とうとう念願の「ZOOM G3」が届いた。w

ここ最近、欲しくて仕方がなかったZOOMのマルチエフェクターG3。
なんと、H.I.D SoundWorksの岡さんの紹介で、ZOOMさんから支給して頂きました。
この場を借りて、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。

で、なんでいまG3なのかって話なんですが…。

数年前からエフェクターの老朽化に悩んで、時流に乗ってマルチエフェクターを採用しようかと画策していたのだが、その音のクオリティーがまだまだ子供だましレベルだったので、ずーっと見送っていた。

オレのマルチエフェクター歴は、思い起こせば今から20年ほど前、BOSS SE-50 ってのが最初に買ったマルチエフェクターだ。
当時は、足元に置くタイプのマルチエフェクターってのは、まだ出てなくて、ラックマウントして、そこからペダルボードを引っ張ってきて操作するものだった。
なので、エフェクト本体の他に、ペダルボードを買わなきゃ使えないんで、割りとハードル高めの商品で、本体もマトモに買えば十数万は当たり前だった。

そんな時代に、ハーフラックという、一般的な19インチラックの半分、9.5インチサイズのラックマウントエフェクターとして、当時としては破格の59,800円で発売されたSE-50は、もう飛びつくように買った。

使ってみると、空間系の音は当時素晴らしいと思ったが、歪み系の音は、HR/HM系では正直使い物には成らない感じで、空間処理専用になってしまった。
パッチの切り替えの時に、0.3秒ほどの無音状態になりそれを避けるため、信号をパラレルで送って、その片側につないでみたりと色々工夫して使っていた。

しかし、ラックエフェクターをステージに持ち込んで演奏するのはオレ的に非常に面倒なのだ。
まぁ、当時はラックエフェクター全盛時代で、マーシャルアンプの横に、負けないだけデカイラックエフェクトを置くのが通だった。w
でも、オレはそんな財力もないし、そもそもそんなデカイもの持ち込むのが面倒すぎて、なんとか最小限の機材で好きな音を出したかった。

なので、ラックマウントエフェクターは世間より一足先に、オレの中でのブームが去った。www

あれから20年。
BOSSのコンパクトエフェクター(ボスコン)を中心に、いろんなエフェクターを使ってきたが、コストパフォーマンスでBOSSに敵う製品は過去存在していなかった。
お金を出せば、そりゃいい音がするエフェクターはいくらでも買える。
しかし、最前線のプロミュージシャンでもない限り、そこまで機材に金はかけられない。
そうなると、1個1万円そこそこで買えてしまい、かつ一定のクオリティーを保っているボスコンがベストセラーになるのは言うまでもない。
その後は、海外のトップミュージシャンも使い出して、今やボスコンはMXRを差し置いて世界標準となったと言っても過言ではないだろう。

なので、相変わらずボスコンオヤジなのだが、ここへ来てなんとか足元を簡略化して、なおかつ多様なシチュエーションに対応できるエフェクトが欲しくなった。

こうなると、ボスコンやブティックストンプを並べてるだけじゃ、「多様性」と言う部分で限界がある。
しかも、場面で繋ぎ変えたりを繰り返すため、痛みも早いし、余計なエフェクトを常に持ち歩く事になってエフェクトケースが重い。w
パッチケーブルの接続も増えるのでその分接触抵抗も増えるし、思わぬトラブルの発生率も上がるわけだ。

そこで、20年前に諦めた「マルチエフェクター」構想が再燃するわけだ。

まずは、定番のBOSSシリーズを試した。
確かに、安定のサウンドで使い勝手もよく楽なのだが、デカイ。w
小さいのもあるが、小さいのは初心者向けというか音がしょぼい。

