ヴィンテージギターとか…

前から思ってたんだが、「ヴィンテージ」の定義ってなんだべ?
「中古」とは違うよね。
最近は下火になったっぽいけど、「ジャパンビンテージ」とか言われるギターもあったけどさ。
結局、どういう意味合いなのかって検証をしてみる。w

まず、オレ的な定義を言いますと、一度でも人手に渡れば、すべて中古。
その中古の中から、20年位上前(今だと80年台以前)に生産されているオリジナルモデルはオールド。
そのオールドに中から、特定年代のモデルをヴィンテージとして扱っている。
※ジャパンビンテージは一部の例外を除いて存在そのものを認めてない。w

オレはこんなかんじだ。
この考え方は、以下に大手ショップの考え方に似てる。

某大手ビンテージギター取り扱い店の店頭を覗くに、20年以上前に製造された海外オリジナルモデルは一律「オールド」とし、それより若いモデルは「中古」としているようだ。
で、その「オールド」のなかの特定条件を満たすモデルは、「ヴィンテージ」として扱われてるっぽい。

つまり、中古<オールド<ヴィンテージ の順に高価になっている。

ヴィンテージと呼ばれる条件は…

1:改造などのないオリジナルファクトリーコンディションであること。
2:特定年代の製造、もしくはそれに準じた内容で生産された前後の年のもの。

らしい。

例えば、ストラトなら57、62、68、70、72年辺りは、ヴィンテージ扱いで、それ以外はオールド、または中古扱いみたいだ。

ちなみに、オールドやヴィンテージにカテゴライズされるはずのものが「中古」として出ている時は、

1:大幅な(木部を削り込むような)改造が施されている場合。
2:リフィニッシュされている場合。
3:パーツの半数以上がオリジナル、純正パーツじゃない場合。

但しこれにも例外があるらしく、レスポールの58年や、ストラトの57辺りは、ボディネックとピックアップが無事なら、リフィニッシュ程度では、格下げにはならないようだ。

あと、レスポールに多いのだが、ネック折れ補修は、ダメージとして値段に響くが、これも格下げにはならないようだ。

オレの中では、補修は補修であって改造ではないので、格下げにはならないが、ダメージとして価格には影響するって考え方だ。
ただし、補修ってのはオリジナル状態に可能な限り復元してある状態のことで、同機能の別仕様のパーツを使用した場合は改造とみなす。

例えば、ピックアップの交換とかがそうだ。
オリジナルから、リプレースメントメーカーのピックアップに交換とかは、改造とみなす。

ポット類は判断が難しい。
オリジナルと同メーカー同モデルが使われていれば、文句なく補修だが、違うメーカーのものが使われている場合に判断に開きが出る。
CTSの代わりに別メーカーのポットがついてたら、直ちに改造かと言われれば、そうでもない。
状況判断で結構開きができる。
その他のハードウェアは概ねオリジナルと同型なら修理とみなしてしまう。

フィニッシュもね、ビンテージとして扱えるのは、20年以上前にリフされてればまぁ認めようかなって気持ちもある。
それ以上最近のリフは認めたくないね。
なんせ、風合いが変わってしまうんだから。

あと、フレット交換。
これは、例外的に、打ち替えたらアウト。
なぜなら、木部(フィンガーボード)に直接影響し、フィンガーボード無加工では交換不能なので、これは改造とみなしてる。

特に、ビンテージとして微妙な時期(70〜80年台)のモデルは1発アウトですわ。
60年代以前のモデルなら、オリジナルに近い状態でのフレット交換なら、補修で認めようとは思うけど。
70年代以降はちょっとね〜。

もともと、70年代のモデルは最近までヴィンテージ扱いされてなかった。
ここ10年くらいで、70〜80年代も、ヴィンテージとして扱うコンセンサスができた感じなので微妙って表現を使わせてもらったけどね。

一応ね、ウチのヴィンテージは、Flying V が2本。

80年と81年。

80年台はヴィンテージとして認めない人もまだまだ多いんだけど、(オレも割りと認めたくない派)この時代のVはまだ70年台の流れを汲んだナローボディーなんだよね。
なので、83年まで生産されてる、カラマズー工場製のナローボディーで、ネックの仕込み角が浅いモデルは例外的にヴィンテージとして認めてる。

この判断は、某大手ヴィンテージショップでも同じみたいなので、まぁいいことにしてます。(笑)

やっぱ、書かずには居られない。www

FBを開くと、「近況アップデート」で、「何してるの?」と毎回尋ねられるのがちょっとうざい。(笑)

閑話休題。

最近、どこのイヴェントへ行っても、「DJ」と呼ばれる人たちが音楽を流している。
ほ~そういう人たちが、イヴェントのBGMを担当するような時代なんだなぁ~と思っていた。

が、彼らは「音楽家」であると主張し始めた。

おぃ、ちょっとまて。

キミら、音楽作ってないべ?

