【KIYA-HEN 的SNSの使い方】

みなさんは、Facebookなどの投稿型(日記型?)SNSのは何のためにやってるんでしょうかね?
親しい仲間との連絡用?
それとも、新しい世界へ向かって発信用?

まぁ、オレは基本的に宣伝として割り切ってるところがある。
なんせ、人前に出てナンボの世界で生きてるので、やっぱ目立たなきゃダメ出し、其のためにはメディアに露出するのが手っ取り早い。
しかし、所謂メジャーの芸能人じゃないから、テレビとかラジオとかってのは限界があるので、やっぱネットに頼ることになるわけだ。

最近、ロンブーの田村亮が地上波復活を目指す!なんて記事を見かけたが、彼はメジャーな芸人なので、トラブルごの復帰も地上波って事なんだろうね。
あえてネットは後回しというか、其のへんがメジャーの意地なんでしょう。

【ネットで目立つにはSNSは必須】

Facebook、Twitter、Instagramくらいは最低必要でしょう。
他にもスナチャや、音楽系ではTik Tok、動画系ではYou Tubeの他にも、17やB612とか、多種多様なSNSが存在するので、使えそうなものは使ってみるってのも有りかも。

で、先ずはフレンドを増やすことに成るわけだが、このフレンド増やすっての、Facebookだと、1500人を超えた辺りから数千人までは、勝手に増えだす傾向にありますね。
勿論、日頃からコンスタントに発信してるって前提が必要ですが、そうなってくると世界がどんどん広がっていきます。

同時に、自分にとって良くない人も増えていきます。
如何わしいサイトやグループの勧誘とか、一般人でもヘイトや政治的志向の極端な人とか、異常に図々しい人なんかも含めて、まぁ面倒くさい人も混じりだすわけです。

【うざいっすよね?そう言うの】

で、オレは考えたんです。
幾ら宣伝目的とはいえ、自分と感性の合わない人とフレンドでいる必要はないなと…。
感性が合わなくてもお金くれる人なら大事にしますけど、そうじゃないならなんでわざわざ苛つく奴とフレンドにならなきゃならないのか?嫌ならフレンド切って、それでもウザいならブロックで良いんじゃない?って感じ。

其のために前哨戦として自分の発言(発信)が有るわけで、そこをどうするか?って話を考えてみた。

【歯に衣着せぬ】

結論から言うと、「歯に衣着せぬ」という所でしょうか。
これは無神経にズケズケと言いたいことを言うのとは違います。
ストレートに自分の思うことを言葉にするって部分は同じですが、そこに心があるかどうかが違います。
意見が違っても認め合える人も居ますし、そうじゃない人も居ます。
思いやりを持って発言する事が必須で、其の上で素直に意見することで、意見の違う人とぶつかっても、相手のタイプを知ることが出来ます。
そうなると、其の相手がブロック相当か否かを判断しやすくなり、自分にとって不要と思われる相手を適切にブロックできるようになります。

そうすることで、自分のコミュニティーの健全を守ることに繋がります。
これは自衛手段としてはかなり初歩のレベルだとは思うんですが、意外と出来てない人が多いんですよね。
妙に遠慮がちで「こんな事書いたら嫌われる…」と言う心理が働くのでしょう。
気持ちは判るんですけどね。

しかし、自分を理解してくれる人たちは、そう言う部分も含めて理解フォローしてくれてるわけで、そう言う人達こそ大切にしなきゃならない訳ですから。
自分を理解してくれない、攻撃的かつ異なる思想の人を大切にするよりも、自分を理解してくれてフォローしてくれる人を大切にする方が重要だと思うからです。
其の見極めのためにも、発信は「歯に衣着せぬ」と言うのが結構重要じゃないか?と思うわけですよ。

フレンドやフォロワーが1000人超えたらちょっと考えても良い話だと思いますよ。😊