【なんだこれ?】www


もう、いかにもなルックスとネーミング。w
どこを目指してるのかが、見ただけで判るって言うのがウケる!w
気になるけど、この手のシミュレート系ペダルって、どう使えば良いのでしょうね?
プリアンプ的な動作を期待して、パワーアンプに直接突っ込むのか?もしくは、普通に歪み系ペダルとしてつかうのか?
歪み系ペダルとしてしまうと、「JTM」である必要性を感じないんですよね。
それって、結局出力してるアンプのプリアンプの音になるわけだから、「JTM」で有ることがドコまで生かされてるのか疑問だったりもします。

逆にパワーアンプに直接突っ込むなら、JTM風味のプリアンプとして使えるのでしょうから、それなりに意味はあると思うんです。
けど、そう言う設計になっているのかどうか?

例えば、JCM900とかは、エフェクトのセンドリターンが付いてます。
そこに、このJTMを接続すると、JCM900が、60年代のJTMサウンドに成るのか?って言うと、正直疑問なわけです。

誰か試してくれないかなぁ〜?w

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です