それでも、GT-5とか今でも十分結構いい音で使えるんですよ。
そんなボスコンオヤジだったオレが、BOSSを捨ててなんでZOOMになったのか…。

で、オレが探していたのは…

1)小さい。
2)3種類以上の効果を1台でコントロールできる。
3)ライブでの使い勝手が良い。
4)セッティングや作りこみが直感的に出来る。
5)音のクオリティーは今以上下げたくない。
6)そして何より重要なのは、安い!w

で、この条件にハマったのが、ZOOM G3 だったのです。w

まず、「小さい」これは譲りたくない。
今回の、ZOOM G3は、小さい。
ストンプ3個分の大きさだ。

「3種類以上の効果」については、マルチなんだから当たり前。
他の小型マルチに比べると、同時使用出来るエフェクトの数も多い。
他社の小型マルチだとエフェクト同時使用3〜4つってのが殆どで、G3の様に、1つ〜6つまで自由にセレクト出来るってのは意外と少ない。
しかも、同じエフェクトを6台並べることも可能だし、全くエフェクトが入ってないパッチを作ることも出来る。w
(何の意味があるかわからないが…w)
これはアイディア次第で面白い使い方が出来るってことだ。

「ライブでの使い勝手」については、他社の小型マルチでは、パッチを呼び出すとそのパッチを呼び出して終了ってのが多い。
つまり、スイッチが3つ有るとすれば、バンクセレクトを除いて3種類のパッチを呼び出して終了か、ストンプモードにして3種類のエフェクトを個別にON/OFFするかどちらかを選ぶことになる。
まぁ、事前にセッティングを考えておけば対応はできるが、これはちょっとライブでは使いづらい。
例えば、数台のエフェクトが繋がってるエフェクトセット(パッチ)があったとする。
その中の1つか、2つだけをON/OFFしたい為には、それが、ONやOFFになってるパッチを組んで、パッチ単位で切り替えるしか無い。

これは、使ってみると分かるが、ライブとかでは相当マルチ慣れしてないと使いづらいのだ。
ところが、G3は、パッチを呼び出した後、そのパッチの中のエフェクトを個別にON/OFF出来るのだ。
まぁ、今時の大型マルチだと当たり前だが、このクラスのマルチとしては省かれがちな機能なので、ありがたい仕様になってる。

「セッティングや作りこみが簡単にできる」ってのは、マルチってのは基本事前に音作りしなきゃ使えないものなのだが、まぁ現場で微調整ってのはどうしても必要だ。
その度に、メモリー呼び出してパラメーターをボタンやジョグダイヤルなどで調節すりゃいいのかもしれないが、そこはアナログにつまみを回して調節したい。
これが、いつでもそこにストンプペダルがあるかの様につまみが3つほど並んでいる。
回せば液晶画面に操作が出てきてわかりやすい。
これは、会場毎に違うアンプを使わなきゃ成らないアマチュアギタリストには優しい仕様になってる。
もちろん、オレみたいな自分のバンドだけじゃなく、他所様の会場でギターを弾く場面が多いギタリストにも重宝なのだ。

「音のクオリティーは下げたくない」
当たり前だよな。w
エフェクトを通すことで何かが失われるのは仕方がないことだが、失うモノは最小限に留めたい。
札幌の菊水にあるtwo-fiveって楽器屋さんで試奏したんだが、十分に使えるしクオリティーも高い。
恐らくライブは勿論、デモCDレベルのレコーディングならこれ1台で十分イケるだろうって判断。

で、最後に「安い!」。www
これは素晴らしく安い。
例えば、ボスコンで、デジタルディレイとコーラスとリバーブを買うと幾らになるか…?
CE-5、DD-7、RV-5辺りを買うと、約4万円弱になる。
3つでこの値段なのだ。
対してZOOM G3は、23100円で、同時使用6種類、合計94種類のエフェクトと、9種類のアンプシミュが使える。
どう考えてもめちゃ安い。w
とうとうボスコンのコスパを超えてしまった。www