「音楽家」ってのは音楽を作るか、演奏するかどっちかなんだが?
誰かの音楽作品を垂れ流すのは音楽家とは言わないんだが?
いったいどういう了見だ?

音楽を作るとはだな、それだけでは意味を成さない音を組み合わせてだな・・・、素材から作り上げる料理みたいなもんで、音楽家ってのは料理人みたいなもんだ。

言うなれば、作曲家(アレンジャー含む)はレシピを作った料理人だな。
演奏家(歌手含む)は、そのレシピを元に料理を再現する料理人だ。

※もちろん演奏の際、演奏家による若干の創作も入るだろう。
この両者が、過去音楽家として認知されてきた。

そういう見地からすると、キミらのやってることは、誰かが作った「料理」をごちゃ混ぜにして、「新しい料理です」と言ってるのと同じに見えるのだがどうだ?
作曲もしてないし、演奏もしてない。
出来上がってる料理を混ぜてるだけで、「音楽家」を名乗っては欲しくない。
それを、作曲家や演奏家を差し置いて「自分が音楽家」であると主張するとは傍ら痛い。

DJってのは、出来上がった音楽を一部または全部を用いた「コラージュ作品」じゃないのか?
写真のコラージュなら、その素材自体も自分で作る場面も多く、写真家自身がコラージュ作品を作る場面も少なくないが、DJとして、素材の音楽も自分で作曲して録音してそれをDJとしての作品に生かしてますって人は少数・・・というか、皆無なんじゃないのか?その素材の多くは音楽家の手によるものが殆どだろう?

そういう意味でもDJはDJとして、「音楽家」に敬意を持ってもらいたいと思う。

「音楽家」の職域を侵すような言動は慎んでもらいたいなぁ・・・。

友達にもDJが何人か居るんでね。
波風立てたくないからあまり公言してなかったが、やっぱ黙ってられないわなぁ・・・。(笑)

Voice & Rythme vol.26 とか

Voice & Rythme vol.26 賑々しく始まり終わりました。
まぁ、大きな問題も無く(個人的には大きな問題残してますが、汗)無事終了といったところでしょうか。
メロウデュが急遽欠場だったのは、楽しみにしてた人が多かっただけにちょっと残念でしたが。

オレが楽曲提供した、Rouge♡Coeur も初お披露目でした。
もー可愛い可愛い。www
完全なとーちゃん目線で周りからもいろいろ言われましたが、彼女たちのホンモノのとーちゃんかーちゃんとも交流が深まり、まぁ良い1日だったと思いますわ。
ちなみに、コレがその動画。

まぁ、そんなこんなな楽しい2日間だったんですが、オレ自信は近年稀に見るダメっぷりですっかり心が折れました。(泣)

でも、2日間で延300人以上のご来場を頂いてるので、まぁ大盛況では有ったんですがね。
YOSAKOIイベントと完全にぶつかってたんですが、結構頑張りましたね。

 

久々に死んだ人ばかりが出てくる夢を見た。w

最初はまだ生きてる弟が出てくる。(笑)

弟(次男)は建築土木関係の仕事をしていて(現実にもそういう職業なのだが)オレ(長男)の電気工事と絡んでの仕事があるらしく、その現場に二人で向かうところから夢が始まるのだ。
弟とオレは車に乗ってるのだが、途中程なく車が壊れて動かなくなる。
オレは車を降りて、後ろから押すのだが、弟は運転席に乗ったままハンドルを握っている。

オレは右足の親指が痛くて、押す力が出なくてノロノロ移動してるのだが、弟は運転席から何やら喚いている。
気づくと、車は無くなっておりオレは弟の背中を直接押していた。
(このへんが夢っぽくて面白いのだがw)

