最近気になってる事。(帽子)

実は、最近というか結構前から気になってたことがある。

それは、ニット帽。

勿論、偶にしか被らない人も沢山いるので、そういう人は除外するが、多分ニット帽愛好家としてはそういう人は少数派か、別に愛用しているわけではなく、TPOに応じて被っている程度と思われるので、ココでは割愛する。

オレが気になってるのは、常時ニット帽を被っている人だ。

何が気になるのかというと、

●四季にも時間にも関係なく何時でも必ずニット帽をかぶっている。

この常時被っていると言う心理に非常に興味がある。
まず、他の種類の帽子を愛用している人は、流石に部屋の中では帽子を取る人の方が圧倒的に多い。しかし、ニット帽愛用者は部屋の中でも取らない人が圧倒的に多い。
文字通り、四六時中ニット帽を被っているのだ。
この心理は一体どういうものか…?
何か見られたくないものが頭の上に乗っているのか、もしくは頭髪の状態が思わしくない…(ハゲ)…のか…。
そういう妄想が働くニット帽の愛用者達。

で、彼らの行動パターンに何か共通性がないかと思い、色々観察したりググってみたりしてみた。

一番最初に出てきたのは、

1)「自意識が強い」

つまり、帽子を被ることで自分を目立たせるということらしい。
ただ、この場合の帽子はニット帽に限定されておらず、むしろニット帽以外の帽子に関しての意見のようだ。
なので、あまりオレには参考になってない。

次。

2)「周りに流されない我が道を行くタイプ」と書かれていたのは、恋愛相談系の女性向けサイトだった。つまり、意中の男性を落とすには?みたいなハウツー記事の中に、「ニット帽をかぶる男性」についての女性目線での分析が載っていた。

そのサイトの記事を抜粋しておきます。

「ニット帽は日本人には似合いにくいと言われています。だからこそ着こなしてやるぞという、このタイプの男性は、我が道を行く人が多いでしょう。周りに流されないので、一般的にかわいいと言われている女性にもなびかないこともしばしば。このタイプの男性を射止めたいなら、まず彼の好きなものを聞いて、理解することから始めましょう。服装や趣味にも独自のセンスを持つ場合が多いですが、そんなときは『そのアクセサリーを選んだあなたのセンスが素敵』など、彼に寄り添うことが大切。私はあなただけのことが知りたいのですと伝えられれば、あなたへの興味が沸いてくるはずです」

だそうです。
なんとなくですが、分かる気がすると行った分析で中々鋭いなともう所もあります。

次。

3)「自分の頭の中の世界を隠したいという潜在的欲求を持っている人がいて、こういうひとは帽子をかぶることによってほかの人に自分の頭の中を覗かれないだろうという期待をもっている」

これは、OKWAVEに掲載されていた帽子をかぶる人に変わった人が多いと思うがどうなのか?と言う質問に対する答えの中から抜粋したものです。
あーなるほど!って感じだ。
確かにそういう素振りは有る。
自信があるのか無いのかよくわからない感じで、頑固なくせに自分に自信がないって感じする。

次。

4)「いつも帽子をかぶっている人は、自己顕示欲が強い人であり、自分はこんな人間だという個性をアピールしたがる人であります。帽子をかぶることにより、自分らしさを表現することができますし、自分は他の人とは違うんだと差別化を図ることもできます。
また、帽子をかぶることで、身長も高く見えますから、自分を大きく見せたい願望の現われでもあります。さらには、本当の自分を隠して、理想の自分になろうという願望も内に秘められています。
特に、いつでもどこでも、野外でも室内でも、暑くても寒くても帽子をかぶっていて脱がない人は、まさに、帽子が自己表現の一部となっており、トレードマークになっていると判断するとよいでしょう。」

