なんか、機種変更の時に住所録が飛ぶ話をよく聞くので…

こういうアプリがあります。

こいつで、住所録のバックアップを作って、パソコンにメールで送っておきます。
VCFファイルにして送っておくと、あとからそれを読み込むだけで終了するので便利です。

それから、OSアップグレードなり、機種交換なりすれば、一安心ですよ。

iPhone、iPad版のGarageBand(ガレージバンド)が凄すぎる件!

最近、一生懸命音楽を作る時間が増えて、嬉しい限りなんだが、制作ツールとして、普段はMacをつかってる。
ソフトは数年前に買った、CUBASE4。
今と成っては古いソフトだし、どっちかと言えば、ビギナー向けな感もあるソフトなんですが、実用上は十分なんで、それをそのまま使って制作作業やってます。

他には、Logic Pro とか、Mac標準のGarageBandなんかも時々動員するんですがね…。

で、何気にiPhoneアプリ版のGB(ガレージバンド)があるってんで、見てみた。
ふ〜ん、いわゆるマルチトラック録音に対応した簡易レコーディングアプリね。
450円なら安いんじゃないかな?
と思って、思わず購入!

こういう所が、無駄遣いだととある友人に指摘されたが、まぁそうかもしれん。(笑)
でも、音楽関連には出し惜しみしたく無い。

で、ダウンロードして起動してみた。

ぉお!なんか良いぞ!

過去に多様なアプリが無かった訳じゃないが、どれも多機能すぎて使い勝手が悪いか、どうしようもなくおもちゃっぽくて使えないかのどっちかだった。
あとは、数千円もするようなiPhoneやiPadで使うには、ちょっと高すぎ!と思うような価格帯の物しか無かった。
何より、その殆どはデーターの転用が難しかった。
wavやmp3で書き出してって作業が殆ど無理。
どうしてもってなると、iPhoneのシリコンドライブから特殊なツールを使って直接データーを引っこ抜くしか無かったんですよ。

ところが、コイツはApple純正アプリで450円!
もちろん、データーの転用が可能!

まぁ、純正アプリが良いかどうかは意見が分かれる所だが、オレは純正品は可もなく不可もなく、それが標準だと思っている。
質が悪けりゃ、質が良い他社製品を使えば良い、質が良ければ、他社製品がクズだと思うだけ。
つまりは、判断基準として存在してる。

で、話が戻るが、コイツは純正アプリにしては出来過ぎ!(笑)

基本的な楽器の打ち込みと、生録音が出来る!
まぁ当たり前っちゃ当たり前なんだが、ステップ録音が出来ないのは難点だが、オートリズムもパターンを選べるし、若干ならば自作も可能。
キーボードはメロディー用に鍵盤イメージと、コードバッキング用にアルペジエーターも入ってる。
ギターも数パターンのレコーディング法が選べる。
で、歌声なんかを生録も出来る。

結構優れもの。

まだ、具体的に曲は作ってないが、これからこれで随分とアイディアを逃さないで録り貯め出来る感じがする。

で、何より感動したのは、ハモンド+レズリーがシミュレートされてる事!(笑)

オレ的にはこれだけで、450円払った甲斐があるってもんです。
音も中々良い音で、ちょっとニンマリしちゃいます。

で、当然オルガンだけじゃなくて、ピアノやシンセ等が色々選べます。
それぞれの絵がね、「あーこれは!w」と思わせるような奴ばかりで、見た目通りの音がしてくれるのがまた嬉しい!(笑)

これがキーボード選択画面。w

IMG_0055.jpg

見ただけでワクワクするような絵が素敵です。(笑)
んで、これが問題のエセハモンド。(笑)
※ちなみに画面はiPadバージョン。
※iPhoneもアプリ自体は共通なんですが、画面はそれなりに簡略化されます。

IMG_0052.jpg

むちゃくちゃ素敵です!(笑)

レズリーのスピードも2種類選べるし、なによりもドローバーがちゃんと生きてるのに感動!

