【馴染めない人】

この数年、努力したがやっぱ馴染めない人(人種?)が居る。
それは全然意識高くないのに「意識高い系」とか言われてる人たち。別名「ポジティブバカ」とも言う。
 

  • 本当に意識の高い人達は、群れたりしないんだよ。
  • 本当に意識の高い人達は、無意味な交流会には参加しないんだよ。
  • 本当に意識の高い人達は、変な和製英語なんか使わないんだよ。
  • 本当に意識の高い人達は、過度な自己顕示なんかしないんだよ。
  • 本当に意識の高い人達は、地味に人知れず努力してるんだよ。

 
本当は意識なんか高くない人ほど、群れて、趣旨不明の交流会を主催したり参加したり、世間じゃ殆ど通用しない和製英語60%の会話を好み、「専門用語で会話してる自分イケてる」って思い込んで、全然凄くない武勇伝で過度な自己顕示を好み、他力本願で誰かのアイディアに乗っかろうとする。
 
例えばね、既に成功を収めてるような著名人や実業家にくっついて、何か恩恵を得ようとか思ってるタイプの人は全然意識高くないから。

「こんな成功者とアライアンスして、グランドデザインをクリエイティブに遂行し、多くのイシューをソリューションすることで大衆にサジェスチョンしているボクは、キミたちとは違う階層の人間なんだよ。」とか思い込んでたりね。w

まぁ、金と名声だけが正義だと思いこんでるから、そうじゃない人の話なんかバカにして話半分も聞かないしね。w
  
って、あ~あ、また書いちゃった。w
これで、どのくらい敵が増えるかなぁ~?www
でも、ホント馴染めないんだよ。
彼らが低レベルに見えて、そういう人たちと交流すると馬鹿が感染るような気がしてならないんだよ。
 
そうならないように、マジ、もっと意識高く持った方がいいよ。w

とんでもねー記事を発見したので書く!

http://www.asahi.com/articles/ASJ807DWVJ80ULBJ017.html

まずは、コレを読んで欲しい。

10万年って書いてあるよ?

基地外なの?

10万年後って誰が生きてるの?
誰がちゃんと管理されてるか確認する気なの?
単なる責任放棄と同等じゃないか。

10万年も埋めなきゃならない、放射性廃棄物が出る原発って何なの?
てか、コレはもう事実上、人類には処理できませんと宣言してるのと同じなんだけど。

こういういい加減な状態でしか扱えない原子力を、一部の金満政治家と、電力会社経営サイドの強欲のために、国民の命と生活を犠牲にしてまで推し進めようとする原子力ムラには、本当に腹が立ちます。
彼らは原子力を推進するだけで、十分な重罪だと思う。
法的処分が難しい状態ならば、超法規的処置として彼らを処分する必要があると思います。
其の上で、本当に10万年もかかるならば、彼らの子孫にその役目を果たしてもらいましょう。

