ライブとかイベントとか…。

先日、良く行くダビンチでふさしぶりに生毒を吐いた。(笑)
ネットや、Twitterではよく毒吐いてるけど、生では久しぶりだったよ。

どんな毒吐いたか書いとこうと思う。

最近、札幌でも「アマチュア(インディーズ)バンド支援」見たいなスローガンで活動する「イベンター(っぽい人)」が増えてきましてね。
アチコチでライブ企画をしては、地元のアマチュアバンドやシンガーなんかを誘ってライブイヴェントやってます。

途中端折って結論言えば、

「アナタ達のやってる事は、バンド支援じゃなくて、バンドを利用した自分自身の売名行為じゃないの?」

って事なのよね。

なんで、オレがそう思ってるかと言うとね、彼らはバンドのことが先ず解ってない。

まず、バンドと一口に言っても、色んなスタンスで活動してるバンドが有る。
それらを全部まとめて、バンドとして評価してしまってる。
趣味のコピーバンドも、メジャーデビュー目指してるバンドも、同じフィールドで扱おうとしちゃってるんだよね。
それらを一つの企画イヴェントで扱ってしまおうって段階で、バンドには優しく無い。

「我々はフィールドを提供してるんであって、そこで戦うのはアーティスト側の仕事だろ。」と言われる事も有るけどね。
オレみたいな年寄りにソレを言うなら解るが、扱ってるバンドの殆どが、年端も行かない高校生バンドや精々20代のまだ世の中解ってないようなお子様バンドじゃんかよ。
そんな連中がそこまで自覚してるとは思えない。
それを承知でそう言う事を言ってしまうのはなんか、確信犯的でイヤだね。

フィールド提供といえば、例えば札幌ならベッシーホールのオーナーの名前を知ってる人は、札幌のミュージシャンで何人いるだろうか?彼の経歴を知ってる人は何人いるだろうか?
恐らく殆どの人は知らないだろうし、気にもしてないだろうね。
でも、彼らのような表に出てこない縁の下の力持ちやってる人こそが、その「フィールド」とやらを作ってくれてる人たちなんだよ。
誰も呼んでない自分でつけた通名名乗って、
即席の看板と名刺作って、聞いたこともないイベント名で「ライブ企画やってます!」みたいな連中は全然違う。

そんな即席の名刺もらって「企画やってる○○さんと知り合いになって云々…」と、嬉しそうに話してる若いバンドマン。
勘違いするな、そいつはただの目立ちたがり屋だ。
そんな奴と知りあったって、イベントに誘われる毎に法外なノルマ請求されて食い物にされるだけだ。

話がそれたが、「(札幌の音楽)シーンに貢献出来れば。」みたいな事を言う奴は、そこまで言うならもっとバンド活動しやすいような環境を作ってくれよと思う。
著名バンドやアーティストは顔パスで会場に通したり、明らかに始めたばかりの若いバンドに高いノルマを掛けてみたり、やってる事が「シーンを盛り上げる」方向には明らかに向いてない。
本当に、シーンを盛り上げたいなら、先ずバンド育ててくれよ!って感じ。

今の状態は、「道路の整備はしたが、肝心の車が走ってない状態」だ。
つまり、ライブハウスやイベント企画は沢山有るが、バンドやアーティストの数が圧倒的に少ないんだよ。
何処行っても毎回同じ面子が溢れてて、毎回同じことをしてる。
都市規模で集団オナニーしてる様にしか見えない。

まずコレを何とかしないとダメだと思うんだが、それを解決する方向で動いてるイベンター(のような人々)は居ない。
みんな、著名アーティストのお名前をお借りして、イベントや興行で客を呼んで、「私はコレだけの偉業をなし得ました!」的な事を言い出す。
それって、シーンを盛り上げたんじゃなくて、著名人を利用して自分の売名をしただけじゃねーの?と思う訳。

同じ金かけるならさ、もっと一般層にアピールするような企画とかさ、「バンドって楽しそうだな。」とか、「音楽っていいよね。」って思わせるような企画できねーのか?と思う。
企画やってますって言うなら、その位の事やって欲しいと思う。
そうする事で、明日のバンドマンやアーティストが生まれるんじゃないの?
そんな彼らが、明日のシーンを盛り上げてくれるんじゃないの?

幾ら道路工事に一生懸命でも、肝心の車が走ってないんじゃ意味ないんだよね。
まず、車作る所から始めてくれよと、マジ思う訳。

2 thoughts on “ライブとかイベントとか…。

  1. いろいろ検索中にたどりついたのですが。
    あまりにも、ごもっとも!な記事に、思わずコメント残したくなりました…
    もう“目立ちたがりや”のおっさん連中にうんざりしてたので。
    なるほど、こういうことか、と納得しました。感謝です…バタバタ忙しいので、この記事しか読んでませんことを、お許しくださいませ。

  2. >通りすがり。さん
    どもです。
    又来ることがあれば、他も読んで見てください。
    オッサンの戯言ですがね。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です