衝撃の音!

あの衝撃を忘れないうちに、書いておこうと思う。

去年ひょんな事で知り合った、Mr.K。(仮名)
彼は、元世界的に有名なギブソン社のギターテクニシャンだったのだ。
長年サンフランシスコでアメリカやイギリスのトッププロミュージシャンの楽器をメンテナンスしていた、本物のプロだ。
彼のセットアップするギターやベースは、そのセットアップ前の状態とは全く別物になる。
本来その楽器が持っている能力を100%引き出せるようにセットアップされる。

何をどうしているのかオレにはよくわからない。
見た目、普通にネックの調節とピッチの調整をして、ピックアップの高さを調整しているだけにしか見えない。
でも、それまでのセットアップとは確実に出る音が変わる。
濁りも、詰まりもなくなるんだ。
よく、ヘッドとかに重りつけて、サスティンやデッドポイントを解消するパーツとか見るが、そんなの必要ないくらい素晴らしい音になる。

そんな彼の紹介で、2014年2月5日、オレは中野重夫さんと会うことが出来た。
重夫さんとは、2000年にニアミスをしている。
重夫さんは当時札幌のキクヤ楽器のメッセホールでライブをやった。
その時の前座としてオレが誘われたのだが、諸事情でその前座を断ってしまった。
お陰で、オレはかれと会うことが出来ずその年を終えた。

あれから14年。
やっとチャンスが巡ってきた。
しかも札幌まで来てくれる。
そして、一緒に音まで出したのだ。
重夫さんはオレのストラトとマーシャルを使って、信じられない音を出した。
しかも、さらっと何気なく…。

ストラトは、マーシャルに直接接続した。
つまり、シールド1本の直結ってやつだ。

ティアドロップのピックを振りかざし、弦にあたった瞬間、今まで聞いたこともないような深いサウンドが響いた。
クリーンだが、十分な質量というのか、何と言うのか、まるでブラス楽器のような深い響きが、ストラトから出た。
一瞬、ディストーション等の歪系のサスティナーでも繋いでるのか?と思うほどの厚みなのだが、全くクリーンだ。
こんな音は聞いたことがない。
その時、一緒に音を出してたサックスプレイヤーのサックスの音に十分対抗できる…いや、もしかするとそれ以上の音が出ている。

CDやレコードで過去何度も「最高の音」ってやつを聞いたが、それらは全て自宅の15cm程度の安っぽいスピーカーから出る音だ。
そんなもので「生の音」が解るはずもない。
でも、今回は本物の「生の音」を聞いた。
香港で聞いた、まるでCDみたいな音がしてたポール・ギルバート以来のショックだった。
でも、そのサウンドはポールのそれと違い、ノーエフェクトの「ギターの音」だったから、オレの驚きは半端無かった。

もう、言葉にならない。
すっげー!すっげー!すっげー!とそれしか出ない。
言葉じゃもう表現出来ないほどのサウンドだった。

ストラトを置いて、今度はオレのコリーナのVを持った。
アンプはデジタルのマーシャル。
それでも、サウンドのインパクトは何も変わらず凄い。

ひとしきりセッションが終わって、重夫さんの話を聞いた。
色々と、企業秘密も教わったが、知ったからといってすぐ出来るかといえば無理だ。w

そのまま慌ただしく再開を約束し、別れを告げた。

翌日はファントムのリハ。
リハのスタジオで又試してみた。

当たり前だが、あの音は出ない。

弾き方を変えてみた。
何となくこんな感じか?って程度の音がした。
けど、それを何時迄も維持できない。
すぐ元の音に戻る。

その衝撃の日を十分検証する間もなく、リハ翌日は東京で、更にその翌日は大阪で自分のライブがあった。

ドタバタと過ぎた数日間。
運がいいのか悪いのか、折角の衝撃を堪能する間もなかった。
衝撃を堪能しすぎると挫折しそうな位凄かった。

東京でその問題のストラトを使った。

あの音が出ない。

まぁ、アンプも違うから仕方がないが、ライブハウスにあるアンプはクズだと再認識した。
弾き方も変えてみたけど、ダメだった。
それでも、今までよりは確実にいい音に成ってるのだが、あの艶と太さは出なかった。
弾き方が悪いのだろう。
折角のセットアップも猫に小判状態。