この記事を読んでも、原子力は必要だという論調の方は、もう始めっから責任とか考えてない、その場しのぎで自分さえ良ければいいって言う糞野郎だと認定します。

つか、オレに認定されても痛くも痒くも無いでしょうけど、とりあえず認定します。w

【シェッタガーリア見てきた!】(長文だよ。w

FBのTLでも書いたのだが、あとで振り返れるようにと、思い入れが強すぎて加筆。
澄川モダンタイム。
キヤヘンの札幌イチ推しバンド「BADSIGN」のライブだったんですが、オレ的にはちょっと申し訳ないが昨夜の目当てはトリのシェッタガーリアでした。
(ゴメン親分!)今から30年程前、札幌や小樽で話題になってたアマチュアバンドのシェッタガーリア。
当時、誰もが当然メジャーデビューするだろうと思ってた。
革新的と言うほどの音楽センスと、ロックと演劇、ロックと舞踏等、芸術・文化と言われるあらゆるジャンルと融合しつつ独自の世界観を描いていた。
音楽と演劇の融合というとミュージカルを連想する人が多いかもしれないが、そのステージ自体は純然としたロックコンサートのステージなんですが、小芝居をふんだんに取り入れ、まるでコンセプトアルバムを映像付きで聞いてるような、そんな不思議な感覚でした。
もう、アマチュアとかプロとかっていう枠組みでは語れない、本物のアーティストと言うか、表現者集団だった。
オレ自身、当時シェッタガーリアとライブで対バンに成ったことがあって、その時に聞いた「ワルシャワの貴族」って曲と、「東京モダンボーイ」が頭から離れない訳ですよ。
ワルシャワはエンディングのあのフレーズと、東京モダンボーイのイントロフレーズは、今でもすぐに出てくるほどのインパクトで頭のなかでもう30年もヘビーローテーションされてますが、当時から人を寄せ付けないオーラが出まくりのミミさんには、、オレもビビって声もかけられなかった。
(だから、その時のことはミミさんは覚えてないそうですが…w)それから20数年して、そのミミさんからメールが来て、郎平にギタリストとして数年在籍し、その後はジプシーローズでギターを担当してました。
その間、1度だけシェッタガーリアのライブがあったんです。
その時は、オレ自身もシェッタガーリアのギタリストとして参加させて頂き、なんと歴代正式メンバーの一人として名前を連ねさせて頂きました。
(感涙)でも、その時のライブは「封印」ライブでもうシェッタガーリアは演らないって話だったんです。
なので、オレはメンバーとして迎え入れてもらった喜びと、「もうシェッタは聞けない(見れない)んだ。」と言う悲しい気持ちで複雑だったことを覚えてます。
で、ある日FBでBADSIGNのライブ告知がされて、よく見るとそこにはシェッタガーリアの文字が。
「??????」となって、とりあえず経緯を知ってそうな人何人かに聞いてみたら、みな「知らない」と…。
流石にヘタレなオレは、ミミさん本人には恐れ多くて聞けませんでした。w

とりあえず、「このライブは絶対に見逃せない!」ってことで、行ってきました。
あの当時の珠玉の名曲がなんと、バンド形式ではなく、本当のオリジナルメンバー山田昭雄氏とのデュオという形で演奏されました。
マノンレスコー
チゴイネルワイゼン
畸形の薔薇
浅草アバンゲール
アモーレアミューズ
そしてアンコールにはなんと新曲!(題名不明)で締めました。
札幌のカリスマ、伝説のバンドシェッタガーリア。
バンド形式ではなく、本当のオリジナルメンバー山田昭雄氏とのデュオという形でしたが、そこには紛れも無くあの時の伝説が有りました。
でも「あの日のサッカリン」とか、今なら放送コードに引っかかりそうな歌詞だよな。www
「戦争で死ねなかった貴方の為に安らぎを与えてくれる白い牢獄」このシェッタガーリアの曲達は、青春時代だったオレの音楽性に大きく影響してて、自分では殆ど意識してなかったが、今現在オレの作曲やアレンジの中で随所にその影響の片鱗が見え隠れしていることに自分で気付いて、改めてシェッタガーリアのオレに対する影響の物凄さを感じている。
同じ意味で、オレのギタースタイルもサーベルタイガーの木下さんの影響を大きく受けている事に気がついた時はちょっと驚愕だった。w
シェッタにしてもサーベルにしても、どっちもオレの中では大切な青春時代の思い出のバンドであって、思い入れが強いからこそ、必要以上に影響を受けたくなかったので、敢えてコピーもしてなかったが、それでも随所にその影響が現れるほど骨身に染みているということなんだろう。
このライブ当日、マノンレスコーから始まったライブ演奏は、弾き語りながらあの当時のあの雰囲気を更に深化させたような独特の世界が広がっていた。
当時20代だったミミさんの歌う姿は今でもDVDで見ることが出来、むしろ今は殆ど歌うことがないせいも有り、当時のシェッタとはまた別な趣があることも確かだ。
完成度や世界観の深さみたいのは、実は今の今回の弾き語りの方が凄いのだ。
DVDで見る当時のシェッタガーリアは、ミミさん自体が若かったせいもあって、若干の背伸び感を感じ取れる。
それでも当時はこの状態でベストだったろうし、またこの当時のシェッタガーリアに酔いしれたことも確かだ。
しかし昨夜のシェッタガーリアは、当時の粗さや若さを全て振り捨て、成熟したものとして仕上がっている感があった。
どの曲も、よりその深みを増して迫ってくる。
激しいドラムも、うねるベースも要らない。
必要最小限のオルガン・ピアノ・ガットギターだけの演奏で、あの当時よりも深く激しい世界を作り上げてしまうところにこそ、シェッタガーリアの真価を感じた。
家へ帰ってきてDVDを見ながら昨夜のライブを思い出してみるが、正直詳細はよく覚えていない。
しかし、その場の雰囲気と言うか、あの空間の深さというか、そういったものだけはしっかり体に刻み込まれている感じだ。
そして、この昨日の曲達は、既に30年前に作曲されていたと言うこと自体が驚愕の事実だと思う。
この才能はハンパなく尋常じゃない。
セットリスト自体は、終わってから見れば、シェッタガーリアとしては順当な選曲であると思うが、畸形の薔薇が始まった時、そのイントロが流れた瞬間、会場からどよめきが起こった。
つまり、今回はそれだけシェッタガーリアに期待してきたお客さんが多かったということ。
モダンタイムは人に溢れ、会場は蒸し暑く、煙草の煙で空気も淀んでおり、シェッタガーリアが始まるまでの時間がものすごく長く感じたが、いざ始まってしまうとあっという間に終わってしまった。
もっと聞きたいと思うが、もっと!っと思う程度が多分ちょうどいいのだろう。
足りない分は次の機会にまた聞きに行けばいい。
しかし、次は果たして何時になるのだろうか?あまり頻繁にやられても有り難みが薄れてしまうが、我々は人生後半戦も半ばに差し掛かっているので、あまり間隔が空いても切ないだろう。
そういうことを考えると、やはり昨夜のシェッタガーリアライブは、札幌の音楽人にとっては見逃せないマイルストーンだったんじゃないかと思う。
シェッタを知らずして札幌の音楽シーンを語るべからずと言っても過言じゃ無いほど、札幌の音楽シーンの礎を作ったバンドなのだから。
今札幌の音楽シーンで活躍している若い人たちは、ミュージシャンも裏方さん達も、すべからくその礎の上に自分たちが成り立っている事を自覚して欲しいと思う。
今「アマチュアのライブ会場にお客さんが来る」という状況を作ったのは紛れも無く彼らなのだから。