で、オレはこのG3の評価はどうなのだろうかと、知り合いのプロギタリスト達に聞いてみた。

すると…

なんと、全員使ってた。www

しかも、かなり評価が高い。
まぁ、その内の一人はZOOMさんのエンドーサーなんだが…。www

エフェクトは好みもあるが、プロの現場で十分使えるポテンシャルを秘めてるのに、安くて使い勝手が良いと。
USB接続でオーディオインターフェースにもなり、バランス出力もあるので、ちょっとしたレコーディングにもすぐ使えて便利だという。

なるほどってことで、早速物色開始。
先日、ドラゴンドライバー買ったばかりで、財布が厳しいので、中古でもいいから安いやつ!とか思ってたら、今回ZOOMさんから支給されまして、なんと最高の誕プレになってます。w

早速スタジオで使いました。
正直、まだ使いこなせてません。www

でも、良い感じです。
細かい操作に慣れれば、かなりGoodなアイティムになることうけあいです。

これで、とうとう足元からBOSS製品が無くなりました。
長年連れ添ったボスコンですから、若干寂しさもありますが、これで老朽化から救われました。w
ZOOMさんありがとう!w

IMG_0219.JPG

でも、VP位は復活予定。www
そんな感じのwktk状態です。www

DragonDriver 入手!!!www

で、入手しました。
DragonDriver。
dd.jpgdd2.jpg

前回のBlogで、ある程度のレビューはしたんですが、今度は実際にボードに組んでスタジオへ出かけました。w

足元はこんな感じ。

bord02.jpg

左から、MORLEY VAI-1、KORG TUNER 、DragonDriver(以下DD)、ARION DIGITAL DELAY、EIRNIEBALL VP。

ギターはこれ。
JEM7V_WH.gif
Ibanez JEM 7V

アンプはこれ。
top_L.jpg
Roland JC-120

セッティングはですね…。

JC-120は、Treble、Middle、Bassともフラット。
Reverbは、2.5位。
Chorusは、Depth6、Speed0な感じ。

足元のDDは全部フラット。
Delayは、テキトー!w
多分、280ms位にリリース4回位の、20%ミックス程度だと思う。

で、色々書くより聞いた方が早いと思うので、これを…w
あ、プレイが下手くそ!とか言わないでね。心折れるから。w

これで思ったこと。

「結局オレの音じゃねーか?w」

ってこと。
つまり、DDで小林信一になれる訳じゃないんですわ。w
やっぱ、鍛錬は必要でね。www

でもこいつは重宝します。
ただし、大型スタックをクランチさせてる人はコレあまり使い道ないかも。w
こいつは、小型アンプしか無い会場とかで、大型のチューブスタックのような、ディストーションサウンドが欲しい時に使う感じでしょうね。
つまり、ライブハウスのMarshallにこいつ繋いでもあまり嬉しくないってことです。
ただ、後述する使い方だと使い勝手は良いですが…。

まず、特徴的なのは、トーンコントロール。
フツーのディストーションのトーンコントロールって、単純に高音域を削るだけでしてね。
ちょっと凝ったやつでも特定周波数を増減するだけって感じですよ。
でも、コレはなんつーか、トーンってよりも、アンプシミュレーターのスピーカーキャビネットを選んでるような気分になります。

一番絞ると、大型フルレンジ1発のコンボを歪ませたような音になって、センターで定番の12inch4発のモダンスタックキャビネットを使ってる感じ。
目一杯上げると、10inch1発の小型コンボを歪ませてるような感じで、イコライザーってよりは、スピーカーセレクト的なニュアンスを感じました。

コレはなんか画期的だなぁ〜と…。
興味が湧いたんで、中を開けてみました。

品番を消された石(IC)が2個。w
基板回路からすると、多段オペアンプのフィードバックにダイオード噛ませてクリップしてるんだろう。
クリップ方式はBOSSタイプ。つまり両切り。w
ま、OD系定番の回路構成ってことですわ。
一方のICで歪ませて、もう一方のICでトーンとブースターを兼ねてる感じでしょうか。

