被害者の人権と加害者の人権

「罪を憎んで人を憎まず」

なんか、とても道徳的な響きを感じますが…

クソ食らえ!

です。

「罪」は人が犯すんですね。
「罪」が勝手に一人歩きしてる訳じゃないんです。

つまり、「人」を何とかしなきゃ、「罪」はいつまでも無くならない訳です。

であるなら、何を制御すべきか?
当然「人」を制御すべきなんですね。

非常に単純明快な方程式です。

しかし、現状の日本ではこの方程式がまったく理解されていない。

先日交通違反で捕まりました。
「道路交通法違反」です。
端的に言えば、犯罪者です。

当然罰を受けました。
1ヶ月の免許停止と、罰金数万円。

つまりこれは、「人」に対する制限ですよ。
結局は罪に対し何かしらの尻拭いをその「人」に求めるのが現状なんですね。
でも、これは「罪を憎んで人を憎まず」に対し矛盾してますね。
人を憎まないなら、オレに刑罰を与えるなよと声を大にして言いたい。

しかし、処罰されるわけです。
当然だと思いますよ。
なので、多少の不満はありつつも、とりあえず刑に服しました。

で、そんな矢先「福岡小学生殺害」事件を知りまして、犯人は母親だったと…。

「え~」と思って色々記事をあさって読んでみたんですが、もののついでといいますか、過去の色んな殺人事件の記事を読む結果になりました。

総じて感じたのは、「どの事件も被害者の人権を考慮して無い。」ってことです。

殺人事件ですから、被害者は全員死亡しています。
死んだ人は既に亡き人なわけで、亡くなっているならば既に人権は喪失(消滅?)しているってー理論なんでしょうか?

よく、心身喪失だの何だのと責任能力の有無を調べたり、なんらかの事情が無かったのか等、情状酌量の余地を模索したりしてますし、かなりの凶悪犯でも死刑宣告は中々されません。

つーか、「殺人を犯す瞬間にマトモな人間なんか居るのか?」と、問いたい。

人を殺す、まして自分の子供だの、親だの殺すヤツが、マトモなわけが無い。
つまり、精神鑑定しておかしい(つまり心神喪失状態)のは当たり前で、おかしいから責任能力が無いみたいな話になること自体がおかしいって事に、いつになったら気が付くんだろうか?

喪失して無いヤツは、殺人など犯さないから。

つまり、殺人者は総じて心身喪失どころか、「人として大切なものを喪失してる」訳ですよ。

そんなヤツに人権なんか認めてしまって良いのだろうか?
被害者の人権はどうなってるんだろうか?

守られるべきは善良な一般市民(被害者含む)の人権であって、犯罪加害者の人権では無い。
むしろ、善良な一般市民の人権を踏みにじり、殺人に至らしねた加害者の人権こそ剥奪すべきである。

なのに、人権保護団体とか呼ばれる連中は、加害者の人権ばかり主張する。
頭がおかしいとしか思えない。

色んな犯罪があるが、最低でも殺人者に更生を期待する必要は無いし、一人に一つしか無い命を殺めたならば、即死刑にするくらいじゃなければ、罰とはいえないだろう。

一人に一つしか無い命を奪っても生きていられるならば、「嫌いなやつは(相応の代償を払って)殺しても良い」と言ってるのと同じだ。
そんな世の中にしてはいけないと思う。

加害者は「殺人者」として生き残り、裁判を受け刑罰が決まって行くんですが、なぜそんな無駄な経費と時間を掛けるのか!?

非常に謎です。

殺人者には即刻死を与えるべきだ。
裁判やらなんやらと無駄な経費と時間を掛けることがどれだけナンセンスか。
殺人を条件付とは言え容認するような法律は即刻改正すべきだろう。

殺人者には、死を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です