自己嫌悪に苛まれながら東京の夜は更ける…。

翌日は朝から大阪移動。
今度は、Vでメタル。

ホテルについて、Mr.Kに再度セットアップしてもらう。
Vはすこぶる調子がいい。
リハーサルでサウンドチェック。
やはり、アンプがここでもダメだ。
何故か篭もる。

札幌で聞いたあの抜けは再現されない。
やはり弾き方なのか?
ピッキングもいろいろ試したが出ない。
あの音がでないことでイライラが募るばかり。

Mr.Kには、ギターを使いこなせてないとお叱りを受ける。

確かに使いこなせてない自覚がある。
だからこそイライラする。
リハでも本番でも色々試行錯誤しながらの演奏に成ってしまった。
それでも機材のセットアップの効果は大きく、各方面から音の良さは指摘された。

「バッキングとリードで、何かエフェクト切り替えてますか?」と聞かれた。

当然、今回はエフェクターの切り替えなどしていない。
東京でも、大阪でも、手元のボリュームだけで全部コントロールした。
なので、バッキングとソロで音が違って聞こえたならそれは正解だ。
今までなら「どうだすげーだろ?」とドヤ顔になる場面だが、今回は無理だ。

もうそんなレベルじゃ満足できない。
あの音を聞いてしまったから。

フラストレーションが溜まっていく。
フラストレーション溜まり過ぎで、あの感動がものすごい過去のことに感じる。
オレは、まだ何も変わってないのに。。。。

どーする?
どーすればいい?
何をすれば音が変わる?

と自問を繰り返す毎日になった。

半世紀

で、今年はオレも50歳ってことで、いいオッサンなのですが…。
オレがガキの頃の50歳のオッサンとは、全然違いましてね。

4〜50年前の50代のオッサンて、本当に人生の晩年を感じさせるような風体で到底アクティブな感じはしませんでした。
当時の平均寿命って60代後半。
なので50代ってもう間もなくお迎えが来る年齢でした。
対して、現代の平均寿命は70代後半。
つまり、この4〜50年で、平均寿命が10年伸びてるんですね。
なので今の50代は昔の50代よりも、若くキビキビ動けるわけです。

お陰様でオレも大病をすることもなく、概ね元気に過ごしており、まぁ経済的に危うい(泣)ことを除けば概ね順風満帆な感じです。w
で、過去を振り返り、まぁ好き放題やってきたなぁ〜と。

ガキの頃から何となく社会に組み込まれるのが窮屈に感じていて、学校でも概ねはみ出してて。w
別に不良少年とかヤンキーとかじゃなくて、なんつーか、不良と良い子しか居なかった時代に、その中間みたいな立ち位置で居場所がなかったと言った方が的確かな。w

不良ってほど無法者でもなく、真面目ってほど純真に生きてた訳じゃない。
敷かれたレールにずーっと違和感を持ってたのは、尾崎豊と一緒。w
でも、オレの場合は彼のように社会やオトナに甘える事は許されず、ただひたすらにレールの上を走る以外の選択肢がなかった。
結局、敷かれたレールを走り続けて、そのレールから外れるのは、20歳の頃。

レールを降りては見たが、いきなり飛び込んできた自由の使い方が解らない。w
自由を生かせないまま数年が過ぎ、気が付くとおふくろが死んでた。
この時やっと、レールの存在意義を知り、知ったことでレールが自分には不要であることも知った。
同時に何とか、「自立」って方向に頭が向き始めた。

30歳になる直前、愚直とも言えるおふくろを思い出し、世間並みに真っ当な生活をしようと思って結婚した。
しかし結果はやりたいことが出来ないフラストレーションとの戦いに成っただけだった。
そんな折、妻の精神的な不貞行為を目の当たりにし、数年で結婚生活も崩壊。www

