【正義とかなんとか…】

「お花畑運動」とか言って浮かれているオレしか知らない人が以下を読んだら面食らうかもしらんが…。
 
オレは物事は全て相対的に存在してると思っている。
つまり、単独では存在し得ない。
必ず其れに対当するか依存するかする形で、2つ以上の事象が存在している。
最小単位は2つ。
コレはこの世の全てに適応できる原則だ。
つまり右が有れば左が有る、裏が有れば表もあるみたいなことだ。
 
其れを考えた時に、善は単独では存在し得ない。
単独に成った時点で、それは善ではなくなるからだ。
つまり、対当する悪があってこその善なんだよな。
 
正義はその「善」を内包している。
つまり、正義は有る特定の善を集めた「コンパクトな善」と解釈できる。
なので、その内容のチョイスに寄って様々な正義が存在する。
 
そのちょっとずつ違う内容の正義をまとめるためには、全てにおいて対当できる「絶対悪」みたいなものが必要になる。
それが、今のイスラム国(テロ組織)なんじゃないかな?
今その絶対悪であるイスラム国が必要以上に暴れるから、バランスを欠いているだけだと思う。
 
また人類は、常に生け贄を必要としてるってことでも有るんだろう。
つまり生け贄を捧げることで残された人の和平を得るみたいな思想。
イスラム国は真に全人類の生け贄と呼ぶにふさわしい。
世界中から忌み嫌われ、彼らが抹殺されることには何の異存もない状態が今構築されている。
 
仮に、念願かなってイスラム国が壊滅したらどうなるのだろうか?
相方を失った正義は自身だけでは存在できなくなって、また世界がバラバラになるだろう。
正義Aから見た正義Bは悪に見える。と言うか、悪ということにしなければ、正義Aは成り立たない。
で、各地でそれぞれの正義を存続させるために、別な小競り合いが世界中で発生する。
それが、武力抗争なのか、経済摩擦なのかは知らん。
人が正義を重んじる以上、悪は無くならないし、勧善懲悪思想が無くならない限り、争いは無くならない。
 
つまり、今何を論じても無駄だと思っています。
正義を貫くには其れに対当した悪が必要であるってこと。
今、アメリカやフランスの正義を満足させるには、イスラム国が必要なんですよね。
イスラム国を空爆することでアメリカやその属国の正義を主張してる。
イスラム国にはイスラム国の正義が有り、その正当性を満足させるためにテロに走る。
立場が違えば、どっちも正義だったりするわけです。
正義Aと正義Bですな。w
なので、オレに出来ることは祈るしか無いという結論なわけです。w
クダラナイ正義を捨てて、本質的な善悪で判断できるような優れた人類だけが生き残って欲しいと本気で思う。
 
でも、それは叶わないんだろうなぁ〜と思いつつ、別な解決法を考えると…。
人類は自分たちの安全を確保するために、ライオンを檻に入れた。
そして、普段の平和を確保するために、犯罪者も檻に入れることにしました。
今後この解釈をもう少し広げて、思想的劣等種も檻に入れる時代が来るかもしれません。
今の日本が段々そうなりつつある感じがして嫌ですね。w
其の優劣は「コンパクトな善」によって左右されるってのが一番の問題です。
人類は悲しいかな絶対善や絶対悪を結実することが出来ないんですから。
 
とか、書くと多分色んな人が心配すると思うけど、ご心配なく。w
変な宗教に入ったわけじゃないです。w
脳内トレーニングみたいなもんです。w