五月病?

最近、異常にやる気が出ないと言うか、いろんな事がどうでも良くなってきてる。

「これ、五月病か?」

と自問自答してみたり…。

で、ちょっと気になって調べてみた。

五月病って、4月から環境が変わった人が、5月の連休にそのストレスから、無気力になったり、体調を崩したりする事を言うらしい。

はてさて、オレ別に4月から特別何も変わってないな?(笑)

じゃ〜なんだ?

まぁ、考えた所で原因なんか解らんし、解ったところで特に何か対策出来る訳でもない。
だから、放置だな…。(笑)

ここんトコ気になるのは、民主党政権になってからの国政の乱れ、先の震災による運気の流れ。

この辺だろう。

民主党は…まぁ、詳しい事は知らんし、難しい事も解らん。
思うのは「自民党は本当にダメだったのか?」ってこと。

当時、自民批判の現れとして民主党が政権を握った。
でもその民主党はご覧の通りの体たらく。
まぁでも、当時から予想はされてたと思うんだけどね。
みんな気づかなかったんだろうね。
バカな法案ばかり通して、マニフェストだかは一切守られてない。
つまり、国民をだましたのに、なんの制裁も加えられないってのは、おかしいと思うんだがね。

この辺のストレスはかなり感じてる訳だ。

で、震災。
被災地のかたはお気の毒だが、やっぱ実感わかないですな。
北海道にいると…。

でも、危機感はびしびし伝わってくる。
伝わるんだが、結局たいした事は出来ない。
募金したり、救援物資送ったり、まぁ思いつく事はやってみるが、現状がどういう状態なのかが中々伝わらないのでこれもストレスになる。
集めた金とかちゃんと届いてるのかな?とかね。
そういう部分。

さらに、放射能汚染。
コレは、世界的に批判されまくってて、もうどうにもならない所まで来てる訳じゃないですか。
被爆しちゃうと、昔の原爆とは違って、ほぼ確実に死ぬみたいですし…。
政府と東電の事態の隠蔽ぶりが腹立たしくてしょうがない。
原発が壊れたら壊れたで適切な対応を取るべきなのに、何もしなかったに等しい政府と東電による人災である事は間違いない。

これも、そうとうなストレスになってるな。

これらは、五月病ってよりも、どっちかと言えばPTSDに近いな。

このストレスをこの数ヶ月感じてたわけだ。

そんな中、個人レベルでも、去年から音楽仲間が相次いで自殺やら事故死やら…。
色々起きてて、それらの問題が解決する事も無く、どんどん積み上がってきてる。

「そりゃ辛くもなるなぁ〜」と、まったく他人事のように思う反面、「生きてるのめんどくせーなー。。。」とも思う。

だからと言って死ぬ訳にもいかないので、まぁダラダラでもなんでも生きてゆくしか無いんだがね…。

しかし、仕事無いねぇ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です