理解者

昔、「人と言う字は、二本の棒が支えあってる形で出来ている。だから、人は支えって生きてゆくべきなんだ。」なんて事をどっかで聞いた。
んじゃ、「入」って字も同じジャン!」なんて思ってたんだけどね。(笑)

まぁ、支えあうには、互いに良き理解者である必要があるんじゃないかと。

で、理解者ってなんだろう?

親兄弟ですか?彼氏や彼女、配偶者ですか?それとも友達ですか?
そもそも人ってそんなに簡単に、把握できるものなのだろうか?

オレにはそうは思えないんですわ。

昔は、「相手の立場に立って、相手の気持を理解して…」なんて、小学生の道徳みたいな事を本気で考えてました。
まぁ、今でも基本スタンスは変わってないんですが、どうにも綺麗事すぎるなと、最近はやっと気づきはじめたところです。(笑)

つまりですな、「相手の立場」なんて想像したところでわかるはずもない。
実際に、その立場に立ってみて初めて、その立場の良さも辛さも感じることが出来るわけでね。

で、仮に同じ立場に立てたところで、状況も違えば感じ方も違う。
何かを感じたところで、それがその「相手」の感じ方と同じじゃないんですわ。
だから、「気持ちの理解」なんてのは到底無理。
不可能なんですわ。

ここが現実の辛いところでしてね。

絵空事…とまで言いたくありませんが、かなり綺麗事で、それをそのまま鵜呑みにすると、実際は綺麗どころか、むしろ醜い事に気づいた時に、大きな心のキズを残すことになります。

ずーっと以前に、とある友だちが「人は互いに理解できない」ってところにスタートラインを引いてる人が居ました。
その言葉を聞いてなんとも、心の寂しい人だと悲しくなったことがあります。
しかし今は、「あぁ、彼も辛いんだろうな。現実の醜さに己を閉ざすと言う選択をしたんだな。」と思っています。
まぁ、それすらもオレの想像であって、彼を理解してるわけじゃないんですけどね。www

それほど理解できないし、されないわけです。
努力が結構虚しいわけですね。

で、理解のメカニズムを考えてみた。

「理解した」といえる状況ってどんなだろうと考えてみる。

「(話さなくても)考えてることや感じてることが100%わかる。」

まぁ、究極はこういう事なんでしょう。

サイコキネシス?テレパシー?バビル2世かよっ!?www って感じ。w

結局、これって確認できないですけどね。
相手の真実が100%わからない状況で、自分の理解度は測れない。
また、同じ理由で相手は自分の理解度をチェックすることが出来ない。

じゃ、実際は何を持ってして理解したとしてるんだろうか?

コレは、「レッテル貼り」にも近いんですが、つまりは「符号化」じゃねーかと思うわけです。

つまり、相手を自分が理解しやすいように符号化する。

例えば、ちょっと人のよさそうな人を見つければ、その人の他の側面がどうアレ「(人の)よい人」と言うレッテルを貼り、自分の中で符号化してゆく。
コレの繰り返しなんですね。

同じ人に対して、新たな側面を見つけては何度もレッテルを張り替えて、どんどんその人に対する理解の精度を上げてゆく。
そのうち、何処かのタイミングで「理解した」と言うラインを超えることになる。

しかし、そのラインの多くは自分依存なので、本当に理解してるかどうかは、誰にもわからないわけです。
と言うより、そもそも理解と言うよりは、自分にわかりやすいレッテルを貼り続けてるだけなんですね。

なので、「理解したつもりに成ってる」だけであって、理解したわけじゃないんです。
だから、時々予想外の対応をされて、困惑することになる。

つまり、困惑の原因は相手の言動ではなく「理解してた」つもりに成ってた自分が原因なんですね。

こんな曖昧であやふやな感情を基盤にしてコミュニケートしてゆくのは、ものすごく危険だなと最近気づきました。

まぁ、何が言いたいかというと、世の中、独りよがりなことが多いので、それはそれとして正しく認識しようってことなんですけどね。

理解したつもりに成ってても、それは理解ではなく、単に自分の内部における符号化でしか無い(これが独りよがり)って事を、自分自身が理解していれば、相手の想定外の言動にも対応できるんじゃないかな?と言うお話でした。