さて、選挙が近いから話が濃いよ!w

自己主張するってことは、自分にとっての敵味方をハッキリさせる一つの方法だと思うのですよ。

その自己主張の中身に嘘があった場合、本来敵であるはずの連中が勘違いして味方だと思って寄り添ってくる。
しかし、実際には敵なのでどこかで手のひらを返される訳ですよね。
 
どんな場面でも、嘘がまじると判断を誤る。
嘘を見抜く力が必要だと言われるが、本来ならば嘘はつかないってのがデフォルトであるべきなんだよね。
だけど、人間は悲しいかな性善説は幻なんですよ。
クリスチャンの人ならわかると思うけど、人は罪深きものなんですよね。
だから、嘘もつくし悪いこともする訳です。
だから、嘘を見抜く力が必要なんですね。
 
さて、こんな当たり前の話がなんで今されてるか?
つまり「政治家の嘘を見抜けよ!」って事なんですよ。
我々有権者が自国の命運を判断する材料は基本的に政治家の言葉しかないんです。
その政治家が嘘を言ってたらどうしますか?
 
「基本的人権は無くしません。」とテレビで言ってた自民党政調会長。
その彼女が参加してるとある民間団体では、「国民主権、基本的人権、平和主義〜〜〜この3つを無くさなければですね、ホントの自主憲法にはならないんですよ!」って言ってる元法務大臣に拍手喝采な訳ですよ。
でも、自民党の憲法改正草案の中には成る程ちゃんと残ってる。
でもね、信じられますか?って事です。
 
あれは「草案」に過ぎないんです。
安倍総理は「(改正案は)これから考える」と明言してます。
つまり、あの草案は今後討議の結果変更される前提で作られてる叩き台でしかないんですね。
保守派のネトウヨ工作員は、まるであれが最終結論みたいに言いますけどね、けしてそんなことはない。
自民党が連立でも2/3以上の議席を取れば、あの草案を叩き台にした国家主義憲法に書き換わるわけです。
 
本来ならば表に出てこないようなビデオが最近出回ってます。
あの得体のしれない民間団体の講演会のビデオです。
前法務大臣が「国民主権、基本的人権、平和主義〜〜〜この3つを無くさなければですね、ホントの自主憲法にはならないんですよ!」って言ってるあのビデオです。
あれが本音です。
 
