【BABYMETALのギタリスト 藤岡幹大氏 逝去】

寝耳に水な情報が入ってきましたが…。

「早すぎる!」と嘆く人も多い中、オレも「勿体無いなぁ〜」とか思いつつも、「でも天才だからなぁ〜」と言う思いもある。
記事によると、12月30日に天体観測中に高所から落下する事故に見舞われ、病院に搬送されるも1月5日夜に容態急変の為死亡とある。

まぁ天才音楽家って早死にする。
理由は色々あれど、総じて早死である。
モーツァルト然り、ジミ・ヘンドリクス然り。
まぁ、神様はできるだけ公平に考えてんだろう。
他人よりもずば抜けた才能は、その才能が長けてる分、長生きさせない方針なんだろう。その代わり、凡才は寿命たっぷり生かしてやる見たいな…。

もう少し現実的な理由を考えてみた。

前に何処に書いたが、「天才」って「凄い結果」を生む場合が多い。
その「凄い結果」って「普通」にしてたんじゃ得られないんだよね。
これは「天才」=「非凡」ということでも有るんだが、「非凡」であるってことは、概ね日常生活でも、凡人が思いも付かないことを思い付き、実践してるわけですよ。
人知れずむちゃくちゃ努力したとか、工夫したとか、意識的か無意識的かはともかく、凡人がやらないことをやってるわけです。
これは「凄い結果」を出してる人達に共通して言えることなんですよね。

藤岡幹大氏もね、12月30日にロックギタリストが天体観測とか、とりあえず普通じゃない。
普通じゃない行動から、普通じゃない結果が得られるのはある意味当然。
つまり天体観測と言う非凡な行動をしてなきゃ、高所から落下もしなかったんだろうなと思うわけですよ。

https://www.barks.jp/news/?id=1000150688

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です