【世界お花畑運動】始めました!w

ナンノコッチャっと思うかもしれませんが、まぁわかりやすく言うと、反戦運動です。
でも具体的に何かしようとか思ってるわけでもなく、単に意思表明する人が増えれば、無視できなくなるだろ?ってな発想なわけです。
で、その意思表示として、FB上のアイコンにお花のデザインを入れて意思表示しとこうと、そう言う運動です。
 
http://kiya-hen.net/data/ohana.png
http://kiya-hen.net/data/ohana2x.png
 
に、それぞれ大小のテンプレ画像(PNG)があるので、コイツを自分のアイコンに重ねてください。
それで、運動参加者という意思表示が出来ます。
 
で、何でこんなことしてるかと言うとですね、切っ掛けは2015年に入って本格的に表沙汰になってる「安保法案」通称「戦争法案」を巡って色々と民間でもSNSレベルでも各所で議論が巻き起こってまして、このままだと新安保法案が可決してしまい、日本は「戦争が出来る国」に成ってしまうだろうという不安から、安保反対を叫ぶことに成ったんですが、その反対の理由として、
1)憲法9条をそのままにして、戦争一体化が進むような法案には当り前に反対。(ヤルならまず憲法改正が先だろ?)
2)自衛隊はジュネーブ条約における軍隊ではないので、国外での軍事活動は国際法に抵触する恐れが有るにもかかわらず、其の話は一切出てこないのでかなり3)不安なので反対。(ここ、かなり重要だと思うんがだ気にしてないのか?)
4)海外で武力行使が可能になる事自体、防衛の範疇を超えた戦略行為であると判断出来るので反対。(事実上の制限枠が無くなる話だろ。)
5)集団的自衛権を発動できると公にすれば、日本国内でのテロ事件の増加や、海外で活動中の邦人の生命の危険が高まるので反対。
6)政府の言う、中国脅威論や、邦人救出、資源確保などの理由がどれも中途半端で其の全てが現状の法制で間に合う内容であるから反対。
7)弾薬(核弾頭を含む)は武器ではないが、銃器は(弾薬が装填されなくとも)武器であるとの異常な判断基準が納得出来ないので反対。
8)武力に依る抑止は、ナイフをちらつかせて威嚇しているのと同じで、そんなものは平和でも平時でも無いので反対。
9)その他、解釈改憲とかご都合主義だったり、何かと不明瞭な答弁を繰り返す現自民党政権が信用でき無いので反対。(兵役は苦役じゃないと言い切ってたんで、状況が変われば徴兵は有り得る。)
とまぁ、他にもまだ細かい理由はあるが、概ねこんな感じで反対してるんだが、これらを表明すると所謂賛成派や容認派の連中から「お花畑」と揶揄されるのだ。
つまり、「武器も持たずに平和が〜とか言っても攻められたら終わりだろ?なに日和ったこと言ってんだよこのお花畑が!」ってな調子なわけです。
 
オレに言わせりゃ、政府の中国脅威論やら、駆けつけ警護とかにノセられて、安保法案による弊害に対して全く想像力が働かない賛成派の連中のほうがよっぽど「お花畑」だと思ったんですが、まぁそれは置いといて…。w
 
安保反対や、戦争反対がお花畑なら、お花畑でいいですよ。
で、オレだけお花畑じゃ切ないんで、皆にもお花畑に成ってもらいましょう。
日本だけお花畑に成っても、隣の国が攻めてきたら終わりだよってのも判ってるので、隣の国もお花畑に成ってもらうしか無い。
勿論、其の隣の国も、其のまた隣の国も世界中が全部お花畑に成ればいい。
そうすりゃ、みんな戦争反対で殺し合いしたくないですって成れば、戦争は起きない。
  
軍備ってのは、ストリートギャングが持つナイフみたいなもんです。
過去、日本の自衛隊と言うナイフは、りんごを剥くときしか使わないナイフでした。
其の切れ味は、世界に自慢できるほど鋭いのですが、日本の国はりんご剥きにしか使いませんと言ってたんです。
だから、どんなに切れ味が鋭くても、他の国は気にもしてなかった。
しかし、今度の安保法案は、その切れ味バツグンのナイフの刃で人を刺しますよと言う法案です。
「強力な軍備は抑止力になって争いが起こらなくなるから平和である。」って理論。
馬鹿じゃねーの?って思う。
ナイフを人に向けて、其の人が恐怖で固まってる内は良いけど、その人が「刺される前に刺す!」って決心したらどうするつもりなんですかね?
「刺される前に刺す。」
つまり、現地邦人の拘留や殺害、日本へのテロ行為、具体的な宣戦布告など、今まで起きなかった問題が一気に起きることは自明です。
 
刃物は人に向けちゃいけませんってのは、子供でも知ってる。
それを国がやろうとしてるわけです。
 
我々の持ってるナイフは、りんごを剥くためであって、人を刺すためではない。
それを「今度は人刺しますよ。」って世界に言ってしまう愚かな政府には非常に不信感が募ります。