これまで、憲法は触れてはいけないものでした。
自民党はその憲法を必要であれば変更できるものにしようとしています。
あとは簡単です。
国民を縛る法律をポンポン作れば良いだけ。
「そんな事するわけがない!」と思ってる保守派のあなた。
そろそろ思考停止したまま日和るのは止めましょう。
 
するんですよ。
特にこの安倍政権は「国民の理解を得てるとは言いがたい。」と総理自ら語った安保法案を「十分審議した」と言い張ってえげつない方法で強行可決させてます。
また、国民の権利を左右するような特定秘密法案も、どさくさに紛れて可決させてます。
そういうやり方をする内閣なんですよ。
最後は憲法改正。
こうして、日本は旧ナチスドイツみたいな安倍総理による独裁国家に変わってゆくわけです。
陰謀論でもトンデモ論でも何でもない。
今までの自民党の動きを見ていれば、この程度のシナリオは読み解けるレベルでしょう。
 
最初は穏やかに、最終的には国家主権を成立させて、国民を実質的に奴隷化させるでしょう。
だから、当り障りのないことを言って国民の味方のような顔をしてるわけですが、彼らは味方ではありません。
 
むしろ、謀反を起こそうとしてる訳です。
国民主権の現在、政治家は「国民の代表」であって、「統治者」ではありません。
そんな彼らは、自らが合憲的に「統治する為」に憲法を書き換えようとしてます。
その企みは狡猾に進められて来ました。
今回の選挙はその企みにとって大きなターニングポイントになります。
歴史に残ります。
 
だからこそよく考えて、本当に憲法変えちゃっていいのか?って部分を深く考えてみてください。
「憲法変わっても、国民生活は大した変わらんよ。」と思ってるあなたは、特によく考えてください。

で、選挙が近いがホントにこのまま自民党で良いのか?w

で、選挙が近いがホントにこのまま自民党で良いのか?w

 
「国民の生活が大事なんて政治はですね、私は間違っていると思います。」とかサラッと真顔で言う自民党政調会長の稲田さんとか、「国民主権、基本的人権、平和主義〜〜〜この3つを無くさなければですね、ホントの自主憲法にはならないんですよ!」とか言っちゃってる元法相の長瀬さんとかね、自民党選んだら憲法を国民主権から、国家主権(君主主権)へ変えられてしまうよ。
 
もうね、アベノミクスが〜とか、9条がどうしたとか、TPPがどうのとかって問題じゃないんだよね。
もっと根本的なところからヤバイんだよ。
 

今の自民党は中道右派じゃ無くて、極右だからね。

黒バスの右翼団体と何ら変わりない。

 
そんな連中に国を任せて良いのか?って本気で考えた方がいいよ。
特に思考停止中の中道右派とか、保守派とか言われるみなさん。
自民党に任せときゃ安心とかね、今は1955年じゃ無いんだよって事を真剣に考えた方がいい。
 
昔は、社会党が自民党の独走を阻止していた。
だからこそ、元々右翼だった自民党は中道に収まってただけであって、今、自民党を抑える野党勢力が事実上無くなってしまっている状態で、自民党はいよいよ本格的に右翼としての本領を発揮しようとしてる訳。
ネトウヨが工作員として暗躍し、じわじわと思考停止層を洗脳してる。
戦後教育の賜物で、「なんとなく自民党支持してれば安心…」見たいな狂った考えをマトモだと思い込んで、考える力が無くなってるのを良い事に自民党の洗脳は着々と進んでる。つまり野党に力が無くなってる今こそ、自民党は独善的な政治を好き勝手に進めることが出来る訳。
 

オレはね、今思うとあの2009年の民主党が圧勝した選挙。

あれすらも、自民党の工作じゃないかと疑ってる。

つまり、他党の出来の悪さを国民に知らしめる為に敢えて政権を譲ったと思のだ。
当時の民主党の政治はハッキリ言ってグチャグチャだった。
国民の支持は民主党をはじめとする当時の与党勢力(つまり現時点での野党勢力だな)から殆ど離れてしまった。
 
となると次は自民党圧勝が確約され、悲願達成のチャンスが訪れるわけだ。
 
その自民党の悲願は、戦後直後から言い続けてる「憲法改正」にある事は今更説明の必要も無いだろうけど、今回争点隠しと言われてる部分でもあって、なんで隠すかって事をよく考えた方がいい。
つい先ごろまで憲法改正が悲願とか言ってた奴らが、選挙に成ると経済の話しかしなくなる。
何故だ?
 

