貧乏だねぇ〜稼ぎたいねぇ〜(笑)

昔から思ってたことがある。
「お金って大事だね。」って事なんだが…。
何を今更言ってるの?って思うかもしれないけどさ。(笑)

稼ぐって、オレの感覚だと搾取に近いんだよね。
価値観の押し付けってかね。
あ、別に今稼いでる人が搾取してると言ってる訳じゃないから、誤解なきよう…。

どういう事かと言えばね、対価として適切かどうかとか、価値ってのはその感じる人依存じゃない。
その価値を感じれる人と感じれ無い人では、その仕事や作業の重要度が違う訳で、同じ価値観を持たないと、その仕事や作業に対する正当な対価って存在出来ないんじゃないかと思っちゃうのさ。

例えばオレが何らかの作業をしたとする。
オレはその作業を遂行するために必要な知識と技術をある程度の月日をかけて習得した。
そして失敗しないためのノウハウもある程度の年月をかけて習得したわけだ。
そこで初めて、その作業を安心して安定した結果を得られる状態で遂行できるわけだ。
言葉にすると自分で思う価値ってのはこんな感じだ。

まぁ、わかりやすくするために金額を決めよう。(笑)
この作業はオレ的に3万円の価値があるとしよう。

で、その作業を依頼した人は、別に知識もノウハウも必要なくて、オレの存在だけあればコトが足りる。
つまりその瞬間だけオレに居てくれればいい。
ほんの数十分〜数時間で良いのだ。何年どころか1日も必要ない。
これが自分のところの従業員なら、まぁ2時間掛かったところで、2時間分の時給で済む。
時給1000円にしたって2000円程度なのだ。
依頼主が思う価値ってのはこんな感じだと思う。

これもわかりやすくするために金額を決めよう。
依頼主は5000円位でやって欲しいわけだ。

3万円と5千円の落差をどう埋めるのか?

例えばオレが「これは3万円です。」と言い張ったとする。
これはオレの価値観を依頼主(お客)に押し付けてる事にならないだろうか?
逆に、お客様が「5千で出来ないなら断る。」みたいに言うと、お客様の価値観を押し付けられた感じがする。
それを無理やり稼ごうとすると何処かが歪んでうまくゆかない。

まぁ、「稼ぐ」って意味では、3万円を請求すべきなのでしょうし、その条件でお客様も依頼したはず…。

確かにそのとおりなんですがね、でもそれは本当に3万円の価値がある仕事(作業)なのだろうか?
オレは本当に正当なのだろうか?
ってところに疑問が浮かぶ。

生活も苦しいので、お金は欲しい。

3万円がダメなら、2万円でもいいよ。
2万円がダメなら、1万円でもいいよ。

と思ってしまう。
お客様に言わせると、「じゃ初めから1万円でやれよ。」って事だ。
自分が客の立場でも同じように「じゃ初めから1万でヤレよ!」と思うだろう…。
なのでこの当初の提示金額との差額2万円は「搾取」に当たるんじゃないか?って思うんだ。

つまり、オレは1万円が、まぁ妥協できる範囲と言うか、その時点で赤字にはならないだろう(つまりまだ黒字なのだ)ってレベルの最低ラインなわけだ。
であるなら、それ以上を要求するのは不当なのか?暴利なのか?って事。
しかし、前述の通り年月掛けて、そのお客様には出来ない作業を代行してるわけで、作業遂行するためには数年分のノウハウが必要で、昨日今日で得られるものじゃないって自負がある。
その分の価値を上乗せしたっていいだろ?とも思うのだ。

オレはオレの中で、この葛藤が毎回起こる。

まぁ現実には仕事には相場があるし、相場のない仕事でも話し合いなどして互いに妥協できる点を模索したりする訳だが、それは妥協点であって、満足点ではない。
なので、その作業をすることでオレが期待した満足度は得られないし、お客様にしてもちょっと損した感は否めないだろう。

つまり、妥協することで得られる精神的なメリットは皆無なのだ。
作業をすることでお金だけが動いてる感じで、満足度は低い。
もの凄く心を感じない。

なので、お客様の価値観で動かなきゃ成らない様な仕事は極力断りたい。
まぁ、現実にこんな事を言って居ては商売に成らないし、稼げもしないので現実には妥協の繰り返しなのだが、オレの心の中の葛藤は正に毎回コレなのだ。

もう、ずっとそんな感じ。

だから、この問題を感じずに、もしくは感じても無視出来る人が、商売を成功させ、稼ぐことが出来るんだろうなと思う訳だ。
でもそういう人って、往々にして「図々しい」人が多い。

つまり自分の価値観最優先で、それが押し付けだろうが搾取だろうが関係ない。
空気が読めないのか、自分に都合が悪いからあえて読まないのか知らないが、とにかく自分の価値観を押し付け、人の話も殆ど聞かない。
聞いてる振りして右から左か、ちょっと頭が回る奴なら屁理屈ゴネてでもその相手を論破しようとしたりする。
自分がいつも絶対的に正しいと思い込んで居られる。

まぁ、どっちにしても非常にウザい。
こういう人達の中で生活しなきゃ成らないのは、もの凄いストレスになるのだ。

こういうことを感じれない、もっと鈍感な人間に生まれたかったとよく思うのだが、感じてしまうのだからしょうがない。
だから、多分オレは一生貧乏だと思う。

残念だけど、オレはそういう意味では図々しくなれない。
「正当」とか「妥当」って言葉を忘れない限り、オレは儲ける事が出来ないらしいよ…。(笑)

世間話

Posted by KIYA-HEN