まーでも、それでも理解したいし、されたたい訳で、ぶつくさ愚痴をこぼしながらでも、理想に向かって模索することは止めないと思いますけどね。www

サーベルタイガーと木下昭仁氏

※一部過去に何処かで書いてるかもしれない内容と重複してる部分があります。
※また、過去の話と食い違う部分もありかもしれませんが、なにぶん老齢化の為に記憶が曖昧になって来てますので、ご容赦下さい。w

つーことで、オレはまぁ一部の人からは、「弟子1号」と言う認識をされてる訳ですが…。

正直、弟子入りした事はないです。(笑)
じゃ、なんで弟子1号なのかというと、木下氏のBLOGだったか、掲示板だったかで、「木下さんの弟子」って人が書き込んでましてね。
だったら、オレは一番古い弟子なんじゃねーか?って勝手に思って、自ら「弟子1号」を名乗ったら、あっさり木下氏本人が認めてしまったんで、公式に弟子1号に成ってるって話は、前に何処かで書いたハズ。

でも、それとは関係なく、木下さんの存在はオレの中でものすごく大きかったんですわ。

高校時代に、駅裏8号倉庫って所(今は無いです)で初めてサーベルタイガーなるバンドを見ました。
中学時代、ロックバンドがやりたくてエレキギターを買って練習して、高校時代にバンドを組んで練習を始めたんですが、学祭以外で演奏するって事は無かったわけです。
外タレ(当時外国人アーティストの事を、総称して「外タレ」と呼んでいた。)の様なワールドツアーは勿論、アマチュアのくせに公でライブをやるなんて概念がまだ無かった時代に、アマチュアバンドでライブをやってたサーベルタイガーは、目からウロコでした。

と言うかオレがガキだっただけで、実はフェアリーとかブラインドホースとか、アマチュアでライブ活動してるバンドは昔から存在はしてたんですけどね。(笑)

まぁ、オレの中では彼らはプロなんだろうって思ってたんで、当時アマチュアであるはずのサーベルタイガーがライブをやってるってのは、衝撃だったんです。
この瞬間にオレは趣味の音楽から脱皮して、本気でプロ(当時はプロ=メジャーデビューでした)を目指そうと思ったんですわ。

その後、木下さんの家に押しかけ、無理やり知り合いになって、サーベルタイガーのスタッフの真似事を初めて、木下さんから盗めるものは盗んでやれ!と思って、くっついてました。(笑)

今思うと、よくぞこんなオレをそばに置いておいてくれたもんだと思います。(笑)

数年経ち、自分でもバンド始めたり、就職して時間が無くなってくると、バンドボーイは務まらなくなります。
と言うか、オレが居なくても他にサーベルファンが増えて、ボウヤをやりたい、スタッフをやりたいって人が増えてきたんで、自然消滅的にオレの場所は無くなる訳です。

それから数年はちょっと離れたところに居たんで、特に5人サーベルの時代は殆ど知りません。
オレにとってのサーベルタイガーは、激しいストレートな曲調の3人サーベルなんですよね。
マボロシでさえ、キャッチー過ぎてなんか違うなぁ〜って感じです。

メタルライダーとか、マシンガンとか、スピード感あふれるストレートで暴力的で激しい曲調のサーベルが好きでした。

そんなサーベルタイガーに憧れて、オレもサーベルに肩を並べるバンドをやろうって思って、今日まで来ました。
まぁ、サーベルタイガーがどの程度かとか、色々あるんでしょうけど、オレには一番最初に、夢は実現できるんだ!と教えてくれたバンドでした。

まぁ、よくも悪くも「札幌はサーベルだよなぁ〜」と今だに言われることが多々あります。
確かに、HR/HM系統ではサーベルが今だに札幌の頂点ではあります。
木下さんが引退するまでこの状況は変わらないでしょう。

越えられない壁ってのがあるとすれば、それはサーベルタイガーなんじゃないかな?とさえ最近は思いますね。

オレはそんな偉大な人に「弟子1号」として認められたわけです。
多分、初めて肯定的な対応をしてもらったんではなかろうかと思います。(笑)

お陰で、オレの認知度が一気に上がり、各方面からキヤさん、キヤさんと言われてありがたい感じになってますが、その殆どが木下さんのおかげだと思ってます。

今となっては、サーベルタイガーの楽曲はオレには難解でその良さもどんどん解らなくなってきてますが、木下さんのギターの音は変わってませんね。
音ってよりも、ニュアンスって言うんですかね。
タッチですね。
チョーキングやビブラートのかけ方とか、コードの鳴らし方や、アーミングのポイントやタイミング。
この辺は、この30年変わってないように思えます。