よく見ると、パーカッションやコーラス、ディストーションまで装備してます!(笑)
で、アルペジエーターも付いてるんで、本物のB3よりも便利!(爆)

さらによく見るとキャビネットの後ろで、何やらグルグル回ってるではないですか!(笑)
そこまでやるか!?的な遊び心が素敵です。
もう、450円でこのエセハモンドが使えるだけでオレにはかなりの価値があるアプリになりました。(笑)

で、スケール表示モードを使うと、特定スケール以外の鍵盤が表示されなくなり、キーボード初心者でも鍵盤を押し間違える事が圧倒的に減ります。

ちなみに実際にその機能を使ってみた。(笑)



ドラムなんかも選べましてね。

セットの色でサウンドを分けてるようです。
当然、ロックドラムを選ぶんですが、色はブルーメタリック!
なんでブルーメタリックなのか解りませんが、取りあえずロックキットはこれですね。(笑)

IMG_0054.jpg

これは太鼓の打面を叩けば音が出ます。
叩く位置を変えると、音色が変わります。
例えば、ハイハットは、叩く位置で、オープン〜セミクローズ〜クローズが選べるんですよ。
ちょっと練習したら、簡単なリズムは、片手で打てます。(笑)

音もね、ひと昔前の単体のドラムマシンよりも臨場感あるいい音です。

更にこのアプリのデーターはそのままMacに送って、MacのGarageBandで編集出来るんですね。
つーことは、これでアイディアを残しておいて、Macに持って行ってMacのGBで編集、必要なら書き出して、更に高度なソフトウェアで制作って事も可能なんですね。

こういう、先に繋がる設計って大事ですよ。
iPhoneやiPadの中で完結してしまうなら、それはゲームの域を出ない訳で、ちゃんとデーターを転用活用出来てこそ、ツールと言える訳でね。
このアプリはそう言う意味で、ミュージシャンのツールとして存在出来そうですよ。

こういう、アプリや録音環境が簡単に安価に整う時代ってすごいなぁ〜と。
アマチュアが簡単に音楽出来て、それを録音して残せるなんて、凄いなと思う反面、自分が大好きな世界だけに、音楽的知識何か無くても、楽器が演奏出来なくても、クオリティーの低い作品でも、みんなまとめてニワカ音楽家になれちゃう安易さがイヤだなとも思う訳です。

でも、こういうアプリを使って、クオリティーの高い作品を残すのは他ならぬアマチュアであって、職業音楽家はこんなアプリじゃ全く仕事にならないんで、やはり高価な機材やシステムで効率よく仕事してる訳です。

でも、こう言うのから入門出来るなら、豊かな時代だなと素直に認めるしか無いですね。(笑)

とにかく、オレとしてはメモに使うには最適だなと思って愛でています。(笑)

 

もう待ったなし!よくわかるTPP参加問題

Allabout にTPPについて解りやすい記事があったので、転載します。
元URLは、こちら。
http://allabout.co.jp/gm/gc/386985/

========================================================

■決断を迫られる日本政府

 2010年10月に菅政権が初めてTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に日本が参加する用意があると表明して以来、この議論はずっと続けられ てきました。今年2011年3月に大震災があったためしばらく中断していましたが、最近になってまた本格的な交渉が始まっています。

 TPPを積極的に推進しようとしているのはアメリカであり、今回の参加の中で日本が考えなくてはいけないのも、アメリカとの貿易関係です。 TPPは太平洋周辺の10ヶ国程度が参加するとはいえ、その中でGDPベースで見るとアメリカと日本だけで90%以上を占めます。TPPは、実質的に日米 間のFTA(自由貿易協定)ともいえます。

 今後は11月11日、政府が交渉への本格的な参加を正式に発表し、12・13日に開催されるAPECの場で他国と交渉を進めて行くことになって います。しかし、このような大事なことを、何も知らないまま進めていいのでしょうか? 政府が交渉を進める前に、国民1人1人がTPPについてもっと理解 しておいた方がいいでしょう。

■TPPの自由化は24分野にわたる

 TPPの交渉による自由化の対象となる分野は、実はとても多岐にわたっています。TPPの対象分野は、以下の24分野。

1.主席交渉官協議
2.市場アクセス(工業)
3.市場アクセス(繊維・衣料品)
4.市場アクセス(農業)
5.原産地規制
6.貿易円滑化
7.SPS
8.TBT
9.貿易救済措置
10.政府調達
11.知的財産権
12.競争政策
13.サービス(クロスボーダー)
14.サービス(電気通信)
15.サービス(一時入国)
16.サービス(金融)
17.サービス(e-commerce)
18.投資
19.環境
20.労働
21.制度的事項
22.紛争解決
23.協力
24.横断的事項特別部会

 TPPに加入すると、これだけの分野で自由化が進む可能性があるわけです。自由化と一言で言ってもいろいろありますが、その中でもまず行われるのが各分野の関税の撤廃です。まず日本にとって大事な「米」を取り上げ、関税が撤廃されたらどうなるのか考えてみましょう。

■米の高関税が撤廃されたら?

