【Mac覚書その10】

SSD交換(その8の続き)

因みに、Mac Book Air のSSDは前にも書いたとおり、サードパーティのSSDを買って、アダプターで取り付けた。128GBかた一気に500GBまでボリュームアップしたので、かなり余裕で快適である。 ただし、アダプターやSSDはなんでも良い訳じゃないので、都度年式型番を調べて、合うものを買うしか無い。

今回は、約半月掛けて調べて、レビューなんかもあちこち読んで、一番成功率の高かったものを採用した。

本体:MacBookAir Late 2012 A1465 11.6inch
SSD:WD BLUE 3D NAND SATA SSD M.2 2280 500GB
アダプター:M.2 NGFF 2280 SATA SSD → APPLE 2012 Macbook air A1466 A1465

因みに、Mid 2011 と、Late2012 では型番が同じA1465でも、筐体の内寸から、SSDのコネクタ形状なんかも全然違ってて、これ間違うと全く使えません。
共通してたのは、バッテリーだけ。
それ以外は全部専用形状だと思った方が間違いない。

というのは、Mid 2011のi7のMacBook Air 11.6 Inch のジャンクが安く買えたので、ドナーにしようと思って購入したが、全くパーツの形状が合わないので、バッテリー以外は何も共有できず、そのまま転売したという失敗をやらかしているからだ。w

今回はアダプターの形状がネックなので、2011なら2011用の、2012なら2012用のアダプタを買わなきゃならない。それを見定めるのが結構面倒だった。

本来ならば、今使ってるやつのバックアップを取った後に、SSDを交換して元の内容をバックアップから復元するのが正しいのだろうが、そろそろ不要なアプリも沢山入ってしまい、整理もしたかったので、OSはクリーンインストールすることにして、新規で環境構築するつもりで、バックアップは取らなかった。持ち歩き用のMacなので、ブラウザとメールやLINEが動けばそれで8割OK。それ以外は都度必要な時に増やせば良いと言う事で、クリーンインストール。
SSD交換から30分ほどでインストール完了。

起動スピードも若干向上した感じ。
体感速度は明らかに早くなってる。
心配していた、起動時のSSD認識もスムーズでよそのレビューにあった「待たされる」こともなかった。
シャットダウンも早い。
クリーンインストールの賜物だろうか?

128Gから500Gにボリュームアップしたことで、ストレージの残り容量を気にすること無く、ダウンロードなんかも出来るのは嬉しい。
とりあえず出先で何か必要になってダウンロードしようにも容量不足でNGって事が何度かあったので、それが解消されるだけでもメリット有る。

それともう一つ、スワップ領域に余裕ができるので、複数のアプリを動かすことにストレスが減った。
以前は、スワップ領域もギリギリだったので、動画の生配信を受信しながら、SNSやチャット等を使うと動画が途切れたりしてたが、今はそれも殆ど起こらない。
連続で動いてる動画に実メモリーが殆ど食われていても、偶にしか通信しないと言うか、アクティブにする必要がないアプリは全部スワップアウトされているんだと思う。

この辺はSSDがある程度速くないと体感できない部分だが、今回はそれも向上してる感じがするので、これ結構良いかも。

部品代、アダプターとSSDで1万切ってますので、古いMacBookAirの容量不足を解消したいなら、これは有効な手段かもしれない。

世間話

Posted by KIYA-HEN