気がつくと、オレのギターにも木下節が息づいてるようで、いろんな人に「さすがに木下さんに似てますね。」と言われるのだが、それにはオレもちょっと悔しい訳です。
「オレは木下昭仁のコピーじゃねーぞ!」
と思うわけですが、そもそもあんなに技巧的に弾けません。(笑)

でも、下山アニキに、「キヤさんのギターは昭仁ちゃんとそっくりだねぇ〜」って言われたときは、さすがにちょっと嬉しかった。
そこまで似てるんならまぁ良いかなって。
実際に、何年も木下さんと一緒にサーベルタイガーで活動してる下山アニキに言われるなら、もう仕方がない。

「似ててもいいじゃんかよ!こっちゃもう30年も木下ギター聞いてんだよ!」

って感じです。w

でも、意識的にサーベルのコピーはやりませんでした。
札幌のギタリストは、木下コピーばかりだなと言われるのが嫌だったからです。
でも近年、忘年会の出し物として昔の数曲をコピーしただけです。

その時も、酔っ払った今井のお兄ちゃん(初代ベースボーカルですな)から「キヤくんギター上手いんだね〜。木下くんそっくりだったよ〜。」と言われたこともあります。
さすがにその時は、嬉しさよりも「今更っすか?w」と思ってちょっと笑ってしまいましたが。www

ともあれ、多分木下さんが居なかったら、オレはここまで固執してバンド活動とかしてなかったと思います。
いくつになっても、どんな状況でも、「継続は力なり」って言葉で邁進してきた木下さんが居なければ、オレはその教え「継続は力なり」をそれこそ、継続できなかったと思います。

バンド仲間の友人も沢山居たんですが、今時点で継続してる人は数える程しか居ません。
オレは大した上手くはないですが、30年ずーっと継続してきました。
途中で休んでいません。
それだけが自慢です。

「中抜けして、オジサンになってから帰ってきた人ととは違うんだ!」って意識をもって活動してます。
それがどうした?と言われるかもしれませんが、それでもいいんですね。
価値観の問題ですから。
オレには、継続するだけ魅力のある世界だった。
そうじゃない人にはそれほど魅力ある世界じゃないんだってことですね。

因みに、MIやら何やら各所でギターを教えてる木下さんですが、オレがこの30年で明示的に木下さんに教わったのは、この「継続は力なり」って言葉と、「マボロシ」のギターソロを途中までです。(笑)
バッキングと残りのソロは、弟子2号のクニヤから教わりました。(爆)

それでも、セッションなどで弾くオレのギターには木下節が満載だそうです。
まぁ、仕方がないですね。

師匠なんだから。www

アプリの連携

よく

「ツイッターに呟いたら、フェイスブックにも反映されて便利!」

みたいな機能があるじゃないですか。
ああいうのがアプリの連携って言うんですけどね。

この仕組をちゃんと考えてる人いるのかな?

本来、ツイッターとフェイスブックは別なwebアプリケーションなんですね。

その前に、この「webアプリケーションって何ですか?」って人も居るかもしれない。
そういう人は、「ググれカス!」と言ってあげよう。w

で、そのwebアプリ同士で何らかの連携をするってことは、そこに登録されてる個人情報を、その両方のアプリで共有することになるんですね。

つまり、自分の個人情報を、業者Aと業者Bに共有されることになるんです。
まぁ、便利なんで多少のことは気にしないって人はいいかもしれませんね。
それに、TwitterやFacebook程度じゃ、大した情報も登録してないだろうし。

でも、最近、GoogleのIDで、youtubeにログインできたりってあるじゃないですか。
これも、アプリの連携なんですけどね。
Googleの登録情報を、Youtubeにも提供するわけです。
そうすることで、Youtubeは「この人は誰々です」と特定してログイン出来るようになる。

このレベルだとまだ「便利」が勝ってるので、まぁいいんじゃない?と思う人が多いでしょう。

で、今朝届いたメール。

「ツタヤのT-カードのIDで、某サイトにログインすると、ポイントが10ポイントもらえます!」

ってメールが届いた。

オレ:「ハテ?T-カードのIDってなんだっけ?」

と既に忘れてる状態。
でも、DVD借りたり、ガストで飯を食う度にポイントは貯めてある。

で、10ポイントもらえるならと思って、そのサイトへアクセスしてみた。
そのサイトには、「YahooのIDでもログインできます。」と書いてある。
オレはT-カードのIDを忘れてるので、Yahoo使えるんだと思って、そのYahooIDで登録を試みた。

