【連休オワタ その1】

で、今年の大型連休も終わったわけですが、この連休はパソコンのメンテナンスと、原付きスクーターのメンテナンスと、連休明け用の書類作りに使ってしまいました。
しかも、連休最終日に、Google Drive のデーターが綺麗サッパリ無くなってることに気が付き、連休終わりと共に、人生も終わらせたい心境に成ってると言うね…。😭

でまぁ、そんな連休なんですが、色々成果も出てるんで書き留めておこうかと…。

【パソコン】

元々は、DOSから入ってるんで、NECのPC9800に始まって、PC/AT互換のDOC/Vからの、Windows3.1〜WindowsXPまで使ってました。
Windows7が出た時に、知人に古いMac(G5)を譲ってもらって、このOSXがメチャクチャ使いやすくて、WindowsからMacに乗り換えたって経緯も有るんですけどね。
あれから10年。
今じゃ殆どMacなんですが、まだまだWindowsじゃなきゃダメな部分がありまして、どうしても両刀使いに成ってしまいます。
それでも、今では殆どのことがMac1台で完結してるので、年に何度もWindowsを起動させることは無いんですが、そんな状態なので、ウチのPC/AT互換はほぼ放置プレイなんです。
なので、年に1度位は起動させてシステムやハードウェアのチェックなんかをするんですが、今回はラップトップが3台と比較的少量だったので、余裕で始めたんですが、開いてみると1〜2年放置に成ってるので色々時代遅れに成ってて、イマイチな感じなんですね。
特に、Windowsは去年(2018年)の暮れに、バージョン1809がリリースされて、当然ウチのPCたちはもっと古いバージョンで動いてたんで、アップデートと言う事になったんですが…。

【今回のテーマはデュアルストレージ化】


ウチでメインのWindowsPCは、東芝DynaBook R734/Mと言う、法人モデル。
13inchの画面で、カメラとかDVDとか余計なものは一切付いてない。
本当にただ起動するだけのモバイルラップトップなのです。
デフォルトでmSATAのSSDのが内蔵されてて、Windowsの起動も早い。
まぁ、最近のWindowsの起動が早いのは、Win8から起動方法が変わったせいでも有るんだけどね。
UEFIっつー技術をつかって、BIOS画面をすっ飛ばしてるので体感上起動速度が従来の半分以下になった様に感じるってやつだが、詳しく説明してると、年が明けるので割愛。w


サブで使ってるのは、NECのLS550/FS6Wってやつ。
普通の15inchのラップトップだが、年式が古いのでカメラは内蔵してないが、USB3.0がギリ使えるので現役として使ってる。
中身は、メインストレージをSSDにして、DVDドライブを外して500GBのHDDを入れてデュアル化してある。
メモリーは8GでMAX。
正直、仕事で使うPCにDVDドライブとか必要ないので邪魔なのだ。
それよりも、とりあえずデーター取り出して持ち出したいとか言う時に、500GBクラスのストレージが起動ドライブ意外であったほうが楽なのだ。
なので、DVDを外してHDDを入れたのだけどね。
これも、そこそこ快適で、2012年モデルとは思えないキビキビした動きだ。
流石NECだなぁ〜と思う。


おもちゃにしてるのは、DynaBookのB351/23Dってやつ。
こいつは売りに出したんだが、なんか不人気で売れない。w
年式が古いのでまぁそこそこなのだが、15inchのグレア液晶で画面はきれい。
勿論、UEFIに対応してるのでWindows10でも起動はバカっ早い。
これもSSD化&デュアル化してあるので、ストレス無く動いてくれる。
1つ残念なのは、USBは2.0なのだ。これだけがちょっと古さを感じる。
でも、3.0とか3.1が必要な場面ってそんなに無いので、実用上は何も問題ないんだけどね。まぁ、2011年モデルなので仕方がないけども…。


んで、NECはEaseUSのソフトウェアを搭載して、HDDやSSDのストレージメンテナンスに使えるように最適化。
メインのDynaBook R734/Mは、500GBのSSDのに換装して、大容量化。
Windows8.1からWindows10 1809へアップグレードして、ネットワークの設定端末として最適化。
Windowsでは殆ど使わない、Adobe製品もインストして、一応絵も書ける。w
おもちゃのDynaBook B351/23D は、色々出来るように実験機としてスタンバイな感じだ。
一応、Windows10 1809にアップグレードしてデュアル化もしてあるんで、色々楽しめる。

まぁ、この3台をこんな感じでメンテしたんだけどね、R734のストレージ入れ替えが疲れた。EaseUSでディスクコピー掛けたんだが、ちゃんとコピーできてなくて起動しない。
MBR方式じゃないとちゃんとコピー出来ないって事が判るのにまる1日かかった。GPT方式(Windows7 SP1以降はGPT方式なのだ)でディスクコピー出来ないと今後困るだろうにとか思ってたが、このへんはデリケートな作業のため色々有るらしい。w

なので、結局SSDに入れ替えて、正規版でWindows8.1にリカバリーしてかたWIndows10にアップグレードという、面倒な方法でインストした。
このWindows8.1でリカバリーする意味って思うかもしれないけど、これはWindows10を無償でアップグレードするために必要な作業なのだ。
一度認証されていれば問題ないのだが、SSDを入れ替えたことで、新規インストール扱いになるので、ここにWindows10を正規のUSBからインストするとライセンス認証をし直さなきゃ成らない。
つまり、もう一つWindows10を買わなきゃ成らない。
でも、Windows7や8.1の正規版なら、無償でアップグレード出来るわけだ。
だから、メーカー正規版のリストアDVDでリカバリーしたわけだ。
こうすることで、SSDが新しくなっても、メーカー純正品としてライセンスキーが使えるわけ。

今回、このWindows10インストールに関する色んなことを学びましたよ。
本来2016年で終了しているはずの無償アップグレードが今持って可能な事とかね。
当時、新規でWindows10のインストールUSBを買ったのにねぇ…。w
なんか、騙された感が消えないけども…。
まぁ、1つのライセンスで3台も4台もインストールできるなら、まぁいいかと言う事で不問にしたんですけどね。w

その2に続く…