 「米の自給率を維持することは国家にとって極めて重要」という考えのもと、外国産の米には、非常に高い778%もの関税がかけられています。これによって米の国内価格は高く抑えられ、国内の米農家は保護されているといます。

 そこでTPPに加入すると、この高関税が一気に撤廃されます。すると、どうなるでしょうか? 外国産のお米が安い価格で日本で売られるようになります。消費者としてはありがたいのですが、日本の農家が非常に苦しい立場に追い込まれます。

 これは米以外の農産物でも同じで、例えば、牛肉も米国産が日本に入ってくるようになります。そうすると、日本の肉牛農家が苦しくなり、なかには破綻するところも出てくるでしょう。

 一見すると消費者にとってありがたいことですが、そんな単純な問題ではありません。このため、農業関係者はほとんどTPP参加に反対を表明しているのが現状です。

■日本にとってメリットは?

 日本にとってメリットは何かないのでしょうか? 参加国間での関税がなくなるので、日本にとってはこれまでより輸出がやりやすくなります。

 日本の主な輸出品は自動車や家電製品で、アメリカにも多く輸出されています。その関税がなくなるので、輸出はこれまでよりやりやすくなるでしょ う。しかし、アメリカが現在かけている関税は、自動車2.5%、家電製品が5%程度と、決して高くありません。そのため、関税撤廃による日本のメリットは それほど大きくないのが実情です。

 日本は震災でダメージを受けており、輸出も同じようにダメージを受けています。工業製品ならともかく、農作物は放射能汚染の恐れのため、多くの国が輸入を制限しています。果たして本当に日本が輸出増というメリットを享受できるのか、改めて検討した方がいいと思います。

 最近合意されたアメリカと韓国の米韓FTAなど、世界は自由貿易の流れが強まっています。そのため、日本もその流れに乗らないと「日本だけ乗り遅れる」という主張が、TPP賛成派の主な主張です。

■重要な2つの事項、ラチェット規定とISD条項

 TPPに参加する上で、忘れてはいけない事項が2つあります。ラチェット規定とISD条項です。ラチェット規定とは、TPPの関連分野で一度変 えてしまった制度を「もう元には戻せない」という決まりです。つまり日本がある分野で規制緩和したとすると、その後、元に戻そうと思ってもそれが許されな くなります。

 ISD条項は、少しわかりにくい部分です。基本的には、「紛争解決のための規定」であり、経済活動に関して二国間で何らかの問題が発生した場合に、どちらの国の裁判所でもなく、国際投資紛争解決センターのような、第三者にその解決をゆだねるための規定です。

 一応「公平な紛争解決のため」存在する規定ですが、問題となってくるのはその解決が「海外の投資家の利益を守るため」「非公開で」「判決後の上訴不可で」行われるという点です。つまり、利益を守ってもらえなくなる可能性もあるのです。

■米韓FTAの結果を見ると……

 ちなみに、日米間のTPPに参加する前に、同様の性質を持つ米韓FTAを締結して、韓国がこれからどうなっていくか見てみるのが本来は得策と思われます。

 実は米韓FTAには、韓国に不利と思われる取り決めがいくつもあります。例えば、最恵国待遇。将来韓国がアメリカ以外の国に対してアメリカより有利な条件で市場を開放した場合、自動的にアメリカにもその条件が適用されます。

 マスメディアの外資規制も撤廃されました。これはつまり、マスコミの株式を外国が自由に持てることになります。日本でもメディアを守るために、 マスコミの外資保有比率には規制がかかっていますが、韓国ではそれが撤廃になりました。先ほど話した、ラチェット規定やISD条項ももちろん入っていま す。

 このように韓国に不利な内容が多いので、韓国の世論でもまだ反対が多い状態です。日本も焦ってTPPに参加せず、じっくりと検討してからでも遅くはないと思います。

========================================================

つまりだ、焦ってTPPに参加しても、日本に不利な条件で国際条約を結ばされるだけだって事。
席に着く必要も無い位、バカバカしい事が、素人でも良く解る。

場当たり的に、貿易自由化の名の下にこんなのに参加しても、結局アメリカの思うつぼに成るだけ。
1945年以来、敗戦国としてアメリカの植民地としてこれまでやって来た。
もう、戦後処理は終わらせようではないか。
これ以上、植民地化してどうする?