しかし、ICが違うらしく、定番の4558系のサウンドではないですね。
むしろ、308や072とかの低電力系のアンプをオーバーロードさせてクリップさせてる感じ。
それに、さらにフィードバックにダイオードクリップ使って倍音足してるてか、余計なのを削ってるってか…。
ダイオードはガラス管使ってるので、こいつをシリコンに変えるとオレの好み系の音になるんだろうかと思案中。w

音の方向性は、OD-1ってよりは、TS-9。
4558ってよりは、308系の歪み方ですかね。
072って選択肢もあるけど、昔いじったRATに似てるなと。
なので、308系じゃねーかと予想するわけです。w

違ってたらごめん。w

で、ここで問題発生
EIRNIEBALLのVPの音痩せが我慢出来ない!w

うちへ帰って配線しなおし。

wire.jpg

右がオリジナルの線。
か細いてか、あからさまに音悪そう。w

で、左が交換したベルデン。
ま、幾らかマシだろうと思ったんで交換。

そして組み上がったボードはコレ。w

bord01.jpg

空間系はボスコンです。
この部分は、近々ZOOM G3に取って代わるでしょう。w

今度のアンプは、Marshall JCM-900!

セッティングは、Aチャンネル使用して、Treble Middle Base はフル!w
Presenceは2。GAINとMASTERは4位。
Reverbは2位。
BOSS CE-3は、RATE0、DEPTH6程度。

おー!良い感じですぅ〜!w

まぁ、JCM-900ならBチャンネル使えばOKなんでしょうけど、Bチャンネル特有の紙破いたみたいな「音痩せ感」を感じないで、歪ませれるので、Aチャン+DDってのは、アリかなと思います。
必要応じてクリーンも使えるという裏ワザも出せますからね。www

ま、コレは考え様によってはいろんな場面で使えますな。
オレみたいに、自分のバンド以外でもいろんな場面でギター弾く機会があると、こういう小物は重宝します。
マルチのディストーションはまだまだ実用レベルじゃないんで、歪み系はこういう小物が便利です。

ま、値段は「小物」じゃないですけどね。w
ちょっとしたUSBインターフェース内臓のマルチの方が安いですからね。www

そんな感じで、楽しい時間はあっという間に過ぎてゆきます。www

小林先生!
こいつ、最高です!!
で、例の個体差を知りたいんで、もう1個下さい!www

OS X 10.8.2 Mountain Lion

にして見みました。
元々、Lion 使ってたんで、使い勝手や見た目は殆ど変わらない感じで、こんなもんかな?と思ってましたが…。

実際に使ってみると結構違いますな。コレ。。。

まず、iOSとの親和性が格段上がってます。

iCloud関係はほぼ完璧に、iOSと同期することが可能です。
これで、情報の一元化がかなりのレベルで再現できます。

この情報の一元化ってのは、もう随分前から言われてる事で、オレがこの言葉を聞いたのは、1995年頃。
Windows95が発売になって、コンピューターはネットワークで使うものだと言う時代に突入した頃の話。

ネットワーク上を流れる情報は常に同じじゃなきゃ意味が無い。
どういう事かというと、会社などでスケジュールの管理をする場合に、同じ部署のスケジュールは誰が見ても同じじゃなきゃ意味が無い。
Aさんが見たスケジュールと、Bさんが見たスケジュールが違うと、仕事がうまく進まないのは当たり前。
なので、複数の人が同じスケジュールを見れないとダメなのだ。

そのためには、元になるデーターは1つである必要がある。
これが複数あると、情報が錯綜してグダグダになる。

過去、パソコンがなかった時代は、これらは全部手書きで、それぞれが自分のスケジュールに書き写していた。
なので、当然元データの正確なコピーではないので、書き写した人によっては間違いや書き落としが発生する。
それが、コンピューターによって皆が同じスケジュールを見ることが出来るようになったわけだ。
そのための方法として情報の一元化ってのは、重要な作業だった。