それでも周りに心配かけたくないって理由から、離婚は思い止まり、ダラダラと正体の無い生活を数年も続けた。
この時に周りの事など考えず、さっさと離婚してればその後の人生も変わっただろう。
でも、人生に「if」は無い。

40歳になる頃、祖母が亡くなったのを切っ掛けに、家庭内離婚状態だった妻と正式に離婚した。
よく「人並みに生きる」とか「普通が幸せ」って言う人いるけど、オレはそうは思わない。
普通ってなんだ?人並みってなんだ?
そんな中途半端なもので、オレの欲求は満足しない。

ガキの頃には明確にこうなりたいって目標があった。
それがレールを走るうちに、そんな途方も無い夢を持つことは良くないことだと刷り込まれた。
持つ夢までそれと気づかないうちに制限され、結婚して子供作って死ぬと言う、3行人生を強いられてきた。
その為だけに人生の全てを賭けろと暗に言われてきた。

でも、出来なかったよね。www
オレには無理だ。
そんなクソみたいな人生。www

こういうことを書くと「中二か?」と言われるが、オレは中二でもなんでもいいよ。
分別あるフリしてまで死ぬ間際に後悔したくないから。w

別にそれらを否定はしないし、そういう「普通」に重きをおいて生きてる人もいるんだろう。
でもそれはオレじゃない。w

オレにはオレ基準の幸せがある。
誰かの幸せ条件が必ずしもオレのそれではない。
幸せのかたちなんて、十人十色千差万別。
あんたの幸せは必ずしもオレの幸せじゃない。

だからといって、大きな夢を抱えてる訳でもないが、今願うことはひとつ。

「いつまでも、人前でギターを弾き続けて居たい。」

ただそれだけ。
結果それが商売でも、アマチュアでローカルでも何でもいい。
少しでも多くの人の前で、ギターを弾きたい。
ただそれだけの望みのために、既に人生の殆どを費やしてる。

馬鹿げてると言われることもある。
生活もおぼつかない状態で何がギターだと言われたこともある。
(ギターの腕が)そんな器じゃない癖にと言われることもある。

でもそんな他人の定規で測られても、オレの本当の寸法は測れないだろう。

そして今年で50歳
最近やっと自由の使い方を知った。
でも、まだ使いこなせてないが、人生50年目にして数回目の転機が来てるんじゃないかな?と思う。
人生に「if」は無い。
何を選び、何処に進むのか、気分じゃ決められない程、残りの人生は少ない。
だからと言って、じっくり吟味してる余裕もない。

その時の自分の直感を信じて、アンテナが向いた方向に躊躇なく進もうと思う。
残りの人生はそれで決めようと思うよ。
もしそれで何かを失っても、多分後悔はしないだろう。
悩んで悩んで選択しないうちに人生が終わる事の方がずっと後悔すると思うから。

ライブのあり方!?

日本の音楽業界を取り巻く環境が年々悪化している昨今。

数年前は、アマチュアやインディーズの質が下がったって嘆いてました。
勿論、質の高い優れた音を出してる連中も沢山いるのですが、ソレ以上に酷い連中のほうが圧倒的に多かった。w

で、その頃、ちゃんとやってないと質が下がって音楽ファンが減るし、新しい世代も出てこない。
つまんない世界になるぞ!って言ってたんだが…。

そしてとうとう最近は、お客さんも、バンドも数が減った。ww
オレが懸念してた通りになってる。

下らない、下手くそなコピーバンドとかを金払ってまで見たくないし、そういうバンドで演奏もしたくない。
って思うのは何もオレだけじゃない。
殆どの人がそう思うはずだ。
そんなものを見せたって、そんな下らないバンドの世界には誰も入ってこない。
そうなると、当然新しいバンドなんか生まれないし、古参の連中だって新しい客を呼び込めない。