オレ:「ちょっとまて、登録だって!?」

つまり、この某サイトは新しいユーザーを確保したいわけだ。
なので、ユーザー登録をして欲しいのだ。
でも、取り敢えず何のサイトなのか、そのメールやログイン画面からはなかなか伝わってこない。
メールをスクロールして下の方まで表示させて、やっと当該サイトがファッション系の通販サイトであることがわかる。

さらによく読むと、T-ID、Yahooの他に、mixiIDでも登録できるそうだ。
もうmixi辞めて、1年位上経つので、mixiがどういう状態かしらないが、個人情報をしっかり登録してる人は注意が必要だろう。

SNSだけじゃなく、販売サイトにまで個人情報を取られてしまうのはなんか気持ちが悪い。

オレはYahoo IDで登録を試みた。
すると、

アプリケーションへの許可

お客様情報の取得機能お客様情報の取得機能

外部アプリケーションにお客様の表示名、ウォレット登録/プレミアム会員登録の有無、Yahoo!ポイント数を提供します。

ポイント発行/利用機能ポイント発行/利用機能

外部アプリケーションにお客様へのYahoo!ポイント発行、お客様のYahoo!ポイント利用ができる機能を提供します。

と言う注意書きが出た。

プレミアム会員だし、Yahooポイントもそこそこ溜まってる。
何より、オークションやってるんで会費の他に、利用料金も取られてる。

で、外部アプリにポイントの発行だとか、ポイント利用だとか、一見便利な機能なんだが、もしその当該サイトのイヴェントなどに勝手に参加させられたりして、ポイントを消費してしまったりとか、無いとは言えない。
なので、登録前に十分吟味する必要がある。

まぁ、オレみたいになんでもホイホイと着いて行ってしまうような軽い人はあまり居ないのかもしれないけど、念のため。w
特に、Yahoo辺りでクレジットカード登録してる人は、このアプリ連携は注意したほうがいいかもしれませんね。

何が起きるかわからない。

でも、起きてから「知りませんでした」も通用しない。

読むのが面倒な細かい規約や説明書に、「書いてありますよ!」と言われりゃ読まないほうが悪いことになる。

てかね、話が結構逸れてしまったが、オレが思ったのは、この手の機能が充実すると、個人情報の管理が必然的に一元化されて、何かすれば個人の特定が容易になって何かと嫌な思いをするんじゃないかってコト。

例えば、銀行あたりが参入してしまうと、その人の資産がどの程度あるかとか、全然関係ない業種の業者に伝わって、その資産に応じたプレゼンがされる訳です。
現時点でクレジットカード登録してる人も同様なもんですね。
限度額と現時点での利用額を照らしあわせて、「この人はあと幾ら使えるから、この買物をさせよう。」みたいなプレゼンが出来るわけです。

これって、怖くないですか?

個人情報が多数の組織によって完全に掌握され、利用されるのです。
なんか、近未来の映画の世界を見てるような気になって来ました。

国民全員に国民番号と呼ばれるIDを発行して、IDで管理しようって動きもありましたが、管理が容易になる反面、不正利用もしやすくなるってことなんですね。
これをGoogleIDでやったらかなり面白いんだけど、まぁ民間企業ですからGoogleは。
国民全員がGoogleの会員ってのは、なんか現実味が無いですが、国民IDを発行する手間を考えると、そのほうが早いかなとかね。www

国民IDが出来れば、そこからあらゆる個人情報を入手できることになります。
もう、クレジットカードも要らなくなるでしょう。
むしろ、国民番号からその人の個人情報を引き出して、審査すれば良いわけで。

クレジットを利用したいと思えば国民IDカードでも出しておけば、それでクレジット支払いも出来るようになるでしょう。
クレジット会社は独自のカードを発行する手間もなくなり、より便利になるはずです。
支払状況とか資産状況は国民IDから読み取ればいいだけですからね。

反面、どこかでトラブルを起こしてしまうと、そのIDをもった国民は何も出来ないことになります。
怖いですねこれ。

完全無欠な人なんかそうそう居ないわけで、誰だって何処かでミスを犯したり、人に知られたくない秘密があったりするものです。
そういう部分をダークサイドに置くことで、日常の生活をしてる面もあるわけでね。

なんでも、白日の元にってのは、どうなんでしょうね?

