とーちゃん、かーちゃん、にーちゃん、ねーちゃん…

ここんトコ、生意気にも人様にギターを教えたりしていますが…。

まぁ、つまり広義の音楽ですな。

で、将来メジャーデビューを目指す若い方が沢山いらっしゃるんですが…。
オレも、その昔はメジャーデビューに憧れアマチュアバンドの世界に入り込んだってのは、前に書いた。
まぁ、紆余曲折あって夢破れ、今はローカルのギター講師として細々と暮らしてるんですが…。(涙

で、最近思ったことがある。
もう、何度も書いてるが、皆さんリズム感が悪い。

「アンタに言われたく無いわ!」って人も沢山居るんでしょうが、そんなオレが見てても、「ダメだこりゃ!」って人が多い。

リズムの取り方ってのは色々あるんですが、4/4拍子で、1・2・3・4 とやれば、必然的に表拍を数えることになるんですがね…。
まぁ、基本ですね。
いわゆる、ダウンビートってやつ。
クラシックのオーケストラの指揮者が指揮棒を振る動作から来てるらしいんですが、この表拍を数えるのはダウンビートって言うんですね。

でもロックとかポップスとか始めると、コレじゃ間に合わなくなる。

よく言う、「裏を取れ」ってやつね。

実際にやってみると、これが結構出来ない。

1・2・3・4・…の「・」の部分にアクセントを感じてリズムを取るんですけどね。
こいつは、バックビートって言われるリズムなんですよ。
このバックビートってのが中々馴染まない。(w

普通、裏拍ってのは音が出てない場合が多い。
つまり、何も聞こえない訳ですよ。
その聞こえないところにアクセントを感じるってのは、中々難しいものなのです。

音が出てれば、それにあわせて強拍(アクセント)入れれるんですが、無音だと音符と一緒に休んじゃうんですね。(w

で、問題部分に強制的に音を入れるわけです。

1と2と3と4と…

これで、「と」の部分にアクセントを置くことが容易になったんですが、これでも取れない人が沢山居るんです。

で、オレは考えたんですね。

なんとか、簡単に伝わる方法。

丁度、その日はラップユニットのコたちのボーカルレッスン日だったんです。

ラップってのは、言葉とリズムで9割出来上がってる音楽です。
当然、そのリズムはバックビートですよ。

で、なんダカかんダカどーシタこーシタ…と何か不満でもぶつけましょう的な語りになるんですが、これをダウンビートでやってみると…

♪テレビも無ェ ラジオも無ェ 自動車(クルマ)もそれほど走って無ェ~

と、吉 幾三さんになっちまうわけです。(w

ちょwwwwこりゃ無いでしょ?wwww

そこで、バックビートを教えたんですが、、、、出来ない。(w

腰の辺りを手で叩きながらリズムを取りましょう~って言ってやってもらいます。

1と、2と、3と、4と…

の「と」の部分で手拍子入れてるんですが、ちょっと時間が経つと、1、2、3、4の数字部分で手拍子になっちゃってる。

「これ意外と難しいんだ…」と、オレは内心思う訳です。

そこで、思いつきました。

彼らラッパーなんだから、言葉に乗せてやればわかりやすいのかな? と。

出てきた答えが、コレです。

とーちゃん
かーちゃん
にーちゃん
ねーちゃん

(爆)

もちろん、「ちゃん」にアクセントを置く訳です。

やってみてもらいました。

すると、さっきまで取れて無かったバックビートを見事に刻んでるではないですか!(w
こりゃすばらしい!

我ながらすばらしい思いつき!(w

バックビートが取れない残念なラッパー志望も、一瞬にして一流ビートマニアになる事が出来ました!(w
めでたしめでたし。

で、これさらに「と」を入れると、スウィングな感じでハネるんですよ。

とーちゃんと
かーちゃんと
にーちゃんと
ねーちゃんと

どーっすか?(w
ハネるでしょ?

シャーシャッカ、シャーシャッカ、シャーシャッカ、シャーシャッカ、…
あの4ビートのハイハットみたいな感じになると思うんですよ。

これ、何人かのリズムで悩んでる人に教えてやってもらったんですが、一瞬にして効果がでるんで、かなり便利な教え方じゃないかな?と自負しております。(w

いやーイイ仕事してるなオレ。(爆

3 thoughts on “とーちゃん、かーちゃん、にーちゃん、ねーちゃん…

  1. 予告ビデオ

    来る5月16日(日)のJAMUSICAでのライブが予定されている
    そこでライブ予告ビデオを作ってみた
    [parts:eNozsDJkhAMmJlMDAyYTAwNGJgszSyPTNEsLtwpLo8xg3TCn4Ei1jBzbrMR4rwC1tGJbQzUmODA0AhIWROmBms/EhKYbZAAAvzkYDg==]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です