iPhone3Gを脱獄してみた。(1)

なぜ今頃、iPhone3G の記事なのか?

確かに散々アチコチで記事に成ってるんですがね、今となってはどれも用を足さない。

iPhone4S が無事発売に成って 3G/3GS/4 と言う旧機種が大量に出回る事が予想され、それに相まって今まで傍観してた入獄ユーザーがお試しで脱獄したくても、情報が古くて中々活用出来ない。
そう言った理由で、オレ自身も最終バージョンの3Gを脱獄させるのに、散々苦労しました。

なので、それらを踏まえて、忘備録程度に、記事を残しておこうと言うのが目的です。

正直、ネットで散見出来る猛者の方々の説明は、専門的すぎて素人には難しい。
取りあえず、ある程度の知識がある人じゃないと、単語の意味から調べなきゃ成らなくなる。
そんな手間ひまかけてまで脱獄だのなんだのってのは、普通の人ならしたく無いと思うのが当たり前。
でも、やっぱなんか「別世界が開けます!」的な謳い文句を見ると、興味は尽きない訳で…。
で、古いiPhoneが手元に残った事を良い事に、挑戦してみる事にした。

なんて、思ってるのはオレだけじゃ無いと思います。

で、思い切って実行した結果は、まぁ成功っちゃ成功だし、失敗っちゃ失敗なんですが…。
参考にしてたサイトが既に消えて無くなってるんで、念のために忘れない内に覚え書きを残そうかと…。

では覚え書き開始。(笑)

◆◆◆◆◆ 注意事項 ◆◆◆◆◆

以下全ての文章は個人が覚え書きとして残して置くもので、脱獄やSIMフリー化を推奨するものではありません。
すべて作業は、Macの OSX 10.7.2 上で作業しています。
それ以外のバージョンのMacや、WindowsPCで同様の作業が出来るかどうかはオレには解りませんよ。

また、全てのiPhoneが脱獄やSIMフリー化できる訳じゃありません。
特定のバージョン、特定のベースバンドを備えたものしか、脱獄もSIMフリー化も出来ないのです。

脱獄に失敗すると、二度と使えなくなると言うリスクもあります。
また、脱獄したiPhoneは、ソフトバンクやアップルの保証も受けられなくなりますので、修理には莫大な費用がかかる可能性もあります。

以下の通りに作業した結果、最悪iPhoneがただのゴミになっても、オレには一切の責任は負えません。
また、数々の情報は、オレがネットを徘徊して集めた者で、それぞれの情報データーの信用性、信頼性を保証するものではありません。

よって、この作業を実行する時は、全てのリスクを自己責任で、ご自分で背負って行って下さい。

◆◆◆◆◆ 目標 ◆◆◆◆◆

手持ちのiPhoneを脱獄&SIMフリー化して、プリモバ(SBM)か、b-Mobileの格安SIMで「電話」として稼働させる。

※今回はb-mobileのSIMが間に合わなかったので、プリモバのSIMを使います。

◆◆◆◆◆ 結果 ◆◆◆◆◆

手持ちのiPhone3Gは一応成功しました。
現在プリモバのSIMで通話に限り正常に稼働しています。
ちょっとした問題は抱えてます。

対してiPhone4は失敗でした。
なぜ失敗だったのかは後述。

◆◆◆◆◆ 手順 ◆◆◆◆◆

1)手持ちのiPhoneの確認。
2)必要なソフトの確認。
3)必要なデータ、情報の確認。
4)脱獄
5)SIMフリー化

と言う手順に成りますが、落とし穴は沢山あります

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です