そして現代。

時代は進み、パソコンは一人に1台の時代を経て、今は一人に1台はモバイル端末(スマホやタブレットPC)に取って代わった。
むしろ、一人で複数台のモバイル端末と自宅コンピューターを連動させるのは当たり前になったんだが、このデーターの一元化を効率的に行うのはちょっと知識と工夫が必要だった。
自分のスケジュールを、スマホ見た時と、パソコン見た時で違うスケジュール書いてあると困るでしょう。
なのでこの一元化をできない人は、スケジュールは相変わらず手書き何でしょうかね?

で、新しいOS Xは、iPhoneとの連携が設定ONにするだけで、簡単にできてしまう。
まぁ、これは、SnowLeopard の頃から実施されたが、アップルも試行錯誤状態で、クラウドは有料だったりした。
今は、iCloudは無料で利用でき、iPhoneやOSXを使っていれば誰でも使えるわけだ。
日常使う予定や、連絡先はは全部クラウドに置いて、利用するたびにアクセスするのが一番スマートな使い方だろう。
それを勘案にできてしまうようになったのが、このMountain Lionみたい。

他にも、音声入力とかね。www

iPhoneではすでに実用化されてたが、とうとうMacまで音声入力かよ!と。www

余談ですが、かの有名TVドラマ「スタートレック」の中で、クジラ保護のためにタイムスリップしたエンタープライズのクルーが、タイムスリップした1986年で、マウスもってMacに話しかけるシーンがありました。

そこにあったMacは「Macintosh Plus」。

当時グラフィカルユーザーインターフェースの最先端のコンピューターで、マウスが付属してたのはこれだけだったはずです。

にも関わらず「当時最先端の Macintosh Plus が音声認識すらできない」訳です。www

これは、強烈に面白い場面で、まぁ仕方がないよねぇ〜的な感じだったんですが、とうとうMacは音声認識を手に入れました!!!

やっとスコッティーがマウスに話しかけなくても良い時代になりましたので、いつでもクジラ保護に来てください!www

オレはもう、この音声認識がついただけで、未来を感じれるおっさんなので、これ結構楽しいです。

他は、通知センターね。
これ便利。

iPhoneによく出てくるグレーのお知らせ画面が、Macでも使える。
画面右に内蔵されてて、指2本でマウスパッドをスイってやると出てくる。
めちゃ便利ですわ。

もうひとつはね、フリーソフト愛用する人には面倒かもしれないけど、ゲートキーパー的なものが備わった。
なんのこっちゃと思うかもしれないが、一言で言うと、事前認証のないソフトは動かしません!ってやつ。

つまり、AppleStoreからダウンロードしたものしか受け付けません!って前提で、段階的に、全部受け付けますまでが設定できるのだ。
これで、不用意に不正ソフトウェアやマルウェアをインストールされたりすることが激減する。
上級者はこのガードをOFFにして好きなソフト使えばいいじゃんって話なので、ホビーとしてMacする人には便利な機能だと思う。

「でもやっぱオレは、音声認識機能とクラウド型OSと言うのが大好きかな。」

と、音声入力をつかって見た。w

本体HDDは限界あるんで、できるだけデータはクラウドに移したい。
なので、iCloudの他に、DropBoxや、K-Driveなんかも使って、最大60GB以上のクラウド環境を使ってる。
そうなると、このクラウドと共存しやすいOSってのは、嬉しい。

そんな感じで、いいことばかりに見えるが、最後に困ったこと。

ローカルサーバーが動かなくなりました。(泣)
サーバー環境がリセットされて、ローカルでのテストができなくなったんで、今再構築中です。
しかも、web共有のボタンが無くなったんで、全部手作業かよ!と。www

あーめんどくさ!!!!wwww