これは、最初の意見をもっと詳細にした感じですね。
特に、「個性をアピール」「他人との差別化」と言うのは当たってるかもしれません。

まぁ、あとはこのどれかと同じような意見ばかりなので、割愛。
で、最後にオレの経験則からの、ニット帽愛用者から感じることを書いておこう。

5)自己顕示欲が強く、他人との差別化を図り、「自分はこうだ。」と言う自分定義や、「かくあるべき」的なポリシーが割りと明確だが、現実の自分がその通りじゃなくとも、自分定義を曲げない頑固さを持つ。
其の割に臆病者で、自分に自信がない事が多く、自分を特定されることを嫌う。
そこに第三者の指摘を受けると、逆上するか、異常に落ち込むかの両極端である。
また自分を見透かされることに異常な不安を感じているようで、他人の人生相談等には積極的に乗るのだが、自分の経歴や悩みなどはあまり話したがらない。
しかし、武勇伝的な話や自分が如何に特別であるかをアピールできる内容だといきなり雄弁に成る。
サブカル系に多いタイプで、かなりオタク寄りな感じがするが、いわゆるオタクともちょっと違う。いわゆるオタク系は、空気を読まない奴が多いが、このニット帽系はむしろ空気を読むのが上手い。しかも特定ジャンルにおける知識や技術はオタク以上に卓越している場合が多いので、その分自意識過剰気味で自己顕示欲も強いが、社会性もあるのでオタクの様な社会から孤立した感じにはならず、むしろ人望厚く多くの支持者を従えてコミュニティーの頂点に立っている場合も多々ある。

まぁ、オレの分析はこんな感じだ。

幾つかのサイトに載っていた分析とほぼ同じだが、むしろ皆同じように感じて居るんだって事が確認できてちょっと安心している。

一言で言えば、「自己顕示欲の強い臆病者」と言うことなんだろう。

確かに、そういった傾向が見て取れる人が多い。

突然パスコードが効かなくなった…。

さて、目覚めると何故かiPhoneの指紋認証が効かなくなっていて、パスコードの要求を求められたんだが、そのパスコードも受け付けなくなっていた。
何度か試すウチに、1分間iPhoneが使用できませんとの表示が…。

1分後にもう一度トライ。
すると今度は、5分間使用できませんと表示が。
5分後にもう一度…と思ったんですが、短気なオレにそんな時間が待てるはずもなく、初期化してバックアップからリストアしてやれと言う、乱暴な手段に出ることにした。
作業を始める前に、いつものネット検索。

しかし、毎度思うんだが、殆どの場合、誰かがこういった問題に対する対処法をブログ等にアップしている。
すごいなぁ〜と思うわけです。
オレは、彼らのアップした記事を探して読んでるだけで、自分で何とかしようとしているわけでは無く、彼らの残した記事の通りに試してるだけ。
対して彼らの中の何人かは、本当に0かは対処法を模索しているんだろうと思うと頭がさがる。

で、オレのiPhoneは普段はsiriがOFFに成っているので、パスコード忘れた時の裏ワザは使えない。
(この裏ワザヤられると、パスコードのロック全く無意味なんで、オレはsiriを切ってるわけだが…)
残された道は、iCloudでiPhoneを探すを使い、iPhoneを消去して、再セットアップする手法。
因みに、手動で初期化するときに「iPhoneを探すをOFFにして下さい。」って言われるんで、こいつがONになってると、iTuneに繋いでも無駄ってことなんだ。
で、iCloudしか手段が残ってないので、迷わず実行。

完全なバックアップは、2月に末にとってあるので、それを使用する。
なので、3月に入ってから、今日までの記録はすべて失われるが、まぁ仕方がない。w で、なんとか無事復旧したわけだが、原因は何だったんだろう?
一番最近やったことは、任天堂のアプリをインストしたことだ。
まさか、それが原因じゃないだろうな?
任天堂のアプリ通して誰かがシステムをクラックしてるとかじゃないよね?

ネットじゃ殆ど「勝手にパスコードが突然変わるなんてありえない!」って書いてあって、似たような症状の連中はみな一様に「ありえない!」と一蹴りにされてる。

だとしたら、もうハッキングされてる意外に考えつかないんだが…。
情報欲しいなぁ〜。。。

ASUS VivoBook E200HA を購入してみた。

先日新発売に成ったASUS VivoBook E200HA を購入してみた。
仕事で使う、802.11ac が使えて安くて軽いPCを探していたら、これが新製品で出るって話をキャッチして、発売と同時に購入した。
まぁ、他社で条件にハマるPCがは何台かあったのだが、昔からASUSとACERのマシンは好きだったので、あえてコレにしてみた。
 

 
●良い所
カッコイイ:新型MacBookっぽい佇まい。
安い:新品で送料込みで35000円を切る。※ネット通販
軽い:重量は1kg未満。
小さい:サイズはMacBook Air 11inchなみ。
802.11acが使える。:仕事上どうしても必要だった。
新製品なので綺麗で快適。:まぁ当たり前だ。w
    
●悪いところ
液晶画面がTFTじゃない。:斜めから見ると色が玉虫になる。
ストレージが32G:SDカードで+32G挿せるが、Win10を入れると、ほぼOSで目一杯になるので、使いたいソフトによってはコレじゃ足りないかもしれない。
重い作業は苦手:これは、他社も含めてこのAtomモデル全般に言えることなので、気にしなきゃ気にならない。
トラックパッドの反応が変。:よく判らん。w
    