質が下がって面白い演奏するバンドも少なくなり、客も呼べなくなり…ライブハウスは経営不振に陥る。
その結果、ライブハウスを箱貸しすることで活路を見出すわけだ。

そうなると、主催者はその箱代を捻出するためにバンドにノルマを掛けるようになる。
※昔は主催者が居て、主催者が箱を借り、バンドを集め、宣伝をし集金もしていたのだよ。w
オレが、20代の頃には既にノルマ制が定着してた。
あれから30年…。(歳バレるなw)

状況は更に悪化。

バンドはドンドン陳腐化し、そんなものに興味をもつ若者は減り、ゲームや何か他の娯楽に流れ、少子化も手伝ってバンドの絶対数が少ない。
貸しホール化したライブハウスは更に経営が苦しくなり、ライブイベントをイベンターに任せておけなくなり、ハウス主宰のブッキングとして行うようになった。
つまり、箱がバンドに直接ノルマをかけるようになったわけだ。

もう結構前の話だが、オレの所にメールが届いた。

市内の某ライブハウスからだった。

○月○日に企画を組みます。
ノルマは○○です。
よろしくおねがいします。

と、こんな感じ。

ライブの企画内容も何もない。
日付とノルマだけが決まってる。w
オレには違和感あり過ぎで丁重にお断りした。w
コレに「参加する!」って表明するバンドってどんなだろう?と…。www

このノルマ制度。

賛否両論色々あるけども、オレはやっぱ嫌いだ。
「金出せば客なんか居なくてもライブ出来る。」って意識が生まれるからだ。
実際に、顧客が居ないバンドが金払って、そのブッキングに来る、他のバンド目当ての客をアテにしてたりする。
で、話を聞くと…

「俺達は始めたばかりのバンドでお客さんなんか居ないので、チケット売れなくて当たり前だ。」
「ノルマ払ってるんだから、集客無くても文句ないだろ?」

的な態度のバンドがあまりに多くなりすぎた。

昔は自分たちが無名なら、地下鉄駅の前で道行く人に声かけてチケット売ったもんだ。w
女子高生とかに声かけて、ナンパと間違われながらチケット売ったなぁ…懐かしいなぁ…。
それで来てくれた子と仲良くなったりしたもんなぁ…。
今の高校生はそういうことしないのかな?

まぁ、今どきそんな事してると、警察呼ばれるだろうけど。www

つまり金払ってブッキングライブに出てりゃ、他所の客が引っかかるだろと。w
つーかチケット売るのが目的になってるじゃん。
暴走族のパー券(死語)かよ?w

本来は、お客さんを呼ぶ所が目的であって、チケットを売るのが目的じゃない。
ここを履き違えたままのやつが多すぎる。

だから、ノルマ制度もちゃんと機能しない。

つかオレは、ノルマ制度がその勘違いを増進させたと思っている。

そこで、今年はノルマ無しライブを主宰してみようと画策しております。

でも、箱が無いとライブは出来ません。
で、この企画をPhantom of sorrow企画として実行するに当たり、箱の協力が必要不可欠です。
だって、ノルマ取らないでライブやるからには、赤字覚悟ですよ。
そんな時に、何万もする箱代を主宰自腹ってのはあまりにキツすぎる。
なので、その辺を箱にも泣いてもらおうと思ったのですが、そんな箱中々ありませんが、今回見つけました。

Vinnie’s BAR です!

窪田さん全面協力で、ノルマ無しライブを実行できるかもしれません!

この企画と、オレと窪田さんを活かすも殺すも、全ては出演バンドの集客力に寄ります。
勿論、一定数のお客さんが入れば、バンドにギャラも出します。
入らなくても、バンドから罰金取ったりは、“今のところ” するつもりはありません。w

6〜7月頃に1回目をやって見ようかと思っております。

ノンジャンル・バンド形式で、「集客する!」って意気込みと、ちゃんと結果を出せるバンドならどんなジャンルでもOKです。
出演を希望するバンドは是非連絡下さい。

詳細をお送りします。

今後この企画をシリーズ化してやっていきたいと思ってます。
お客さんが居る、楽しいと思えるライブを一緒に作っていきましょう!!