長生きなのか、流れが早いのか…

今年で44歳です。
人生折り返してややしばらく経ってる感じですが…。

ウチのお袋は55でなくなりました。
オヤジは確か、72だったと思います。
お袋の寿命まで、あと11年。
オヤジの寿命まで、あと28年。
でも、オヤジは晩年の10年は人ではなかったので、計算から省くと、18年。

どっちにしても、あと20年以上ってのは無理っぽいですね。

で、思い返して見ると…

テレビが白黒だった時代に生まれて、いまや地デジの時代。

テレビゲームに衛星放送、インターネットに携帯電話、映画はCG。

いいだけ発達して、60年代のSF映画の世界が今現実に広がってますが、今の若い人たちにはわかんないだろうなぁ、この隔世感。

オレがガキだったころは、札幌市内の有線電話(つまり家デン)は、ダイヤルじゃなくて、ハンドルをグルグル回すタイプだったよ。(爆
交換手が、回線切り替えして電話をつなぐ時代だったんでね。
それが程なく自動化されて、「ダイヤル直通」って言葉が生まれて、電話もダイヤル式になったけど、今じゃ直通じゃないのは、電話って言わないな。(爆
それ以前に、今は「電話」と言えば普通に「携帯電話」のことを指すので、有線電話は「家デン」として分けられてる。(爆

なんか、この文明の発達ってのは、ものすごいなぁ~と。
あれから、まだ40年しか経ってないのに、世の中がまったく変わってしまって・・・。

テレビがカラーになったのはスゴイ衝撃でね。
カラーテレビが欲しくて欲しくて、親にねだって買ってもらった。
つか、親も欲しかったんだと思う。(爆
今「カラーテレビ」なんて言葉無いけどね。(爆
だって、テレビはカラーが当たり前で…。

ファミコンが出たときもすごかったなぁ…。
すっげー高くてね、金持ちの子供しか持ってなかった。
ブロック崩しがやりたくてね。。。
マリオだ出て一気に広まったけど、それでも子供のおもちゃとしては高かったね。

パソコンが出来たときも欲しかったけど、今じゃまったく使い物にならないようなレベルのPCが100万超えててね。(爆
画面も白黒か、良くて16色表示で、まったくおもちゃにすらならない。
BASICが動くんだけど、自分でプログラムできないと使えない代物だった。(爆

衛星放送ってのがはやりだしてね。
衛星を使ってテレビ放映するってことで、衛星が地球に隠れてしまう数時間は受信できないんだけど・・・
それでも、画像の質が段違いで…。
見たかったけど、もうオレはテレビ見なくなってたな…。(爆

携帯電話が出来たときはセレブご用達で、一般には普及するとは思ってなかった。
月額で何十万も掛かるので、当時、青年実業家の象徴みたいだった。
それが、ほんの数年で、一般化して、今じゃ当たり前。
小学生でも持ってるヤツは持ってる。

インターネットが始まって、パソコンがネットにつながるってのも、すごかった。
オレはいち早く、パソコン買ってネットにつないだよ。
当時は電話回線をつかって接続してたので、電話代がものすごいことになってね。
速度が遅くて動画配信なんか、夢物語でね。(爆
早く専用線にならないかと思ったものさ。
今じゃ、光ケーブル当たり前で、月額も固定なので、ずいぶん楽になった。
動画配信とかも当たり前だしね。

これからオレが生きてる間に何が出てくるのかな?
エコ自動車?
バックトゥザフューチャーみたいに、ゴミで走る車が出てくれば完璧なんだけどね。(爆
原子分解してそのパワーで走るとかね。
理屈では出来そうだけどね。(爆

さて、どうなることやら…。

 

名作映画・・・

mixi外日記だと、携帯からだとリンクが無いので見れないという欠点があるようで…。
しょうがないから、mixi日記に戻しました。

が、blogは続行で。(w

で、「2001年宇宙の旅」を20年ぶり位にGyaoで見ました。
作品自体は40年前(1968年)の作品で、当時としてはすげー斬新な手法や思想に基づいて製作された映画で、劇場公開時には意味不明な映像が延々とながれ、あいまいな終結に批難轟々だったそうで、再公開を経て名作と言われる様になったとか…(wikiより)

