iPhone3Gを脱獄してみた。(3)

さて、いよいよ佳境に入って参りました。(笑)

3)脱獄手順。

最初に言っておきますと、ダウンロードしたアプリのバージョンが1桁でも違うと予定通りの動作をしません。
画面も微妙に変わるので、説明とは違うチェックがあったり、変なボタンがあったりして混乱を招きます。
この手の操作に慣れてない方は、バージョン違いのアプリでは作業しないで下さい。

STEP:1
先ず、手持ちのiPhone3GのiOSバージョンが適合していない方は、iTunes でアップデートします。
3Gとしては、この4.2.1が最終版なので心おきなくアップデートして下さい。
一部のブログ等では、アップデートすると脱獄出来ないとか、脱獄後に不具合が起きるとか書かれてますが情報が古いらしく、現在の脱獄アプリはこの最終バージョンに対応してます。
で、あらかじめiPhoneの電源を切った状態で、MacにUSBで繋いでおきます。

STEP:2
先にダウンロードした、redsn0w を起動します。
このような画面が出現するでしょう。
redsnow_fig2.jpgで、[Browse]ボタンを押して、先にダウンロードした、ipsw ファイルを指定し、[Next]ボタンを押します。

STEP:3
すると何やらダイアログが出て、作業が始まります。
redsnow_fig3.jpg

STEP:4
で、落ち着くとこのような画面になりまして、幾つかチェックを付ける必要があります。

redsnow_fig5.jpg●上から1番目「Install Cydia」
これは絶対にチェックを入れて下さい。
てか最初から入ってる筈です。
これをチェックしないと脱獄の意味がありませんし、SIMフリーのアプリもダウンロード出来ません。

●上から3番目「Install iPad baseband」
これが大切です。
このチェックを入れると、先に説明したBBが、SIMフリーアプリに対応する様になります。
しかし、これは一度変更すると元には戻せませんので、後に元に戻す必要のある人は、ここでSIMフリー化は諦めて下さい。
脱獄だけならこのチェックを外せば出来ます。

●下から3番目「Enable battery percentage」
これは、バッテリー残量表示をするかどうかだけです。
脱獄&SIMフリー化はバッテリーを喰うようになるので、このチェックは入れておいた方がいいです。

で、準備ができたら[Next]を押します。

STEP:5
また英語の画面が出ますが…。

redsnow_fig6.jpg要約すると、「iPhoneをMacに繋いで、一旦電源を切りなさい。」と成ってます。
なので、iPhoneがMacに繋がってるのを確認して電源を落として、[Next]ボタンを押しますが、その前に…。

次のステップではiPhoneを「DFUモード」って状態にするんですが、これは電源ボタンと、ホームボタンの操作が必要ですので、iPhoneを片手にもって、[Next]ボタンを押して下さい。
[Next]ボタンを押すた直後からイキナリタイミングを合わせて操作が必要になりますので、何気に[Next]を押すと、イキナリ始まってびっくりして失敗します。(笑)

STEP:6
ここで、ちょっとした苦労があります。
iPhoneを「DFUモード」って状態にしなきゃならんのですよ。
これが、以外と失敗する。(笑)

やり方は、redsn0w の画面の中に出てきますが、取りあえず全部英語。
読むのが面倒でしょうから、上から説明すると…

redsnow_fig7.jpg1:パワーボタンを3秒押せ。
2:そのまま、ホームボタンを10秒押せ。
3:最後にホームボタンを押したまま、パワーボタンだけ放して15秒待て。

と書いてます。(笑)

親切に、カウントダウンまでしてくれるので、カウントダウンに従って操作すればまぁ殆ど成功します。
で、手順通りに操作すると、iPhoneの画面が真っ黒になるんで、一瞬ビビリますが、そのまま待ちます。

すると、何やら色々インストールが始まって、iPhoneの画面に、細かい文字がダラダラダラ〜と出てきて、もの凄い不安に襲われますが、それでも歯を食いしばって我慢して下さい。(笑)

STEP:7

しばらくすると、Macのredsn0w が 「Done!」とか言って終了するので、[Finish]を押します。
iPhoneの方はまだ何やら作業が続きます。

パイナップルが歩く絵がでまして、設定をしています。
この間、数分。

iPhoneが自動で再起動して、いつものリンゴマーク…。
さていよいよ脱獄した3Gの画面を見る事に成ります。

(つづく)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です