北国ギター!ワークショップ(2)

で、スケールってどんなの?って事だと思うんだが。
これ言い出すとキリが無いので、ロックギターでよく使うスケールを2〜3覚えればそれだけで、結構変わると思う。
実際オレも「スケールって美味しいの?」状態で、ただ弾きまくってた頃とは、音に対する感覚がまったく変わった。
大きく分けて、メジャースケールとマイナースケールがあるんだけど、ロックはマイナースケールが多い。
アメリカンロックだとメジャースケールも使うけど、やっぱマイナーな感じが日本人は好きだよね。
その中で、マイナーペンタトニックって言われるヤツがあって、それがロックやブルースギターには欠かせないスケールなんですわ。
だから、先ずはそのマイナーペンタを知るって所から始めると、効率が良いと思う。
そのスケールを使った運指練習を地味にやっていれば、春にはちょっとグレードアップしたプレイが出来る様になってる筈。
まー本当はそれだけじゃダメなんだけどね。
(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です