で、オレが見たのは「名作」といわれてる映画だったはずなんですが…

がしかし…

何度見ても「名作」どころか「駄作」にしか見えない。(爆

科学考証や撮影技術は68年であることを考えると、他の映画に比べ驚異的な精度と技術で撮影されており、テクニカル的には文句無く「名作」なんですが…

映画って、撮影技術が良けりゃ名作って訳じゃないし、科学考証や時代考証が正しければ、名作って話でもない。

ロックバンドで言えば、テクニックがあるから、良いバンドって訳じゃないのと同じでね。

オレはあの無駄な映像を延々たれ流すのがまったく持ってナンセンスに感じるわけ。
意図する所はわからなくも無いが、必要以上に難解にしてるだけだと思うんだよね。

現代は、いろんな文献が映画について語っているので、それを読むことで難解な部分が解明されるが、そういう予備知識が無いところでアレを楽しめるかといえば、多分楽しめない。

68年らしく、サイケデリックな映像が延々ながれ、宇宙や人類がどうしたってよりも、コークでもキマッてる時に見える映像を再現しただけに思える。

また、そういう難解なものこそ芸術点が高いと思ってる、「難解マニア」が多くて必要以上にもてはやされるのはオレ的には違和感満載な訳ですね。

あ~「難解マニア」ってのは、芸術作品等(音楽含めて)難解である方が、芸術点が高いと単純に思い込んでるバカのことね。
難解である方が偉いとか、それを理解してる(と思い込んでる)自分は優れてるとか、勘違いしてる連中のことです。

まーとにかく、2時間無駄にした感がつよーい映画でした。

昔はそこまで思わなかったけど、今見ると時間の無駄にしかなってない映画だなと…。
 

GO TO D.M.C !!

土曜の夜からドタバタの週末でした。

土曜日。
ビニーズバーで徹夜マージャン。
一時は+40と言う、近年まれに見る『勝ち』を見せたんですが、最終的には「+6」。

10時間近く粘って、接待マージャンになっちゃいました。
で、朝なので取り合えず帰って寝ます。

昼くらいに起きて、タイラースタジオの焼肉パーティーに参加。
なんだかんだと、夜まで引っ張られ、その足で GO TO D.M.C !! でした。

ノーモアペインも、デスワームも、サーベルタイガーもすでに終了していて、メインの地獄カルテットが始まってました。
久々の再開の小林さんの生演奏をみて、「ほぉ~さすがやのぉ~」と…。

そのまま、打ち上げ~2次会へ参加。

なんだ、かんだと先ほど帰宅。

疲れたね~さすがに。
RSRに参戦してないのでまだ楽ですが、これでRSRもだったら、死にます。(爆
まぁ、オレ的に最近のRSRは、RSPに改名して欲しいほどにぜんぜんロックじゃないので、どうでも良いんですがね…。(爆

スタジオカディスには、椎名りんごが来たらしいとか…(爆
オトボケ社長が普通に対応して、サインすら貰わなかったとか…(爆

まぁ、そんなもんでしょう。。。


出来た♪

ヘッドが折れてたレスポール。
mixi日記で一回出してるけど、つながりました。

元はアリアの6万円のレスポール。
ただし、76~77年頃のモデルと思われます。

一応パーツもあったんですが、錆び等で使える状態じゃなかったんですね。
で、パーツはそのうち~とか思ってたんですが、とあるギタリストの損壊したエピフォンレスポールがやって来まして、そのパーツを組み込んで復活させました。

このレスポールはそのとあるギタリストの元へ旅立つことが決定しております。
記念写真を撮ったのでBLOGに載せます~♪

 

日記をBlogにしてみた。

最近、「KIYA-HENの感覚は世間一般では受け入れ辛い」ってことに、気が付いた。
「今更かよっ!?」って思う人も多いだろうがまぁ、「ニブイorKY」ってことで勘弁を。

で、ソレによってmixiの日記を外部に移すことにした。

「ここはmixiだから…」的な指摘を受けることが多くてとてもウザイ。
しかも明確な理由もない。
あっても、頓珍漢な理由で、ハナで笑うしかない。
でも、多勢に無勢なので従うしかない。

じゃ、mixiじゃないところなら、別に構わないだろうと…そういう理屈。

以前、突っ張って見たこともあるが、結局めちゃくちゃに叩かれて、なんの特にもならなかった。
歯向かうだけ無駄なのか!?と思いつつも、小さな抵抗をしてみたいわけだ。(w

ホントはmixi辞めちゃえば一挙解決なんだが、マイミクもソコソコ増えてるし、mixiから得る情報も捨てがたいので、自分なりの利用スタイルを模索することにしただけなんだけどね。