久しぶりに巷のライブを見てきた。

ん〜、何か「他人の振りみて我が振り直せ」感 満載でした。

つまり、とりあえず自分棚上げですが、色々と問題点が見て取れて、それがそのまま自分のバンド活動にも当て嵌る事なので忘備録的に書いてお こうかと思う。

何がダメかってーと、音が悪い。

多分、全てはここに行き着くと思う。
もうね、せっかくの演奏が音が悪くて全然魅力的に聞こえない。
箱のPAのせいなのか、バンドの演奏能力の所為なのか定かじゃないが、自分もバンドマンの一員として考えると、「先ずはバンドの音を何とかしろ!」だ と思う。
ロックバンドは沢山の機材のお世話になって演奏するんだが、その機材の使い方をちゃんと知ってる人は少ない。
オレは最近、偶々そういう使い方とかいい音を出すためのノウハウみたいなものをレクチャーしてもらえる機会を得たので幾らか理解できたが、殆どの 人はそういうことを知らずに我流でやってる。

運良く、我流でもその優れた方法に巡り会えた人はいいが、殆どの人はそうじゃない。
なので、結果出てくる音がひどい。w
例えば、バランスとかね。
バランスって音量だけじゃないんだよね。
それぞれの楽器のトーンってかね、フルレンジでギターがドバーって出てくると、ボーカルは勿論、ベースとかドラムの音までかき消してしまって、全 体として何をやってるのかわからないとかね。

オーケストラとか見れば解るじゃん。
色んな楽器が集まってるが、それぞれに役目がある。
ロックバンドだって、ギターとベースと、ドラムとボーカル、キーボードも含めて役目がある。
それぞれ自分の役目だけををちゃんと満足して居れば良いのだが、概ね自分の守備範囲も満足できない癖に、他の楽器の守備範囲までも犯そうとする。
結果、互いにぶつかり合っていい音に聞こえない。
分離を良くするってか、守備範囲をちゃんと決めてそれぞれの責任でちゃんと守備する姿勢が必要だよね。
そうすれば、何やってるかよく聞こえるし、よく聞こえれば演奏を始めた段階でロビーでたむろしてる客を、ホールへ呼びこむことも出来る。
少なくとも、その場で聞いてくれてるお客さんにはいい音を聞いてもらえるんだから、正しい評価、つまり「音楽についての評価」を得ることが出来る んじゃないかな?

表現力って一面を見ても、音量は勿論、各楽器パートの守備範囲を決めておけば、どういう表現をするにはどのパートがどうするかってのも、目に見え るようになると思う。
優しい感じとか、激しい感じとか、活字にすると滑稽かもしれないが、音にすれば素敵なことになるかもしれないあの感じを再現するには、ちゃんとし たサウンドが出せるって前提ので話だよね。

で、これらの話って全部、自分のバンドにも当て嵌る話でね。

こりゃマジで考えないと雑音出すだけの集団に なってしまう!と言う危機感が湧き上がるわけです。w

なので、最近はその辺も考えながらバンドサウンドを考えています。

まぁ、他にもね色々と問題点は発見できたんだけどね。
でも一番問題だと思ったのは、最近見る巷のライブが「他人の振りみて我が振り直せ」ばかりで、「ぅお!こりゃすげー!」とか、「ヤバい!カッ コイイ!」って成らない事。
どこかの誰かが、オレたちのライブを見て同じことを思ってるんじゃなかろうかと思うと、もう何か不安で寝れないくらい。
自己満足の世界から抜け出すには、やはりサウンドコーチ的な第三者の目と耳が有った方が良いに越したことはないが、アマチュアだと中々そこま ではねぇ…。

難しいねぇ…。