Windows タブレットを買ってみた。(2)

【32bitOSを64bitOSに入れ替えて見る。】

結論から言うと失敗。w

原因は、BIOSで起動ドライブを選べないから。
このKJT-80WはAMIBIOSなのだが、スターアップドライブが内蔵ディスク固定になっていて、外部ドライブからの起動が出来ないようだ。
外部ドライブから起動できないと、新しいOSのインストールは不可能に近いことになる。
まぁ、内蔵ドライブにインストールディスクイメージを展開して、そこからインストールするという荒業も残されては居るが、それを確実に行うには本体をバラして内蔵ディスクを取り出して、別なPCでインストールディスクイメージを展開して起動できる状態まで持って行かなきゃならないわけだ。
正直、そんな面倒なことはやってられないので却下。
同じ理由でLINUX化構想も破綻した。w
まぁ、他のメーカーのタブレットなら外部ドライブから起動できる製品もあるだろう。
そう言う製品を持っている人はトライしてほしいなぁ〜。
特にLINUX化。w

Windows タブレットを買ってみた。(1)

もう、Windowsとお別れして久しいのだが、手持ちのiPadが古くなってきたので、新しいiPadがほしいなと思いつつ、ソフトバンクの窓口などで見てるとやっぱ高いんですよ。
使用頻度や内容から考えてもやっぱちょっと庶民が手にするには割高感が満載でしてね…。
実際に使用してるのはアンドロイドタブレットでも充分使えるような内容で、どうしてもiPadじゃなきゃダメだってのはガレージバンド位。w

で、気が付くと、Windowsタブレットを手にしていた。

2015年春頃に発売に成った、KEIAN KJT-80W。
もうすっかりこの手のガジェットには疎くなってしまったが、こいつは他のタブレットの殆どのメモリーが1Gだった時代に、2Gのメモリーを搭載し、32GのSTORAGE空間を持っているって事で、オレ的にはなんかお買い得感まんさいだった。
実売価格も17000円を下回っており、Win8.1搭載機としては、コスパはかなり良い方じゃないかと。

取り敢えず起動してみたが、そもそもWin8.1の使い方がわからない。w
普段は、Mac OSX 10.9 とかを使ってる。
仕事でWindows10なら触ったことがあるので、もうすぐさまアップグレードしましたよ。
で、あっという間に、Windows10 32bitの環境が構築できました。

幾つか便利ソフトもインストールして携帯して歩くにはちょうどいい感じに仕上がりました。
しかし、こいつはタブレットモードにしておかないと文字が小さくて読めない。w
PCモードのままだと8インチの画面じゃ小さすぎて何だか判らないのですよ。
で、タブレットモードにすると今度はアイコンの並びが例のWindowsメニュー状態なのでこいつのカスタマイズがまた一手間な感じです。

それでも、ネットで拾えるフリーソフトをインスト出来るんで、使いたいソフトだけで構成しておけば随分と便利なタブレットって感じです。
但し使い勝手はアンドロイドの方が便利そうですけど。w
これは、アンドロイドじゃ出来ない凝った作業を手軽にすると言う感じですかね。

使っていて気になったのは此位ですが、この後思いつきました。

1)64bit版のWindowsはインストできるのだろうか?
2)リナックスとかはインストできるのだろうか?

この2つの疑問が湧いてくるともう試さずには居られなくなります。
既にディスククリーンアップで、8.1の復旧ファイルは削除してしまいました。w
ミスったらただの板切れに成るであろうが、それでも試さずに居られない。

後日、試した結果をご報告いたします。w
ではでは。