採点されてみた。

MIの「オープンハウス」って言うヤツに行って来ました。
なんの事かと言うと、MI JAPAN での体験受講みたいなもので、その内容によって採点されると言う話。
無料で参加でき、講師による技能チェックで採点もされるって話です。

オレは完全我流なので、こういった「授業」的なものは一度も受けたことがありません。
コンテスト関係もほとんど出たことが無いので、賞の類も、もらった事がありません。

なので、この採点されるって話。
自分が今どういう状態なのか、客観的に知ることができるので、思い切って参加してみました。

地元では今更オレが受講とか言うと、「道場荒し」とか「いやがらせ」とか言われるんですが、それはオレを買いかぶってるんですね。

ちなみに、講師はあのMIでも有名な折原先生です。

今日は、読譜とリズムとスケールと言う3本構え。

まず、読譜。

これは、5線譜を読む訓練。
結構な速度でメトロノームが鳴る中、おたまじゃくしをギターで追いかけるって話です。

オレはガキの頃のバイオリン教室でドレミで覚えてたので、読譜もドレミでしてしまいます。
でも、ギターはABCで覚えたので、そこにギャップが生まれます。

んで、ドレミをABCに変換してる時間が必要になります。
おかげさんで、テンポに付いてゆけません。

反射的に音符が音になるには、毎日やるしか無いそうです。

んで、次はリズム。

いくつかのパターンをいわゆる単音で弾きます。
これが以外に難しい。
とりあえず、この読譜とリズムはMIでも最初の頃にやるカリキュラムだそうです。

さらにコードで16ビートのカッティング。
まぁ、リズムは何とかクリアしたんですが、音がひどい。(泣

ブリッジに手を載せてパワーコードをゴリゴリ弾くクセが付いてしまっているので、腕が振れない。
おかげで、カッティングの音がゴワゴワしててちょっと頂けない。
これは、折原先生にも指摘されました。

折原:「良いんだけど、腕の振りがね~」

と…。

最後はコードとスケールの話です。
まぁ、具体的にはどんなコードでどんなスケール弾けばよいかってー事なんですが、スケールの名前がゴチャっと載ってまして…。

折原:「判るヤツ有るかな?」
オレ:「…。」
折原:「ロックの人だから、マイナーとかブルーススケール位かな?」

まさにそのとおり。
それですら満足に使えてない。
とりあえず指定されたコードの上で何か弾けと…。

しかもなんかぶっ飛んだコード進行してるんですね。
無理でしょ?w

でも折原先生はスラスラと弾いてゆきます。

これはすごかった。
手品を見てるようで、すげー面白い!

ちなみにコレはMI本科の2年間の最後にやる授業だそうです。
これすげーわ。

2時間があっという間に過ぎました。

で、思ったことは…。

内容はかなり高度でした。
その分、感性がある程度出来上がってないと、無機質なプレイヤーを排出するなぁ~と思いましたよ。
なんせ、折原先生のプレイは見ていてすげー面白い。
本当に手品みたい。
だから、ああいう風に弾けたら楽しいだろうなと思うんです。
で、2年もびっしり練習すれば、ある程度弾けるようになると思いますよ。
でもそこには、「ロックらしい」とか「○○らしい」って言うような感性は付いてこないと思いますよ。

3連譜の3拍目をいくらドロップさせても「それはシャッフルじゃない」のと同じですね。

あ~難しい。

で、採点されるんですが…。

1週間後くらいに郵送されるそうです。
早く来ないかなぁ~。

採点されるのが目的だったんでね。w


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です