【ワンドリンク必須!?】

数年前から、「貸しホール」スタイルのライブハウスでも「ワンドリンク注文必須」ってところが増えてきた。
しかも、最初は1ドリンク300円位からスタートし、500円で暫く定着してたが、最近更に値上がりしてるらしい。
らしいというのは、ココ最近「貸しホール型のライブハウス」で演奏してないからなんだけど…。

そもそもね「貸しホール」なんだから、ホールのレンタル料金支払えば、場所貸してくれるんじゃないの?
てか、主催側は貸しホールのレンタル代払えばそれで良いけど、そこに来るお客さん…。(。-_-。)
チケット代の他にドリンク代必須とかね、お客さんかわいそうだよね。

このね「ライブハウス」って商売、前からオレは文句言ってるけどね。
「本来のライブハウス」ってのは、生バンドの演奏はどっちかと言えばオマケなんだよ、オマケ

【じゃ、昔のライブハウスって普段何やってんのか?】

それは「飲み屋」なんだよ「飲み屋」。
酒のんで騒いでるところにステージが有って、集客のためにバンド演奏してるってだけでね、バンド演奏が主体じゃないんだよ。
飲み屋のウリとして「ウチは生バンド入ってるよ!」ってのがライブハウスとして、他の飲み屋と差別化してきたって経緯がある。
カラオケバーなんかと同じだ。
なのでライブハウスの入場料金って、実質飲み代って事になってる。
そこで演奏するバンドは飲み屋の集客の為に存在してて、バンド自体はお客さんじゃなかった。
なので、集客に貢献できるようなバンドしか演奏できなかったし、当然演奏能力や集客能力を問われたわけだ。
だから、ギャラが貰えた。

で、今時の「ライブハウス」。

名前こそライブハウスだが、完全な「貸しホール」。
だから普段から飲み屋営業なんかしてないし、どんなクソバンドでも金さえ出せば、ホールを借りれる。
言ってしまうとギャラどころかバンドが金取られてる訳だ。w

ホールを借りた借り主(主催者)としては、場所はどうあれ自分たちの采配でイベントを運営するのが当たり前なのだが、何故かライブハウス(貸しホール)側が「ドリンク代」成るものを、来客から強制的に徴収するわけだ。
今じゃ、日本中それで当たり前みたいに成ってるが、オレに言わせれば「なんだそれ?」って感じだ。

例えば、貸事務所みたいのが有って、事務所借りてそこで会議しようとすると、貸事務所側が「1人500円ずつ別途ドリンク料金がかかります。」って言ってるようなもんだ。
おかしいだろ?w
そんな貸し事務所はない。w

貸しホールだって同じはず。
ホール代払ってスペース借りてイベント企画してんのに、そのイベントに来るお客さんに、ホール側が勝手に入場料とは別に「ドリンク代」とか要求して、借り主のイベントを妨害するのが当たり前なのか?と思うのだが、実はこれにはちょっと深い訳がある。

【法的な側面から見てみる】

このワンドリンク制度、実はこの法律的な逃げ道の為にやってる側面が強い。
ライブハウスは、当然だが営業許可が必要なわけでね。
で、該当しそうな営業許可が2種類ある。

「飲食店」と「興行場」の2種類だ。

「興行場」ってのは、わかりやすい所で、映画館とか、劇場とか、音楽堂(渋公みたいなトコね)になる。
しかも、この「興行場」ってのは何かと条件が厳しくて、飲食店みたいに簡単には降りない。
つまり今の形態の「貸しホール」ってのは、この「興行場」の許可がないと、本来は純粋に「貸しホール」として営業できないのだ。

対して昔のライブハウスは、そもそも飲み屋だったので「飲食店」だったわけ。
で、バンド演奏は「(飲食店)集客のため」なので、「興行場」の許可は必要なかった。

ただね「興行場の許可の無い箱に外タレとか呼びたい!」とか成っても、VISAが下りないケースもあるので、外タレが来るような大きいホールは、大体「興行場」としての許可を取ってる。

【で、その切り分けは?】

実は明確な線引きが存在してない。
言うなれば、保健所のさじ加減次第なのだ。w
でも、実際には何かしらの基準があってしかるべきであり、実際に何を基準に考えられているかと言えば、実際の業態なんだが…。

昔のライブハウスのバンド演奏は、飲み屋の集客の為(バンドの集客では無い)に行われていたので、飲食店の営業許可で充分だった。

しかし、基本的に今のライブハウスは、バンドが集客し、演奏して、それをお客さんに見せている。
つまり、渋公の小型版みたいな営業をしていることに成る。

そうなると「興行場」で無くてはならない。

でも「興行場」の営業許可は中々条件が厳しい。
なので「飲食店」として許可を受け、来る人全員(バンドも含めて)に飲食させればOKじゃね?って考え方に成る。

どういうことかというと、「箱の中のお客さんはバンドも含めて、全員店のお客さんとして考えるので、全員必ず何か注文して下さい。」ってことなのだ。
これで、所謂お客さんが飲食せずにバンドの演奏を見てると、それは業態として「興行場」とみなされちゃうのだ。
ここでポイントは「バンド」も「ライブハウス(と言う名の、貸しホール的な飲み屋)のお客さん」って所。
飲み屋のお客さんが勝手に店の中で歌ったり演奏したりする分には「興行場」の許可は要らないのだ。w

【でも昔は貸しホールでもドリンク必須なんて無かったよね?】

今ドリンク必須に成っている原因は実は保健所の指導にあるのだ。
保健所が、ステージの有る店を検査する時に「興行場に該当するので、許可を取り直せ!」と言ってくる場合があるのだ。
そうなってくると、建築基準法や消防法で決まっている構造や設備なんかが飲食店のそれとは変ってしまうので、概ね許可なんか下りない。
そうなると、「飲食店」として許可を取ってた貸しホールは廃業に成ってしまうので、なんとか逃げたい。
で、保健所に対して「ウチは飲食店ですよ!」といえる業態にしたいわけだ。
つまり、来る人全員にドリンクを注文させ、飲み屋として成立させて、「演奏は客が勝手に盛り上がって演奏してるだけだよ〜ん♪」という事にするしか今のところ逃げ道がない。
しかも、平成28年に「特定遊興飲食店」とか言う制度ができましてね。
深夜0時を過ぎて営業するライブハウス(クラブなんかも同じね)は、「特定遊興飲食店」の許可が必要になる。
許可無しで0時過ぎまで営業すると、今まで無かった罰則も儲けられてて中々切ないのだ。

でもこの「特定遊興飲食店」は取得できるエリアが決まっていて、取得できない地域にあるライブハウスは営業を0時までにするか、廃業するしか無いわけです。
コレのお陰で、どこかの老舗のライブハウスが閉店を迫られてるって記事を前に読んだけどね、まぁ中々行政も酷なことするなぁと…。
なので、最近のライブハウスは「ワンドリンク必須で、24時前に完全撤収!」って言う所が多いわけよ。

つまりこれは、「貸しホール(渋公の小型版みたいなの)」としての営業をしたいのだが、営業許可を取るのが大変だから、飲食店としてナントカ逃げ切ろうとする歪を、集まってくるお客さんに押し付けてる形なのだよ。

無理な業態を押し付ける行政が悪いのか?
それとも、モグリ営業に慣れてしまっているライブハウスが悪いのか?
結論は、簡単に出そうもない。

ただ、保健所から指導が入ってないライブハウスも右に習えでドリンク代を請求してくるのが何だかなぁ…。
と思う。(。-_-。)