iPhone と iRig

何の話かと言うと、「iRig」って知ってますかね?
こーんなヤツなんですが…

iPhone とか、iPad で稼動するアプリ「AmpliTube」を動かすために、エレキギターやベースを接続するためのアダプター的なものなんですが…。

これ、アプリが2300円とかで、アダプター「iRig」は5000円近くするんですよ。

まぁ、両方で1万円以下なのである意味安いのですが、おもちゃの値段としてはちょっと高いかなぁ~と…。
両方で5000円位なら買いなんだが…と思って躊躇してたんですよ。

まぁ、この「AmpliTube」ってアプリはフリー版もあるので、iRigだけ買えば使えるんですが、どうせならフルバージョンを楽しみたい。
となると、やっぱ予算的に…。

で、貧乏人の友、「自作」を考えるわけです。

iPhone のヘッドホン端子は実は4チップになってましてね。
先端側から、音声出力のL、R、アース、マイク入力 となってましてね。

このマイク入力を使って信号をiPhoneに送るんですよ。

しかしこれ、マイク入力なのでエレキギターだとインピーダンスが合わないんです。
しかも、調べてみるとこのマイク入力端子には、1.7Vのバイアスがかかってる。

ん~じゃ、FETかCMOSでバッファー組んでつないでやりゃいいのか…ってとこまではオレの頭でも判るんですが、肝心の回路がわからん。(w

つーか、定数がどの辺なのか想像もつかないので困ってたんですよ。

で、当然ググりました。

すると結構自作してる人居るんですね。
いろんな記事を参考にして、最終的に、FET2石方式が良いだろうってことで、それ用の回路をGET!

部品をそろえてきました。(w

で、これから製作に入りますが、ちゃんとできるかどうかはお楽しみ。www