【UQモバイル・続編2】

報告の電話が来た。

担当:「協議の結果ご期待には添えませんが、取り敢えず今回は既に請求が確定しておりますので、発行された請求書でお支払い頂き、来月以降差し引きで調整する形になります。」

まぁつまり…、

UQ:『販売店のミスで余計なお金が掛かるけど、もう請求が確定しちゃってるから200円余計に払ってね。あとで返すから。』

と言ってる訳だ。
これって、スーパーのレジで、店員が打ち間違えて200円多いレシートを発行したとて…、

スーパー:『店員のミスで余計なお金が掛かるけど、もうレシート出ちゃったから200円余計に払ってね。あとで返すから。』

と言ってるのと同じ状況なのだ。

この「異常」なロジックが、携帯会社と言う枠組みで語られると、急に「異常」とは感じなく成るらしい。なので電話口の担当者は平気で、「既に請求が確定しており、お支払頂かなければなりません。」の1点張り。w

これはつまり大企業のエゴであり横暴なのだ。

「コッチは企業で業務に関するシステム・ロジックが決まっているのでイレギュラーな対応はしたくないから、個人であるオマエが対応しろ。」と言ってるに過ぎない。

更には、恐らく多くの人が「ハイそうですか。」とニコニコして支払ってるから、払うのが常識だとその電話口の担当も思い込んでるんだろう。

オレには通用しない。
社内的なシステムやロジックがどうなってようと、そんな事は客には関係ないし、契約上決めたこと以外に対応する義理もない。
なので、社内的なシステムを理由に外にクソを漏らすな!って話なのだ。
クソが漏れそうなシステムなら、それはシステムが間違ってんだから、システムを変えろって話だ。
出来る出来ないじゃない、やらなきゃならない話なんだよ。

随分前だが、高速道路の給油所(エネオス)で、1000円分のガソリンを入れようと思って、店員に「レギュラー1000円分、現金で!」と頼んで、結果給油が終わり支払いの段になって店員に、「間違って満タンにしちゃったから、5000円払ってくれ」と言われたことが有る。
1000円分の給油に随分と時間かけてるなと思ったら、間違って満タンにしてたらしい。w
その時と同じだ。w

オレはその時、「でも、お金1000円しか持ってないけど?」って言ってやった。w

店員はものすごく困って、じゃクレジットカードとか無いのか?とあくまでオレに5000円払わせようとする。
カードは持ってないと伝えると、店員は「じゃ、ガソリン抜くから車をガレージに回してくれ」と言い出した。
オレは、給油にそんな時間掛けるつもりもないし、ミスったのはアンタなんだから、アンタが責任持って支払え。と言って、1000円置いて、ガソリンスタンドから出てったんだけどね。
それに、一旦車の燃料タンクに入ったガソリンどうするつもりなんだろうか?w
ガソリンスタンドの貯蔵庫に戻すつもりだったのだろうか?www
そんな事出来ないし、仮にしてしまったらそれは「異物混入事件」に成るんだが…。www
この店員は60代と思われるヤツだったが、相当なバカだったんだろう…。w

オレは、最初から「ミスったのでガソリン抜くから車を回して欲しい」と言われれば、多分言う通り車を回してたろう。

ところが、店員は対応を間違った。
事もあろうに、オレに5000円払えと言ってきた、つまり自分のミスの尻拭いを客であるオレにさせようとしたから、絶対に払うもんかと思ったのだ。

今回UQモバイルは、はじめから「金額調整した請求書を再発行します。」と言えばそれで終了の話だったのだが、それが出来ない出来ないんじゃなくて、やらない、やりたくないだけなのだがから、客に「取り敢えず支払え」と言ってきた訳だ。

ミスったヤツが責任取るのが世の中の常識だ。

コレはもはや金額の問題じゃなく、常識とメンツの問題に成ってくる。

ガソリンスタンドでは店員がミスっんだから、店員もしくはスタンドが必要な経費を負担するのが常識だろ。

今回はUQモバイル側の不手際で客に迷惑かけてるんだから、UQモバイル側で責任取ってかかる経費を負担するのが常識だ。

にも関わらず、UQモバイルはミスった自分らの責任を、たとえ一時的だったにせよ、客に負担させようと言う訳だ。

それを受け入れると言う事は、客は企業の奴隷に成っているって事だ。
こんな人を舐めた対応に対して、オレは黙って「ハイそうですか」とは絶対に言わない。

黙ってニコニコ支払う奴らから見ると、オレはただの頑固ジジイに見えるかもしれないが、コレを受け入れると言うことは「ミスった奴が責任を取らなくても良い社会」を作ることに成るというとても重大な話に繋がってるって事を皆が理解した方がいい。
それでも誰かが責任取らなきゃ話は進まない訳だから、ミスった奴が責任取らないならば、ミスってない誰かが責任とる話になる。
それが世の中の常識に成ったら、運転ミスって人身事故起こしても、その運転手は責任取らなくて良い事になる。
おかしいだろ?

電話口の担当者が申し訳なさそうに説明するが、担当者に責任は無いと思っている。
彼は単なる窓口だからだ。

しかし、担当者は「自分もUQモバイルの一員として責任があります。」と明言したので、じゃ、あんたの責任でこの問題を処理しろと言って、もう1週間待ってやるから、金額修正した請求書を再発行するなり、他の方法でも良いので、とにかく客に200円払わせないで済む方法を考えろと言って電話を切った。

因みに「オレは良い返事しか受け付けないから。」明確に伝えてある。
さて、来週はどうなることやら。

 

世間話

Posted by KIYA-HEN