【MV50の正しい使い方?w】

MV50 ROCK

VOX の MV50 が発売に成って、結構な衝撃を受けて、沢山の人が購入して、一時期品薄で入手困難だった程なんですが…。
蓋を開けてみると、売れた割には巷で使ってる人をあまり見かけない。
終いに、「使い道が無いから手放した。」とかいう人まで散見される始末。
はてさて、そんなにダメなアンプヘッドなのか?と言うことで、色々やってみた。

確かに、純正キャビネットじゃあのヘッドの本領は発揮しない。純正は音圧がないので実際に音を出すと、意外とがっかりする。
巷の評判ほど音が良くないのだ。
じゃ、その「巷の評判」は何処の巷だ?って事なんですが、恐らくはメーカーや販社のマーケティングだろうと…。
そのくらい、純正キャビネットではイマイチ感が拭えないんですよね。

で、オレは先ずキャビネットを自作してみた。

と、言っても中古の国産小型アンプの裏蓋を密閉しただけなんですけどね。
ハードオフで500円で売ってた、ジャンクのフェルナンデス製の10Wのギターアンプ。
8インチのスピーカー1発だ。
これを買ってきまして、アンプ部分を取り外して廃棄。
ただのスピーカーボックスにして、裏蓋を密閉する。
入力ジャックを取り付けて終了という簡単なものだ。
最初は、大したことはなかった。
なので、まずはスピーカー自体をCELESTIONに交換。

幾分良くなったが、やはりボリュームを上げていくと箱鳴りが激しくて、とても安っぽい。
なので、吸音材を中に仕込んだ。
仕込んでは音出し、仕込んでは音出しを繰り返し、良い感じで箱鳴りが押さえられるところまで追い込んで完成。

入力インピーダンスは、8オームなので30W仕様だ。
音は悪くない。
しかし、8インチ1発だと音圧は稼げない。
カフェライブレベルなら使えないことはないが、やはり音圧を要求されるような場所では通用しない。
あと、トーンにも深みが出ない。
小口径スピーカー1発だからある程度仕方がないとは言え、ちょっと寂しい。

ココはやはり、12インチ2発はほしい所。
出来ればインピーダンスは4オーム。
50Wで使いたい。
元々50Wで設計されているハズなので、やはり50Wで使わないと本領を発揮してくれないだろうと思うわけだ。

音は出るが、出力が小さい所に12インチ4発は逆効果

その後、ライブホールで、マーシャルの1960Aに接続する機会に恵まれた。
メタルバンドのライブなのだが、16オーム接続で12.8W。
音は出るが、出力が小さい所に12インチ4発は逆効果で、音が散らばってしまって音量も音圧も無い。
コレは使えないと思ったのでそのままお蔵入りするところだった。

それから1年ほど経過して、Bugera から12インチ2発のキャビネットの中古を発見した。
購入価格は5千円。
しかし、購入直前に品物を確認すると、結構ボロボロなので、更に値引きしてくれて、結果的に3000円で入手。
取り敢えずそのまま、ノーマル状態で使ってみた。
入力インピーダンスは4オーム。
50Wで使える。

つないで見た。
十分な音量も音圧もあり、12インチ2発なので広がりも有り、それまで抱いていた安っぽいイメージは完全に払拭した。
Bugeraのキャビネットは、密閉型なので、音が前に出る。
スピーカーは安物が使われてるはずだが、スピーカーで歪まないので使いやすく、むしろヘッドアンプの特性を素直に出してくれる。
ただ、このスピーカー中低域が太いらしく、そのまま入れるとMV50がブーミーなアンプに成ってしまった。w
まぁ、トーンで補正できるレベルなんで問題ないのだが…。

これで、ひとしきり弾いてみた。
かなり良い。
今回はMV50 Boutiqueを使用したが、下品じゃないし、安っぽくないし、現場で十分なクオリティーで使えるなぁ〜と…。
トーンバランスをヘッドで細かく調整できないので、これはこの音と割り切る必要があるのだが、そのへんは、スピーカーの種類や、配線材である程度コントロールできると思うが、今はこれでも十分だなと思う。

やはり、これは4オームで12インチ2発で使うヘッドなのだ

やはり、これは4オームで12インチ2発で使うヘッドなのだなと再認識した。
12インチ2発のキャビと成ると、もうコンパクトでは無く成ってしまうが、いい音を出すためには仕方がないと思う。
これで、使い道がないと思ってる人も、少しイメージが変わるだろうか?

本当は、会場に12インチ2発のキャビが常設されていれば一番楽なんだが、中々そうはならないだろうから、自分で用意して持っていくしか無い。

田舎に住んでるオレは、自家用車で移動するのが普通だから、でかいキャビでもトランクに積めば良いだけなので何も問題ないが、都内などを電車で移動とか考えると、そんなでかいキャビを持って歩くわけには行かない。
そう考えると、小さくて持ち運び便利な都会向きヘッドアンプなのに、都会ではむしろ使いづらいのかも知れない。

取り敢えず次は、CELESTIONに入れ替えて、ヌケの良い配線材を使用して組み直して、もう一度音出しをしようと思う。