【最近気づいた法則2】

10年前、最近気づいたSNSにおける法則ってのを書いた。
もう10年経つのかよ!と言う、自己ツッコミは置いといて…。
10年前、

1)若い女の子が、SNSで自分のアイコンに友達と2人で写ってるプリクラを使うのはブサイクな方。
可愛い方は自分のSNSアカウントで自分の顔は使わないで、ペットや花などを使う傾向にある。

2)主婦で個人情報漏洩を気にする人ほど、自分の子供の顔とか、近所の公演とか、居場所を特定できそうな写真をノーカットで晒す傾向にある。

というような事を書いた。

今回は更にこの10年で気付いたことが有る。
昨今、釣りフレンド申請と言うか、業者が個人情報奪取目的だったり、ハッカーが乗っ取り目的とかでフレンド申請を出すことがある。
そう言うときは、概ね若い女の子のアイコンでやってくるんだが…。
実際に普通にSNSやってて、自分の顔のアイコン使ってる女の子も少なくないので、業者かどうかわからないことが多い。

で、若い女性の顔アップの写真を、アイコンにしてるアカウントのどのくらいが本物の女の子のアカウントで、どのくらいが業者で、どのくらいがなりすまし7日を調べてみた。
その結果を、その3として書いておく。

3)若い女の子の顔アップアイコンのアカウントは、70%が業者、20%が本物、10%がアフィリエイト等の勧誘か、乗っ取り目的のハッカー、その他である。

これは、数年掛けて別垢で事件した結果だ。
とにかく、顔アップのアイコンとFBでフレンドになりまくって、その実態を調べてみたのだ。
結果顔アップアイコン5人に1人しか本物が居ない。
これはつまり、オッサンが使ってるSNSには若い女の子はほとんど居ないって事だ。