敗戦後、自ら軍隊を持たないとした日本は、それこそ世界から取り残されてる。
地球上の先進国と言われる国家で、軍隊を持たないのは日本だけなんだよ。
それがどういう意味か解るかな?

TPPだのなんだの言う前に、国力を付けなきゃ、国自体が消滅する。
国力とは、すなわち、軍備だよ。

近隣諸国から、ナメられまくりで、ミサイル打たれても、領海侵犯されても、体当たりされても、鉄砲一つ打てない国が何を守れるんだ?

生温い平和主義者の言い分は、もう通用しない時代に成ってるんだよ。
いい加減目を覚ませ!

アメリカが韓国や、中国や、北朝鮮にミサイルを撃たない理由は、報復されたら共倒れに成る事が解ってるからだよ。
つまり、中朝韓は核弾頭を配備してる。
だから、今回のTPPにはこれら3国は入ってない。

核弾頭どころか、軍備すら持たない日本にはミサイルすら必要ない。
それが何を意味するか本気で考えるべきだ。

今でも十分植民地テイスト満載の日本を、本格的な植民地にしようとしている民主党は、即刻解体すべき。

売国奴民主党は、国外追放でも生温い。

タイラーフェス終了。

ご来場のみなさん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

オレは大ラスのたった1曲の為に6時間以上もクラップスホールに居ました。(笑)
オレとしては、業界内でも注目のギタリストであり、世界レベルで活動しているギタリスト、小林信一さんと一緒に音が出せるってだけで、もう興奮気味でして、さてどうしようかと、前日より色々画策する訳です。

前日…

小林クンはシェクターギターのエンドースを受けてまして、1本100万円もするような、オーダーギターを使ってるんですが、いわゆるストラト系シェイプにハムバッカー&フロイドローズって仕様でして。
78年デビューのヴァンヘイレン以来、HR/HM系ギターとしてはスタンダードな仕様になってます。

オレの手持ちで、この仕様に近い物は、Ibanez RG、Jackson、程度でして、初めはこのどちらかを使ってやろうと思ってたんです。
つまり、同じ土俵で何処まで食らい付けるかを試そう的なね。
で、先日、ビブゼルの大野さんより入手したIbanez JEM(RGタイプ)を持って前日リハに挑んだんです。

しかし、リハでの小林クンの音に圧倒され、「同じ土俵じゃオレはインパクト出せない!」ってことをひしひしと感じたんです。
まぁ、当たり前ですわ、相手は世界の小林信一ですよ。
オレごときがどうあがいたって、マトモにぶつかってたんじゃ、喰われちまうのは言わずもがな。

彼の機材は、イグネイターのヘッドアンプに、何やらゴソゴソとエフェクター。
初めて見るような物が多くて何がなんだか解りませんでしたが、EHのコーラスが綺麗な音だったのが印象的でした。
HMギターなので、ギンギンに歪んでるものだとばかり思ってたんですが、クリーンも中々美しい響きで、「きれいな音のギター(サウンド)だなぁ~」と…。

しかも、それを縦横無尽に操る彼が出す音は、完璧にコントロールされたサウンドでした。

あぁ、これが世界レベルの音なんだな~と。
数年前、ポールギルバートのライブリハを見た時も、同じ事を思いました。

音の存在感みたいな物が全然違うんですよね。

対して、JEMで挑んだオレの音は…

自前の1959、SUPER LEAD 100ヘッドアンプに、いつものエフェクト群。
つまり、BOSSコン大好きオヤジな訳でね。

なんとも薄っぺらく、ジョリジョリしたサウンドなんだろうかと。
ちょっと涙目に成りつつも、リハを敢行。

でもね、耐えられない。
時間も無い中で、JEMの音を作り込む余裕は無い。
ならば、使い慣れたVで行った方が良いのでは?と言う事に成った。

なので、リハ途中で趣旨変更!
「オレらしく行こう!」
念のため積んである、Vを車から降ろして残りのリハを敢行!
なんとか、まぁこんなもんだろう的な音に回復。
翌日の本番に向けて1歩前進した気分でした。