人は疚しいことがあると隠したく成るものだよね。

つまり、悲願の「憲法改正」は国民の意思に反しているってことでしょう。

だから隠したい。

この前の安保法制もそうだった。
「国民の理解を得てるとは言いがたい。」と総理本人がテレビで言ってたのに、その3日後には強行採決されてる。
国民の理解を得られてないものを議会が勝手に可決して良いのか?
主権は何処にある?それこそ憲法違反じゃねーのか?と思う。
 
これで連立でもなんでも2/3以上の議席が取れれば、経済政策よりも憲法改正に力を入れるのはもう明白なんだよね。
強行採決なんかしなくともすんなりと可決されちまうだろうから。
そして国家主権(君主主権)に書き換えられたら、議会が「もう選挙制は止めて、世襲制にしよう。」とか言い出すと、それも簡単に決まるんだよ。
そうすると北朝鮮見たいな血族に依る完全独裁国家の出来上がりだ。
 

もうアベノミクスがどーしたとか、TPPがどうのとか言ってる場合じゃない位に緊急事態だってことに気がついてほしいね。

 
で、下のリンクを見てくれればわかると思うが、未だかつてコレほどの暴言を聞いたことが無いくらいに狂った発言を真顔でしてるんだから、本気で考えた方がいいと思うよ…。
 

【東京都小金井市アイドル刺傷事件…その後】

最近は報道も少し下火になったけど、被害者はまだ意識不明重体のままなんだろうなぁ…。

こう言う基地外は社会に必要ないので、裁判無しの問答無用で これ以上ない残虐な殺し方で自分のしたことをじっくり後悔させながら死刑にすりゃいいと、心の底から思うよ…。 それでもまだ足りない程の凶悪殺人行為だ。

http://www.sankei.com/affairs/news/160607/afr1606070036-n1.html

【アイドル雑感】

またアイドル?つーか(シンガーソングライターらしいけど、)若い女の子が襲撃されたね。
 
芸能人は「芸」を売るのが商売だが、巷のローカルアイドルは何を売ってるのだろう?
「太もも」かな?w
 
またこういう事書くと反感買って関係者から無視されたりバッシングされたりするんだろうけど。w
歌も下手クソ、踊りもショッパい奴が太ももと胸の谷間で金取ってるのを見ると「良い乳してるね!」とか「良い太ももしてるね!」としか声のかけようがない。
でも、そう言うと「キヤヘンは巨乳フェチだ!」とか「太ももフェチだ!」と非難されてしまうんだが…。w
 
だったらオレを批判する前に、太もも以外の「芸」を磨けよとか思う。w
あ、勘違いして欲しくないのは、「人並みに出来る」のは「芸」じゃないから。
「人並み以上に出来る」から「芸」として認められるわけ。
つまり、カラオケレベルの歌なんか「芸」の内に入らないから。
そんなんなら、オレでも出来るわ。www
 
AKBの打ち出した「会いに行けるアイドル」が今時のアイドルの基本コンセプトになってて、既に

「芸」を売るのではなく「密接な関係」を売るのが、暗黙的なアイドルの定義に成ってしまっている。

コンセプト自体が「会いに行ける」とか言う性的魅力を暗に押し出した「芸」とは無関係なところを売りにしてるわけだ。
つまり「女」を売ってるのと等価だろ?
これは「性的なサービス」を行ってると言えるんじゃないかな?
一種の性風俗関連特集営業の無店舗型営業と等価だな。
つまり、デリヘルやテレクラと同等ってことだ。w
わかりやすいところで、ガールズバーなんかも同じだろう。
一応「深夜酒類提供飲食店」として営業してるが、実態は若いオネーチャンが露出の激しい衣装でカウンター越しの「接客サービス」をしている。
これは隣に座らないだけで、キャバクラ等の風俗営業と感覚上は等価な訳だ。
 
