アマチュアってさ・・・

音楽って「音を楽しむ」って書くんですよね。
オレは、ちゃんと楽しんで来たかなぁ~?

最近ね、周りで楽しんでる人を見ると疎ましくなるんだよ。(笑)
なんでかなぁ~と、なんかその楽しんでる姿に嫉妬してるんかな?と…。

昔はアマチュアバンドマンって、大きく2タイプに分かれてた。

1:プロミュージシャンになるためのステップ。
2:不良少年の逃げ場。

このどっちかだった。(笑)

不良少年(ってこれも死語かw?)じゃ無けりゃ、プロ志向だったわけ。
つまり、プロ志向じゃないアマチュアミュージシャンは、不良少年だったわけで、これは社会不適者確定。
だから、「プロ志向です!」って言わなきゃ、単なる不良としか見られなかったのですよ。(爆)

でも今は、アマチュアバンドそのものを楽しむって言う風潮が出来上がってるので、別にその先にプロデビューは必要無くなった。

オレは昔のアマチュアバンドマン。
だから、その先にはプロデビューを掲げる義務があった。(w

そのために色んなモノを犠牲にしてきたが、具体的に何をするべきか良くわからなかった。
ただ漠然と世界ツアーをやるようなビッグバンドにならなきゃって切迫感だけあった。
けど、現実は厳しくて、自分の甘さも手伝ってか、そんなこと実現するわけも無く時は流れた。

で最近「疲れたなぁ~」と、ふと周りを見ると、アマチュアバンドって、それだけで成立してる現実を見てしまった。

これには、嫉妬するよ。(笑)

だって、プロになるためのステップだったアマチュアが、いつの間にかプロにならなくても良くなってた。(笑)
と言うか、昔はアマチュアバンドをやるためには、プロ志向ですって言う大義名分が必要だった。
プロ志向じゃないって公言すれば、タダの不良か、人生負け組みみたいに見られてた。

だから、ウソでもプロ志向だと…、「単に楽しいからやってるんだ」とは言えなかった。(オレは言ってたけどネ、w)

今はそんな無理しなくても音楽出来る時代になったのがうらやましいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です