届いて、まず箱を開いて中身を確認。
本体とACアダプターと、数枚の紙が入ってるだけだった。w
ちょっと拍子抜けしたが、まぁ当たり前かな。
で、電源ON。
セットアップ画面になり、一通りの作業をして再起動と思ったら、更新されたファイルをダウンロード中と言われ、暫し待つことに。
何回か再起動してやっとOS起動。
Edgeを起動してgoogleとか表示させようと思ったら、証明書Errorで表示できず。
なんじゃらほい?と思ってググると、どうやらPCの日付が過去になっていて、サーバー証明の日付との間に離反が起き、Errorになって、ブラウザが表示を拒否することらしい。
なので、手動で時間を修正して完了。
問題なく動く。
     
プリインストールされているマカフィーが重たいので、削除。
替わりに、キングソフトのインターネットセキュリティーに換装。
無料版を使ってるが特に問題なし。
むしろ、起動が早くなった。
   
自分用に調節して、翌日から早速仕事で使ってるが、外で使うときにどうしてもトラックパッドを使うのだが、動きがイマイチ把握できない。
Macと同じつもりで、触ってしまって、思った動作をしてくれない。
左右ボタンが、トラックパッドと一体化してるため、ボタンを押そうとして、指がちょっとでもズレるとカーソルが動いてしまって、狙ったところをクリック出来ない。
これは結構現場ではイライラします。
ボタンは別パーツにして欲しかったなぁ…見た目はカッコイイんだけど、Macとはクリックの概念が違うんで、ちゃんとセパレートに成ってないと苦しいですね。
   
全体としてはまぁこんなものだろう。
元々、タブレットにキーボード付いたようなシロモノなんで、其の程度の動きをしてくれれば文句はなかったので、これで用途は足りてると自分では納得している。
メインはMacなので、このVivobookには余計な期待はしてない。
新品で綺麗でなんとなく見た目にイケてるかんじがすればOK。
   
でも、タブレットPCなんてそんなもんでしょ?
文章作業以上の仕事はできないと思って正解だと思うんで。
   

古いPC「FMV NF/G50」をカスタマイズしてみた。

で、先日売ることにした「FMV NF/G50」 のチェック動画をアップしてみる。
 
本体自体は2010年末モデル。
既に6年が経過しており、古さは否めないモデルである。
それでも、HTテクノロジーを採用した、Nehalem世代で、2Coreながら仮想4スレッドに対応した、Core i3 2.13GHz
まだ現役で十分使えると判断して、このノートを快速にすべくカスタマイズ。
 
まずメモリーは最大の8Gへ増設。
ストレージは、SSD120Gに変更。
 
8Gのメモリーを活かす為に、64bit環境を構築し、最新OSでサクサク動くことが目標。
しかし、最新OSという時点で、問題発生。
この2010年モデルは、Windows10での動作をメーカーでは正式にサポートしてないのだ。
これはつまり、デバイスドライバーが存在しない可能性があるってこと。
クリーンインストールを試みようと思っていたが、断念。
Windows7 64bit 環境を先に構築し、アップデートという形で、Windows10に移行する事にした。
それならば、純正のドライバーですべてが動いてる状態でのアップデートなので、デバイスドライバーを探すとか言う面倒な作業から開放される。
 
次に、SSDへの換装。
安価になったとはいえ、まだまだSSDはハードルが高い。
古いPCにあまり予算は掛けたくない。
取り敢えず最安値のSSDのをAmazonで購入。
crucial BX100 SSD 120G という、概ね6000円のモデル。
これなら、まぁコスパ的にも、納得が行く感じだ。
 
ところが、こいつはPCが一発で認識しない。
取り付けて、最初の起動ではBIOSがSSDを認識しない。
一旦電源を落として、SSDを取り外し、再度取り付けて、電源ON。
BIOSでは認識したので、そのまま、Windows7をインストールすべく、FMV純正のリカバリーディスクを装填。
しかし、ディスク容量が少ないので、リカバリーはエラー終了。
仕方がないので、OEMを使ってクリーンインストール。
デバイスドライバーは、純正のリカバリーディスクから頂くことにする。
インストール一回目。
必要なファイルをコピーした後再起動するが、立ち上がってこない。
BIOSがディスクを認識してない。
一旦、電源を切って、起動ドライブを選んで起動させると、セットアップ途中から立ち上がってくる。
で、また再起動するのだが、同じく起動しない。
またも、電源を切って、起動ドライブを選んで起動させる。
この作業を計3回行い、取り敢えずOEM版のWin7 64bitがインストールできたが、起動に不安を感じるため、一旦全部削除。
もう一度初めからクリーンインストールに挑戦する。
今度は、再起動後も普通に立ち上がってきて、一気にインストール完了。
しかし、ディスプレイドライバーを初め、お決まりのドライバー類がほぼ全滅。
なので、取り敢えずリカバリーディスクから、ドライバーを抽出してインストール。
これで、Win7が稼働するように成った。
次に、Win10へのアップグレード。
IEを起動すると、Windows10へアップグレードとお誘いを受けるので、誘いに乗ってみたが、更新されたファイルの検索で、無限軌道にのる。
数時間放置したが拉致があかないので、強制終了。
再起動すると、以前のWindowsを復元します都のことで、ややしばらく時間がかかるが、Win7 が復帰した。
 