だとすれば、「密接な関係」を買ったキモオタからしたら、「密接な関係」を迫って然るべきと思うだろうな。
「芸」ではなく「密接な関係」を売ってるわけだから、買った方が密接に成れなかったらそりゃ怒るだろうさ。www
其れを拒否したら「ちゃんと仕事しろよ!」と思われても当然だろうしな。
つまり、芸の無い「会いに行けるアイドル」は自らストーカーを製造してるに等しい。
  
別に犯罪者を擁護する気はサラサラ無い。
むしろ今回の基地外キモオタ見たいのは、社会にとって「百害あって一利なし」なので、即刻死刑でもいいくらいだ。
 
しかし、演者側はもう少し、自分たちの立ち位置ってやつをちゃんと考えた方が良いと思うよ。
芸の無い奴、芸を磨く気のない奴は、芸能に手を出すなよ。
真面目に芸を磨いてる奴の邪魔に成るだけだから。
 
それにそんな「密接な関係」を売ってる「芸NO人」が、極端なストーカーを産むような歪んだ環境を作ってるって自覚を持って欲しいね。
ストーカーに成るような奴は、頭がオカシイからアイドルもシンガーソングライターも「若い女」なら全部一緒に見えてる訳でね。
金を払えば「密接な関係」に成れると思い込んで、事件を起こす。
その御蔭で勘違いしたキモオタが、シンガーソングライター(彼女には曲を作りそれを奏で歌う「芸」があった)を刺し殺すという痛ましい事件が起きたと言っても過言じゃないと思うよ。
 
あーあ、書いちまった。w
これでまた、関係者各位から恨まれるんだろうなぁ〜。www

最近気になってる事。(帽子)

実は、最近というか結構前から気になってたことがある。

それは、ニット帽。

勿論、偶にしか被らない人も沢山いるので、そういう人は除外するが、多分ニット帽愛好家としてはそういう人は少数派か、別に愛用しているわけではなく、TPOに応じて被っている程度と思われるので、ココでは割愛する。

オレが気になってるのは、常時ニット帽を被っている人だ。

何が気になるのかというと、

●四季にも時間にも関係なく何時でも必ずニット帽をかぶっている。

この常時被っていると言う心理に非常に興味がある。
まず、他の種類の帽子を愛用している人は、流石に部屋の中では帽子を取る人の方が圧倒的に多い。しかし、ニット帽愛用者は部屋の中でも取らない人が圧倒的に多い。
文字通り、四六時中ニット帽を被っているのだ。
この心理は一体どういうものか…?
何か見られたくないものが頭の上に乗っているのか、もしくは頭髪の状態が思わしくない…(ハゲ)…のか…。
そういう妄想が働くニット帽の愛用者達。

で、彼らの行動パターンに何か共通性がないかと思い、色々観察したりググってみたりしてみた。

一番最初に出てきたのは、

1)「自意識が強い」

つまり、帽子を被ることで自分を目立たせるということらしい。
ただ、この場合の帽子はニット帽に限定されておらず、むしろニット帽以外の帽子に関しての意見のようだ。
なので、あまりオレには参考になってない。

次。

2)「周りに流されない我が道を行くタイプ」と書かれていたのは、恋愛相談系の女性向けサイトだった。つまり、意中の男性を落とすには?みたいなハウツー記事の中に、「ニット帽をかぶる男性」についての女性目線での分析が載っていた。

そのサイトの記事を抜粋しておきます。

「ニット帽は日本人には似合いにくいと言われています。だからこそ着こなしてやるぞという、このタイプの男性は、我が道を行く人が多いでしょう。周りに流されないので、一般的にかわいいと言われている女性にもなびかないこともしばしば。このタイプの男性を射止めたいなら、まず彼の好きなものを聞いて、理解することから始めましょう。服装や趣味にも独自のセンスを持つ場合が多いですが、そんなときは『そのアクセサリーを選んだあなたのセンスが素敵』など、彼に寄り添うことが大切。私はあなただけのことが知りたいのですと伝えられれば、あなたへの興味が沸いてくるはずです」

だそうです。
なんとなくですが、分かる気がすると行った分析で中々鋭いなともう所もあります。

次。

3)「自分の頭の中の世界を隠したいという潜在的欲求を持っている人がいて、こういうひとは帽子をかぶることによってほかの人に自分の頭の中を覗かれないだろうという期待をもっている」