途中、小林クンに、「ソロのハモリ知らないんですよ~」と。。。

なので、帰ってからハモリのコピーを…

さらに、エフェクトの調子を調整すべく、朝までかかってボードを手直し。
本番に備える訳です。

当日…

リハではVはすこぶる調子良く、音もまぁいい感じだが、1959 なので音がでかい。
そこそこの音量でプレイする小林クンの音が聞こえない。
もっと、音を小さくしたいのだが、アッテネーターを噛ますと、バイト感ががた落ちで正直使えない。
なので、ギリギリの音量でやることになる。

リハ終了後、PAをやってたアジさんに、「キヤさん、いい音でしたよ。でかいけど。」と。w
「やはりでかいのか?」ってことで、アジさんに相談するんだが、アジさん曰く、
「抜けもあるし、立ち上がりがハッキリしてるんで、音が目立つのは仕方が無いのでは?」と。
普通なら褒め言葉なんですが、この日はツインギターなので、オレ個人の音の問題よりも、ギター2本のバランスの問題なんですね。
だから、今回のこれは必ずしも褒め言葉じゃない。

取りあえず、弦を1ランク細い弦に交換して、ディストーションの歪みを少し深くして、レベルを下げた。
つまり音の芯をぼかす作戦に出た。
あとは、運を天に任せるしかない。
まぁ悩んでも仕方が無いので、そのまま本番に突入する訳です。

本番…

直前まで客席で彼ら(ゴムパッチンバンド)の演奏を「客」として堪能し、気分を盛り上げてから自分の出番直前にステージ袖へ。

例の「帰って来たフライングアロウ」'84デザイナーズでステージへ上る。
リハよりも若干ハイが落ちてる。
まぁ、これはクラッップスのお客さんが満員の時に良く起こる現象で、お客さんの入り具合を見て、落ちるなぁ~とは思ってたので、想定内。

ともかく、今悩んでも仕方が無いので、出てる音で演奏する。

曲は、BURN。

過去、何度と無く演奏した曲だ。
アニキとも何度か演ってる曲だ。
細部はともかく、KIYA-HEN節で弾くなら、もう寝てても弾けるような曲だ。

でも今回は、セッション。
小林クンとぶつからない様にと思ってたが、そこは百戦錬磨の小林信一先生。
リッチーライクなオレのバッキングにぶつかんない様な和音でバッキングしてる。
すげーなぁ、この人。。。
アニキはレコーディング中の為か、若干セーブして歌ってるのが良く解る。
そういう細かいコントロールが出来るのが、すげーですよ。やっぱ、この人たち。

こう言う場面で未熟者だとね。
頑張りすぎて全力疾走してしまうか、萎縮して何も出来ないかなんですよ。

で、ギターソロ。

今日はどうやら、オレは未熟者前者らしい。(笑)
頑張りすぎて全力疾走しようとしてしまう。(笑)

演奏中思ってた事…。

とにかく、軽いタッチで弾こう。
無理せず確実に弾けるフレーズを弾こう。
熱くなりすぎず、クールに弾こう。

えー、全部ダメでした。(笑)

ギンギンに力入って、弾けそうに無いフレーズが頭を駆け巡ってしまって、思わず弾こうとしてみたり、でも弾けないから余計に力が入って熱くなってしまったり。

orz

風の噂で、「今日のKIYA-HENは、子供みたいで変だった。」とか…。(泣)
や、解る人には解るんだなぁ~と。(号泣)

でも、楽しかった事には違いないです。
熟練したメンバーと音を出すってのは、勉強に成るし、メンバーの状態を気にしないで、好き勝手に弾けるので楽しめるし。
オレとしては「郎平」以来、最近は中々無い環境でしてね。
また、沢山のお客さんを前にして、いかに彼らを楽しませるかって部分でも頑張らなきゃいけない。

良くある、小さなハコでこじんまり10数人程度のお客さんなのか友達なのか解らない人の前で内々でナァナァに楽しむのとは違う、セッションとか、遊びとか言いながらも、客席に対しては常にガチ勝負な感じがたまりません!

来年もまた参加したいなぁ~と思う訳ですが、オレに次はあるのだろうか?
あるなら、また頑張りたいなぁ~と思う訳です。

 
DSC03607.JPG

平くん、小林信一先生、また誘って下さいね。