ちょっと つぇっぺりん♪

果たして、音楽話と言えるかどうか微妙ですが…

先日、地元の企画ライブ「タイラーフェス」で、ZEPPELIN のカバーやりましてね。
それが、すっげー楽しくて…

つか、ずーっとやりたかったんですよZEPPELIN。
しかも、天国への階段のライブバージョン!

中学時代に見た映画、「永遠の詩」で、ダブルネックを高々と持ち上げて、「ジャララ~ン!ジャララ~ン!ジャララ~ラ~ラ~!ジャンジャジャジャン~ジャラジャラジャンンジャジャジャ~ン!」って…(笑

ここまで来ると、判る人も判らないかもしれませんが(笑)、まぁとにかく憧れてました。

で、どうせやるならちゃんとコスプレ(笑)して、成りきってやりたいと常々思ってたんです。
実は、数年前に一度ZEPのカバーはやってるんですよね。
しかも全12曲を前後半のステージに分けて…。

その時は、割と演奏重視でコスプレは無しだったんで、オレ的にはまぁ楽しめたけど、満足度は8割位だった感じでした。

なので、今回はその自分に対するリベンジの意味も含めて、コスプレ全開で逝きました。(爆
定番の竜の上下は金がかかりすぎるので、軍帽姿を拝借。

これですね。

んで、オレがコレ。

雰囲気は出てるでしょ?(笑

もうね、楽しくてしょうがないわけです。
普段こんなことしないしね。

で、何曲かやった後に、念願の「天国への階段」。
以前やった時は、この曲は「長い」ってのと「鍵盤が必要」ってことで、却下されましてね。
なので、オレの中ではかなり不完全燃焼だったんですよ。

今回は、助っ人のキーボディストを頼んで、念願叶えました。
もう、いつ死んでも良いです。(爆

これが、3分以上もギターソロがありましてね。
長いんですよ。
でも、この長さは必然だと、今も思っておりまして…
で、その長いソロをコピーするのは、しんどかった。
ペイジ本人は、インスピレーションのみで弾いてる即興なので、もうフレーズとか結構つじつまあわないんですよ。
なので、どう解釈知ればいいものだか…。

オレは昔からジミヘンのコピーやるときもそうだったんですが、フレーズを追いかけるのではなく、気持ちを追いかけるタイプなので、天国への階段をプレイしているジミーペイジの気持ちに少しでも近づければ、必然的に似たようなフレーズになると、盲信(笑)しています。

だから、フレーズはそこそこ追いかけて、あとは如何にそれらしくと言うよりも、成りきって弾くかって事だけでした。
成り切ることで、あの時ジミーペイジに降りてた神が、オレの上にも降りてきてくれるんじゃないかと…(笑

なので、フレーズもタッチもニュアンスも違いますが、「っぽさ」は出てると自負しています。

で、実際のプレイはyoutubeにありますので、興味の有る方はご覧アレ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です