【Mac覚書その9】

Late 2012 のMacBook AirのSSDを交換したので、Mojiveをクリーンインストールした。
心なしか動きが速まったので快適だ。
やはり、500Gあると気持ちにも余裕が出る。

しかし、クリーンインストールしているので、全ての設定がデフォルトに戻ってしまって、サードパーティーのアプリが使えなくなった。

システム環境設定のセキュリティーとプライバシーの一般タブの一番下にある、「ダウンロードしたアプリの実行許可」って所にSierra以降には「全てのアプリケーションを許可」って項目がなくなっているので、ターミナルからコマンドを打つ事になる。

sudo spctl –master-disable

このコマンドをターミナルから打てば、「全てのアプリケーションを許可」が表示されてチェックが入るはず。
もし、チェックが入ってなければ、入れれば良い。

まぁ、簡単なコマンドだが、あまり使う機会がないのですぐ忘れてしまうので、覚書に書いておこう。(^^)