これは、OKWAVEに掲載されていた帽子をかぶる人に変わった人が多いと思うがどうなのか?と言う質問に対する答えの中から抜粋したものです。
あーなるほど!って感じだ。
確かにそういう素振りは有る。
自信があるのか無いのかよくわからない感じで、頑固なくせに自分に自信がないって感じする。

次。

4)「いつも帽子をかぶっている人は、自己顕示欲が強い人であり、自分はこんな人間だという個性をアピールしたがる人であります。帽子をかぶることにより、自分らしさを表現することができますし、自分は他の人とは違うんだと差別化を図ることもできます。
また、帽子をかぶることで、身長も高く見えますから、自分を大きく見せたい願望の現われでもあります。さらには、本当の自分を隠して、理想の自分になろうという願望も内に秘められています。
特に、いつでもどこでも、野外でも室内でも、暑くても寒くても帽子をかぶっていて脱がない人は、まさに、帽子が自己表現の一部となっており、トレードマークになっていると判断するとよいでしょう。」

これは、最初の意見をもっと詳細にした感じですね。
特に、「個性をアピール」「他人との差別化」と言うのは当たってるかもしれません。

まぁ、あとはこのどれかと同じような意見ばかりなので、割愛。
で、最後にオレの経験則からの、ニット帽愛用者から感じることを書いておこう。

5)自己顕示欲が強く、他人との差別化を図り、「自分はこうだ。」と言う自分定義や、「かくあるべき」的なポリシーが割りと明確だが、現実の自分がその通りじゃなくとも、自分定義を曲げない頑固さを持つ。
其の割に臆病者で、自分に自信がない事が多く、自分を特定されることを嫌う。
そこに第三者の指摘を受けると、逆上するか、異常に落ち込むかの両極端である。
また自分を見透かされることに異常な不安を感じているようで、他人の人生相談等には積極的に乗るのだが、自分の経歴や悩みなどはあまり話したがらない。
しかし、武勇伝的な話や自分が如何に特別であるかをアピールできる内容だといきなり雄弁に成る。
サブカル系に多いタイプで、かなりオタク寄りな感じがするが、いわゆるオタクともちょっと違う。いわゆるオタク系は、空気を読まない奴が多いが、このニット帽系はむしろ空気を読むのが上手い。しかも特定ジャンルにおける知識や技術はオタク以上に卓越している場合が多いので、その分自意識過剰気味で自己顕示欲も強いが、社会性もあるのでオタクの様な社会から孤立した感じにはならず、むしろ人望厚く多くの支持者を従えてコミュニティーの頂点に立っている場合も多々ある。

まぁ、オレの分析はこんな感じだ。

幾つかのサイトに載っていた分析とほぼ同じだが、むしろ皆同じように感じて居るんだって事が確認できてちょっと安心している。

一言で言えば、「自己顕示欲の強い臆病者」と言うことなんだろう。

確かに、そういった傾向が見て取れる人が多い。

突然パスコードが効かなくなった…。

さて、目覚めると何故かiPhoneの指紋認証が効かなくなっていて、パスコードの要求を求められたんだが、そのパスコードも受け付けなくなっていた。
何度か試すウチに、1分間iPhoneが使用できませんとの表示が…。

1分後にもう一度トライ。
すると今度は、5分間使用できませんと表示が。
5分後にもう一度…と思ったんですが、短気なオレにそんな時間が待てるはずもなく、初期化してバックアップからリストアしてやれと言う、乱暴な手段に出ることにした。
作業を始める前に、いつものネット検索。

しかし、毎度思うんだが、殆どの場合、誰かがこういった問題に対する対処法をブログ等にアップしている。
すごいなぁ〜と思うわけです。
オレは、彼らのアップした記事を探して読んでるだけで、自分で何とかしようとしているわけでは無く、彼らの残した記事の通りに試してるだけ。
対して彼らの中の何人かは、本当に0かは対処法を模索しているんだろうと思うと頭がさがる。

で、オレのiPhoneは普段はsiriがOFFに成っているので、パスコード忘れた時の裏ワザは使えない。
(この裏ワザヤられると、パスコードのロック全く無意味なんで、オレはsiriを切ってるわけだが…)
残された道は、iCloudでiPhoneを探すを使い、iPhoneを消去して、再セットアップする手法。
因みに、手動で初期化するときに「iPhoneを探すをOFFにして下さい。」って言われるんで、こいつがONになってると、iTuneに繋いでも無駄ってことなんだ。
で、iCloudしか手段が残ってないので、迷わず実行。

