを踏まえて、忘備録程度に、記事を残しておこうと言うのが目的です。

正直、ネットで散見出来る猛者の方々の説明は、専門的すぎて素人には難しい。
取りあえず、ある程度の知識がある人じゃないと、単語の意味から調べなきゃ成らなくなる。
そんな手間ひまかけてまで脱獄だのなんだのってのは、普通の人ならしたく無いと思うのが当たり前。
でも、やっぱなんか「別世界が開けます!」的な謳い文句を見ると、興味は尽きない訳で…。
で、古いiPhoneが手元に残った事を良い事に、挑戦してみる事にした。

なんて、思ってるのはオレだけじゃ無いと思います。

で、思い切って実行した結果は、まぁ成功っちゃ成功だし、失敗っちゃ失敗なんですが…。
参考にしてたサイトが既に消えて無くなってるんで、念のために忘れない内に覚え書きを残そうかと…。

では覚え書き開始。(笑)

◆◆◆◆◆ 注意事項 ◆◆◆◆◆

以下全ての文章は個人が覚え書きとして残して置くもので、脱獄やSIMフリー化を推奨するものではありません。
すべて作業は、Macの OSX 10.7.2 上で作業しています。
それ以外のバージョンのMacや、WindowsPCで同様の作業が出来るかどうかはオレには解りませんよ。

また、全てのiPhoneが脱獄やSIMフリー化できる訳じゃありません。
特定のバージョン、特定のベースバンドを備えたものしか、脱獄もSIMフリー化も出来ないのです。

脱獄に失敗すると、二度と使えなくなると言うリスクもあります。
また、脱獄したiPhoneは、ソフトバンクやアップルの保証も受けられなくなりますので、修理には莫大な費用がかかる可能性もあります。

以下の通りに作業した結果、最悪iPhoneがただのゴミになっても、オレには一切の責任は負えません。
また、数々の情報は、オレがネットを徘徊して集めた者で、それぞれの情報データーの信用性、信頼性を保証するものではありません。

よって、この作業を実行する時は、全てのリスクを自己責任で、ご自分で背負って行って下さい。

◆◆◆◆◆ 目標 ◆◆◆◆◆

手持ちのiPhoneを脱獄&SIMフリー化して、プリモバ(SBM)か、b-Mobileの格安SIMで「電話」として稼働させる。

※今回はb-mobileのSIMが間に合わなかったので、プリモバのSIMを使います。

◆◆◆◆◆ 結果 ◆◆◆◆◆

手持ちのiPhone3Gは一応成功しました。
現在プリモバのSIMで通話に限り正常に稼働しています。
ちょっとした問題は抱えてます。

対してiPhone4は失敗でした。
なぜ失敗だったのかは後述。

◆◆◆◆◆ 手順 ◆◆◆◆◆

1)手持ちのiPhoneの確認。
2)必要なソフトの確認。
3)必要なデータ、情報の確認。
4)脱獄
5)SIMフリー化

と言う手順に成りますが、落とし穴は沢山あります

(つづく)

iPhone4S (笑)

多分、このタイトルのBlogは、今世界中で一番多いんじゃないかと思うんですけどね。(笑)

お察しの通り、オレも予約して14日に受け取りました。

ソフトバンクショップでの引き取りだったので、回線がパンクして一時は登録不能だったのですが、予定より、結局5時間遅れで登録出来ました。

で、4S。

3G〜4〜4S と流れてきたんですけどね。

ソフトバンクでは、今回3G、3GSからの機種交換に関しては、かなり優遇処置がとられてるんですよ。

残債のあるひとは、残債が免除されます。
一括で買ってる人は、6000円のキャッシュバック。

だそうです。

じゃ、オレみたいに、3G〜4〜4S と、それぞれの残債を毎度引き継いでる人には何か無いのか?と。
どう考えても、今まで3Gで頑張ってた連中より、ソフトバンクには貢献してる筈なんだが、なんで貢献してない連中が優遇されるんだ?

おかしくね?

特に、3G、3GS から4を経て4Sに来た人は、3G、3GS〜4Sの連中より、1機種多く買ってるんだよ?
おかしくね?
と、店頭で文句を言ってみたが、ショップのおねーさんにどうにか出来る話でもなく、めんどくさい客だと思われて終わっただろうと思う。(笑)

仕方が無いので、Twitterで、孫さんに直接呟いておいた。
まーどうなるかしらんけどね。

で、問題のiPhone4S

結論から言うと、「良い」。

まーApple製品を使う人だと、間違いなく満足する仕上がりだと思いますよ。

4と比べても、アプリの動作速度は目に見えて早くなってます。
漢字の入力もかなりスームーズに改修されてますね。

まだ、1日しか経ってないので、安定性は不明ですが、この分だと安定性も期待出来そうです。
ただ、バッテリーの消費があからさまに早いのはちょっとねぇ…。

あと、siri。

また2ch辺りで「尻」とか言われるんだろうけど、これも面白い。
日本語がわからないらしいので、英語で話すんだが、発音が悪いと聞き取ってくれない。(笑)

とりあえず、会話してみる。

オレ:「Do you understand Japanese?」
siri:「I don't know where you are. But you can help me find out….」

だそうです。(笑)
さらにしつこく…

オレ:「Can you speak Japanese?」
siri:「Sorry, I can't look for restaurants in Japan.」

あら。
別に、腹が減ってる訳じゃないんですけどねぇ…。
時間的に、飯の時間だからかな?

まぁ、この辺がジョブズ人格と言われるゆえんでしょうか?w

あ、そう言えば明日の予定はどうなってたっけ?

オレ:「What is my schedule of tomorrow ?」
siri:「You don't have anything on your calendar for tomorrow.」

あ、予定書いてなかったみたいですね。(笑)

いや、優秀ですわ、siri。(笑)

オレ:「What's up?」
siri:「hi.」

微妙だな。(笑)

いや〜、50前のオッサンが、薄暗い部屋で一人iPhone片手に、片言の英語で語りかけてる図は結構、淋しいモノあるよね。(笑)

重要な告知

KIYA-HENは、iPhone 導入によるメール処理の効率化を図るため、メールアドレスを変更します。

今までの携帯電話のメールアドレスは廃止しますので、現在の携帯アドレスへ送信されても6月以降は受信できなくなります。
お手数ですが、メールでの連絡は順次以下のアドレスへ変更してください。

kiya-hen@kiya-hen.net (イタズラ防止のため、全角文字を使用していますが、実際は全て半角文字です。)
尚、電話番号も同時に変更しますので、随時メールでお問い合わせ下さい。

また、KIYA-HENからの発信メールは、6月以降パソコンメールへ完全移行しますので、PCメールをガードしている方は、@kiya-hen.net の受信を許可してください。
許可されない場合は、KIYA-HENからのメールが受信できなくなります。

現在同ドメインで、3アカウント程のメールを使っていますが、@kiya-hen.net に関しては、従来のinfoと、このkiya-hen アカウントの2種類になります。

kiya-hen の方はiPhone で受信していますが、infoの方は受信していません。
KIYA-HENと、プライベートな関係の方は、kiya-hen@kiya-hen.net のアドレスをご使用ください。
infoに出されますと、確認までに数日掛かる場合があり、返信が確実に遅れますのでご了承ください。

また、お近くでKIYA-HENに連絡したいがメールが繋がらないと言っている方を見かけましたら、このアドレス(kiya-hen@kiya-hen.net)を教えてあげて下さい。
よろしくお願いします。