細かいオプション設定をしながらインストールしたいので、インストールディスクを作ることにした。
マイクロソフトのサイトから、Windows10のisoファイルをダウンロード。
DVDに復元して、そこからアップデートを試みた。
 
これも、数回再起動するのが、其のたびにSSDを見失うBIOS。
F12キーを押して、起動ドライブを直接指定して再起動を繰り返し、なんとかアップデート完了。
この時点で、かなりサクサク動いてる感じする。
ソレまでの起動に掛かるモッサリ感や、ブラウザが達がる時のモッサリ感がなくなっていた。
SSDすげー!w
 
ここに、最近まるでフリーソフトに成ったかのような、Adobe CS2 をインストールし、OFFICE 2010をインストールする。
OFFICEは普通にそのままインストール。
Adobe CS2 はちょっと工夫が必要だ。
インストール中にシステムデフォルトの¥Program Files (x86)¥Adobe にインストールされようとするのだが、インストーラーは対応してない文字が使われているフォル
ダーってことで、NGをだす。 なので、ルートに¥Adoeb と言うフォルダーを作りそこにインストールするようにする。
そうすると、すんなりインストールできる。
しかしインストール後Photoshopが起動しないと言うトラブルが発生する場合がある。
 
今回は問題なかったが、前回別なPCにインストールした時に発生したのだ。
どうやらIMEとの相性の悪さが原因らしく、コントロールパネルの言語で、アプリケーションごとにIMEを切り替えるようにすれば解決する事がわかっている。
 
そんなこんなで、やっとインストールできたので、動作を試験してみた。
 
まず起動。
以前は、Win7で電源ボタンをONにしてから、デスクトップが立ち上がるまでに、おおよそ40秒〜60秒ほどかかっていた。
今回はなんと、約19秒でデスクトップが立ち上がる。
https://youtu.be/VnBsAyDlsvI
 
 
そして、エクセル2010。
そもそもエクセルが起動に時間がかかる感じはしてないが、それでも数秒はかかっていたが、今回はなんとクリックしてから1秒弱。(0.8秒だった)
すっげー早くて驚いた。
https://youtu.be/uypcM6ajokE
 
 
次はワード2010。
ワードも1.2秒と言う快速起動を見せた。
これは充分サクサクと言えるスピードではないか?
https://youtu.be/XXAhykSYygM
 
 
で、起動が重い事で有名なAdobe Photoshop CS2。
今までは、作業画面が出るまで概ね40秒〜1分かかっていた。
しかし今回は、作業画面までなんと9秒。
これは正直2010年のPCとしては快挙だ。
https://youtu.be/0ZMMxy1ll7o
 
 
最後に、Adobe Illustrator CS2。
これもフォトショ程ではないが重たいことで有名だ。
1分まではかからないが、それでも30秒はかかっていた…。
それが、6秒で作業画面が立ち上がった。
これはすごいぞ!
https://youtu.be/MkNMYIHPSE4
 
 
と自画自賛してしまう程、SSDへの換装は効果があった。
いやはやスッゲー!
これだけ早いと、買った人も喜んでくれるだろう。
ただし、カスタムインストールなので、メーカーのサポート対象外だし、トラブルが起きてもリカバリーディスクは存在しないしメーカー純正は利用できない。
そういうリスクはあるが、新品で10万とかするレベルのPCと比較してもまったく引けをとらないので、リスクを背負う価値はあると思う。

やったことは、メモリーの増設と、SSD。への換装。この2つでパーツ代は概ね15000円。
高くないと思う。
あとはOEM版のWindows7インストールDVD。
これは別途1万円位する。
両方合わせても25000円
新しいノートPCを買うことを考えると、かなり安いので、これでもう2年位頑張ってくれれば、新しいのを心置きなく買えると思う。w