アプリ連携機能の行く先はソコしか無いから、近い将来完全無欠な人しか暮らせない世の中になるのかなと思うと、ちょっと怖いけど、その頃オレは寿命が尽きてるだろうから、取り越し苦労かなとも思ってますがね。(笑)

何が便利なのか、もっとよく考えなきゃならないんでしょうね。

 

ジョン・ロード氏が逝きました。


Deep_Purple

 

オレの青春時代を彩ってくれたイギリスのロックバンド。
DEEP PURPLE の創立者でありリーダーだった、JON LOAD 氏 が他界されました。

まぁ、なんつーか、DEEP PURPLE ですよ。

オレなんかよりも、影響受けてる人は世界中にゴマンといて、今実際に活躍してる多くの著名ミュージシャンも、沢山の影響を受けた、ハードロックの創立者であり、ヘヴィーメタルの始祖でもあります。

そんな DEEP PURPLE のキーボディストが他界されました。

多くを語る必要も無いと思うので、追悼の意を表しオレの思い入れでも書いておきますかね。

DEEP PURPLE を知ったのは、1975年。
時代的には、既にレインボーが活動を開始しており、PURPLE はトミー・ボーリンがギターを担当した4期になってました。

ラジオから流れた曲は、ブラックナイト。
1970年に発売されてたアルバムの曲なんですが、当時、洋楽が日本に輸入されるには、海外で確実にヒットしたものしか入って来なかったので、70年にイギリスでヒットして、数年安定したのを確認してから日本に輸入される感じでした。
それだけ、洋楽ロックは市民権を得て居なかったんですね。
なので、75年当時は、一部のマニアックな番組を除けば、主に2期3期の曲がラジオから流れてたわけです。

そんな時代にDEEP PURPLE を耳にしたんですが、小学生だったオレにはちょっと早すぎた。(笑)
当時オレはKISSに夢中だったんで、イギリスバンド=暗い ってイメージしか無く、明るくノーテンキなアメリカンバンドに傾倒してました。

で、本気でPURPLE を聴いたのは、中学に入ってから。
自分でもギターを弾くようになって、リッチー・ブラックモアの凄さを知ったわけです。
早速友達の兄貴から「MACHINE HEAD」を借りて、ご多分に漏れず「SMOKE ON THE WATAER」のコピーですわ。
既に、レインボーのキルザキングなんかも音源として出回ってたんですが、あんなの難しくて初心者には無理です。w
なので、取り敢えず入門編はSMOKEなんですよ。

それ以来、DEEP PURPLE に、リッチー・ブラックモアにどんどんのめり込むんですね。
けどオレの使ってるギターはFLYING-Vでしたけど。(笑)

なので、ハードロックバンドにはオルガンが入ってて当たり前。
今でも、作曲する場面で、頭に流れる音は、ギターの他はオルガンなんです。

それも、あの改造B-3。

スプリング・リバーブユニットや、リングモジュレーター等が増設され、JON独特な音をだすあのオルガンです。
最初、B-3買えばみんなあの音なんだと思ってたら違うんですね。
JONは、ロックの迫力を出すために、オルガンに改造を加えて、本来のB-3の音では無くなってたんですね。

特に、レズリー使ってると盲目的に信じてたんですが、PURPLE ではマーシャルで鳴らしてる時期の方が長かったりしてるんですよ。
つまり、セレッションの4発キャビですね。

そんなマニアックな話も、近年になって知った事ですが。

で、そんなDEEP PURPLE に憧れて、今でもコピーバンドとかやってますけどね。

ココ数年、シンフォニックメタルってジャンルのバンドをやってるオレですが、根底には、DEEP PURPLE や、LED ZEPPELIN が常に居るんですよ。

若い人にも聞いて欲しいんですよね。

クラシックロックとか、懐メロとか言わないで、ロックの基礎を築いた偉大なバンドを聞くことで、形式は変わってもスピリッツは受け継いで欲しいと思うのです。

とにかく、1時代が終わった訳です。

しばらく、世界中でDEEP PURPLEだろうな。
追悼ライブも世界中で行われるだろうな。

オレも練習しとこう!
リッチーのギターを!(笑)