完全なバックアップは、2月に末にとってあるので、それを使用する。
なので、3月に入ってから、今日までの記録はすべて失われるが、まぁ仕方がない。w で、なんとか無事復旧したわけだが、原因は何だったんだろう?
一番最近やったことは、任天堂のアプリをインストしたことだ。
まさか、それが原因じゃないだろうな?
任天堂のアプリ通して誰かがシステムをクラックしてるとかじゃないよね?

ネットじゃ殆ど「勝手にパスコードが突然変わるなんてありえない!」って書いてあって、似たような症状の連中はみな一様に「ありえない!」と一蹴りにされてる。

だとしたら、もうハッキングされてる意外に考えつかないんだが…。
情報欲しいなぁ〜。。。

ASUS VivoBook E200HA を購入してみた。

先日新発売に成ったASUS VivoBook E200HA を購入してみた。
仕事で使う、802.11ac が使えて安くて軽いPCを探していたら、これが新製品で出るって話をキャッチして、発売と同時に購入した。
まぁ、他社で条件にハマるPCがは何台かあったのだが、昔からASUSとACERのマシンは好きだったので、あえてコレにしてみた。
 

 
●良い所
カッコイイ:新型MacBookっぽい佇まい。
安い:新品で送料込みで35000円を切る。※ネット通販
軽い:重量は1kg未満。
小さい:サイズはMacBook Air 11inchなみ。
802.11acが使える。:仕事上どうしても必要だった。
新製品なので綺麗で快適。:まぁ当たり前だ。w
    
●悪いところ
液晶画面がTFTじゃない。:斜めから見ると色が玉虫になる。
ストレージが32G:SDカードで+32G挿せるが、Win10を入れると、ほぼOSで目一杯になるので、使いたいソフトによってはコレじゃ足りないかもしれない。
重い作業は苦手:これは、他社も含めてこのAtomモデル全般に言えることなので、気にしなきゃ気にならない。
トラックパッドの反応が変。:よく判らん。w
    
届いて、まず箱を開いて中身を確認。
本体とACアダプターと、数枚の紙が入ってるだけだった。w
ちょっと拍子抜けしたが、まぁ当たり前かな。
で、電源ON。
セットアップ画面になり、一通りの作業をして再起動と思ったら、更新されたファイルをダウンロード中と言われ、暫し待つことに。
何回か再起動してやっとOS起動。
Edgeを起動してgoogleとか表示させようと思ったら、証明書Errorで表示できず。
なんじゃらほい?と思ってググると、どうやらPCの日付が過去になっていて、サーバー証明の日付との間に離反が起き、Errorになって、ブラウザが表示を拒否することらしい。
なので、手動で時間を修正して完了。
問題なく動く。
     
プリインストールされているマカフィーが重たいので、削除。
替わりに、キングソフトのインターネットセキュリティーに換装。
無料版を使ってるが特に問題なし。
むしろ、起動が早くなった。
   
自分用に調節して、翌日から早速仕事で使ってるが、外で使うときにどうしてもトラックパッドを使うのだが、動きがイマイチ把握できない。
Macと同じつもりで、触ってしまって、思った動作をしてくれない。
左右ボタンが、トラックパッドと一体化してるため、ボタンを押そうとして、指がちょっとでもズレるとカーソルが動いてしまって、狙ったところをクリック出来ない。
これは結構現場ではイライラします。
ボタンは別パーツにして欲しかったなぁ…見た目はカッコイイんだけど、Macとはクリックの概念が違うんで、ちゃんとセパレートに成ってないと苦しいですね。
   
全体としてはまぁこんなものだろう。
元々、タブレットにキーボード付いたようなシロモノなんで、其の程度の動きをしてくれれば文句はなかったので、これで用途は足りてると自分では納得している。
メインはMacなので、このVivobookには余計な期待はしてない。
新品で綺麗でなんとなく見た目にイケてるかんじがすればOK。
   
でも、タブレットPCなんてそんなもんでしょ?
文章作業以上の仕事はできないと思って正解だと思うんで。