で、弟は直立不動のままオレに背中を押されてズルズルと移動してるわけだが、オレが押す方向と力が不満らしく、ブツブツ文句を言ってる。

brow.jpg

コッチから行ったら遠回りだろうとか、なんでこんなに力なく遅いんだと文句タラタラな訳だ。
オレにはその道順を選んだ利用もあるし、押す力だって足が痛くてちゃんと押せない。
「文句があるなら自分で歩けよ!」と思いながら押してるわけだ。

弟はしびれを切らせて自分で歩き出した。
でもなぜか現場へ向かわずオレ達の実家のある方向へ、相変わらずオレのヘボさ加減に苦言を呈しながらスタスタと先に歩いて行ってしまった。
オレは、「今更実家に何の用事があるんだ?」と思いながらスゴスゴとその後を着いて行った。

実家には、下の弟(三男)が住んでる他には誰も居ないはずだった。
で、三男は不在で、オレは玄関から2階の部屋へ直接上がって弟が何やら準備めいた事をしてるのを後ろから見ていた。
しばらくぶりの実家の部屋は子供部屋だった頃の面影は既に無く、殺風景な物置部屋になっていた。

準備が整って階段を降りたその向こうから、なんと大好きだった婆ちゃんが、風呂上りのホクホクした感じで歩いてきた。
オレは死んだと思ってた婆ちゃんが元気そうに歩いてくる姿を見て、「お、お、お婆ちゃん…?」って声を出した。
歩いてきた婆ちゃんは、「あんたたちが家に帰ってこないからずーっとココに居なきゃならないんだよねぇ〜」と笑顔で言いながらよっこらしょって2階の自室へ上がっていった。
オレは半分パニック状態で、でも死んだはずのお婆ちゃんと言葉を交わせる事ができて嬉しくて嬉しくて「お婆ちゃん!お婆ちゃん!」と言いながらボロボロに泣きながら、居間の扉を開けた。
ソコにいたお袋に泣きながら「今、お婆ちゃんが…」と言いかけてハッと気づいた。

お袋は婆ちゃんが死ぬ10年以上前に死んでるのだ。なんでそのお袋が鏡の前で化粧してんだよ!!!
ところがお袋は既に婆ちゃんが亡くなってる前提で話をしだした。
「アンタも見たのかい?もうね、東京まで付いてきて大変だったんだから…。」と…。

オイオイちょっと待てよ、その東京の親戚はもう30年以上前に交通事故で死んでるだろうが!?
もう35年程前に、オレとお袋と婆ちゃんの夢枕に同時に立たれて、3人で夜中に訃報を待ってただろ?
ソコへ今更何しに行ったんだよ!?しかも居たのかよその親戚は!?

と、思ったんだがその前に、お婆ちゃんを幽霊扱いしてるが、母さん、アンタも死んでるんだぞ!?と…。

ハッと周りを見ると、死んだハズのオヤジが生前したこともない庭の手入れをしている。(笑)
お袋の横では、お袋より先に死んだハズの田舎の婆さんが、お袋の身支度の手伝いをしてる。(驚)
多分この二人は、オレの夢の中で良い頃合いの役処が決まらなかったんだろう。(爆)
だからこんな中途半端な登場の仕方をしたんだろうね。w

もう既に誰の面影も残してないハズの実家の居間は、オレがガキだった頃のあの活気を取り戻していて、あのドタバタした日常が元気に再現されていた。
オヤジが死ぬ数年前に交通事故に巻き込まれて死んでしまったハズの愛犬(三男坊は溺愛してたが、オレはもう名前も忘れてしまったが…)まで、元気にワンワン吠えてる。(笑)

生きてる弟(笑)は、いつの間にかソコから居なくなっており(このへんも夢っぽくていいw)、オレの夢は総天然色で死人ばかりになってる訳。(爆)

なんだこりゃ〜ココは何処なんだ〜〜!?!?と思いながら目が覚めた。

いや、オレもソロソロお迎えが近いのかなぁ〜。(笑)

因みに今一人暮らしなんですよ。
誰もいない。

だから、お袋や婆ちゃんが生きてて、ドタバタした毎日をみんなで必死に楽しく生きてたあの頃が懐かしいってか、あの頃に戻りたいと、心の何処かで思ってるからこういう夢を見るんでしょうなぁ…。

「あんたたちが家に帰ってこないからずーっとココに居なきゃならないんだよねぇ〜」

死んだハズの婆ちゃんが、夢の中でオレに言った言葉。

帰らなきゃならないのかな?
あそこにお袋や婆ちゃんはまだ居るのかな?

死んだら帰れるかな?

帰りたいなぁ…あの頃へ。